FC2ブログ
2018-07-03 | カテゴリ:自転車
現在、開催中の「2018 FIFAワールドカップ ロシア」
残念ながら、日本代表は決勝トーナメント1回戦のベルギー戦で痛恨の逆転負けを喫し、ベスト16で敗退。これで、スポーツのビックイベントもひと段落…
と、思われている人も多いハズですが、その「FIFAワールドカップ」や「夏季オリンピック」と並び、世界3大スポーツの一つに称される「ツール・ド・フランス」(以下、ツール)が、今週末の7/7(土)から開幕する。

ツールは、主にフランスを舞台に行われる世界最高峰の自転車レース。
第105回大会となる今年は、サッカーW杯との兼ね合いで例年より開幕が1週間遅く、大西洋に浮かぶノワールムティエ・アン・リル島からスタートを切る。
7/7~29までの23日間、全21ステージ、全行程約3,329m、夏のフランスを舞台に最後はお馴染みの「パリ・シャンゼリゼ通り」を目指す。見どころは、チーム力が問われる「チームトライアル(第3ステージ)」と、パンクや落車のリスクの大きい「石畳セクション(第9ステージ)」が3年振りに復活。



注目選手は、ツール4連覇のかかるクリストファー・フルーム(英/チームスカイ)
フルームは、昨年のツール制覇後の「ブエルタ・ア・エスパーニャ」、そして今年5月の「ジロ・デ・イタリア」でも総合優勝しており、史上最多タイの4連続グランツール制覇という大記録もかかる。

しかしながら、昨年のブエルタでのレース中のドーピング検査にて、基準値の2倍ものサルブタモール(気管支拡張剤)が検出されたことにより、ツールを主催するASO(アモリ・スポル・オルガニザシオン)は、フルームの出場を認めない判断をチームスカイに通知している。フルームは、小児期から喘息の治療のためにサルブタモールを使用しており、サルブタモールもWADA(世界アンチドーピング機構)の禁止薬物には指定されていないため、ドーピング違反とは認められず出場停止処分も受けておらず、その後のジロ・デ・イタリアに出場し優勝もしている。
ことから、チームスカイ側はCNOSF(フランス国立オリンピックスポーツ委員会の仲裁委員会)に提訴していたが、昨夜、UCI(国際自転車競技連合)とWADAは、専門家を交えて協議した結果、違反が疑われる尿サンプルは基準に抵触しないと判断し、フルームに対するドーピング問題に関する手続きが終結したと公式サイトにて発表。
これにより、フルームが史上最多タイに並ぶ5度目のツール制覇と4回連続グランツール優勝に挑むスタートラインに並ぶ可能性が出てきた。



放送は、今年も「J SPORTS」で全21ステージ生中継。
また、NHK-BS1では「Daily ツール・ド・フランス 2018」にて、全ステージの激闘を25分間に「ぎゅっ」とまとめて、連日放送(録画)するとのこと。

ツール2017

「Daily ツール・ド・フランス 2018」は…
7/9(月) 0:50-1:15より放送スタート。その後は、毎日深夜に放送されますが、時間は区々のようですので、その都度確認のこと。


残念ながら、今年は日本人の出場はありませんが、自転車に乗らない方でもソコソコ楽しめるハズなので、騙されたと思って観て下さい。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aochan202.blog.fc2.com/tb.php/1144-784776ab