FC2ブログ
2018-11-06 | カテゴリ:キス釣行記

前日、天ぷら用のキスが予定の数に達しなかったので、確保すべく連投です。

夜明け前、中海のポイントに到着するも、既に車が2台。なので、そのまま引き返して水道方面へと向かい

6:20「森山」に到着。



前日同様、濃霧で視界不良ながら、良い感じで潮のヨレが出来ており、水面ではセイゴが跳ねています…が、

アタリは散発的で、忘れた頃に天ぷらサイズが掛ります。で、ポイントも近いので、約一ケ月ぶりにディースマーツにチェンジし



ポイントも潮表へプチ移動。
すると、2投目で27cmが掛かります。

これが、ディースマーツでは久しぶりのランク物だったのですが、投げ竿とは次元が違うものだと改めて痛感。

先日、キャスティズムで



32.5cm(238g)とヤリ取りした時には、結構引いたな…と思ったものの、所詮?投げ竿は、錘を遠くへ飛ばす事に重きを置いた代物。

シロギスは、どんなに大きくなっても300g前後なので、投げ竿が弓のように曲がることはありませんが



ディースマーツなら、27cmクラスでロッドが撓るので、痛烈な引きが楽しめます。

これで、尺ギスが掛ったら、一体どうなるのだろう?と、この時は思ったものの、まさか、この1時間後に体験することになろうとは




で、27cmの後は全くアタリが無いので、最初のポイントに戻ったものの、ちょうど潮止まりだったので、全く期待していませんでしたが

いきなり、クーラーからハミ出るほどの巨ギスフッコも釣れるポイントなので、ドラグを緩めに



調整してあったものの、ジリジリとラインが出て行くのと横走りが凄いので、当然の如く、これは中々のサイズのフッコと思い込み

キャッチ出来れば儲け物的な考えで、雑に扱っていたのですが、水面に浮き上がった姿を見て慎重にキープ。



次投も、尺ギス連発か?と、勘違いするほどの物凄いアタリと引きでしたが、良型のキュウセンでした。

その後、同サイズのキュウセン3連発、28cmのキス、再びキュウセン3連発、天ぷらサイズのキスを数匹追加したところで、11:30納竿。



当日の釣果です。

22匹の内「15ー31.5cm」22匹を全てキープ。

20cmオーバーは、23cm、27cm、28cm、31.5cmの4匹でした。尺ギスになると面長の馬面で、23cmがピンギスに見えますね。



他魚は、猫のエサ用にキュウセン7匹の内5匹とヘダイ1匹とチャリコ2匹キープ。

あと、エソ1匹とセイゴ2匹とフグ4匹リリース。


通常、キュウセンは雌性先熟なので幼魚期は全て雌で、複数の雌の中で一番大きな



個体が雄へ性転換しハーレムを形成するので、雄が釣れた以降は、同じポイントからは雌しか掛からないのが一般的なのですが、7匹中6匹が雄とは不思議です。

しかしながら「かめや釣具の釣果情報」によると、11/2に中海の江島で31cm


翌、11/3に弓ヶ浜の夜見で29.5cmが釣れたとのこと。
同じ11/3には、中海で小生の近くで釣られていた2人組も
小生が帰るまでですが、チョイ投げで28cmを6匹釣られていたので
巨ギスが、浅場へと接岸し出したような感じです。

当日の釣果   22匹(内22匹キープ、20㎝以上4匹)、4.26匹/h
        今年累計1,253匹(20㎝以上268匹)
当日のタックル ロッド:CASTI'ZM 23-365・W → Dsmarts 903M   
        リール:TOURNAMENT SURF 35 → Dsmarts 2506PE
        仕掛け:フロートシンカー20号 → アームシンカー10号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aochan202.blog.fc2.com/tb.php/1176-3b935b9f