FC2ブログ
2017-11-04 | カテゴリ:キス釣行記
11/3、文化の日
移動性高気圧に覆われて、暖かく穏やかな晴天となり最高気温も22℃まで上昇。
まさしく「小春日和」の一日となりました… そもそも「小春」とは?
旧暦10月(最大で10月23日頃~12月22日頃)の異称。

なので「小春日和」とは…
「秋から冬に移るこの時期に、まるで春のように穏やかな陽気が続く事」の意。
「春」という文字にひかれて、冬の終わりの暖かい日に春を待ち望む気持ちで使ってしまいがちですが、2、3月に「冬から春に近付いて春めいた気温や気候になる…」
という意味合いで使用するのは、厳密には間違いで…

山口百恵の「秋桜(コスモス)」の歌詞にもあるように…
淡紅の秋桜が 何気ない陽溜りに揺れている、穏やかな秋の日を表す言葉なのです。


と言うことで…

こんな小春日和の~穏やかな日は~♪キス釣りでしょ。

7:40「笠浦」に到着。

が、これが選択ミス。
忘れていました、祭日も工事をすることを



ダメ元で投げてみると、小さなアタリがありますが、フッキングしません。

漸く釣れたものの、12cm…もちろん、リリース。

狭い湾内で、潜水士がブクブクさせていれば、警戒心の強い大ギスは居ませんね。



そこで、興味はキス釣りからコッチへ…

60cmほどの「ソデイカ」が水面をプカプカ。しかも、足元でウロチョロするので、しばし捕獲を試みるも…

10㎏以上は優にありそうな重量に断念し、撤退。



で、久しぶりに「大芦港」の楡木側へ移動。

1投目からアタリがありますが、チャリコの連。が、2投目で本命が掛かりマス…

割と浅場で釣れたので、外道の多い船着場のポイントを離れ、サーフへ移動。



すると…散発的ながらアタリがあり、ポツポツとキスが釣れるのですが…

水温も高いのか、フグの活性も高く、ハリスを切られるので1時間ほどで撤退。

ココでは「13-18cm」4匹追加でした。



最後は「恵曇港」へ…

昼までに戻らなければいけなかったので、小一時間しかありませんでしたが

意外にアタリが多く、「15-19cm」7匹を追加したところで、期間切れ

納竿デス。


当日の釣果です。

本命「12ー19cm」12匹の内、11匹キープ。20cmオーバーはありませんでした。

他魚は、チャリコ6匹、メゴチ3匹、フグ2匹、ヒメジ1匹、テカミ1匹、エソ1匹、ハゼ1匹をリリース。


当日の釣果   12匹(内11匹キープ、20㎝以上0匹)、3.43匹/h
        今年累計1,691匹(20㎝以上181匹)
当日のタックル ロッド:Dsmarts 863M → SURF LANDER 305FX   
        リール:Dsmarts 2506PE → SURF LANDER CI4+17
        仕掛け:アームシンカー5、10号 → フロートシンカー20号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aochan202.blog.fc2.com/tb.php/1050-784e7cb9