2017-10-18 | カテゴリ:キス釣考察
海老鯛(エビタイ)とは、「海老で鯛を釣る」と言う諺の略称で
小さな投資や労力で、大きな利益を得るという…意。
同様に、海老鱚(エビキス)とは、「海老で鱚を釣る」の略称なのですが…
その語意とは、固定観念にとらわれず、チャレンジすること…なのか?


先日、釣り上げた大ギスの針を外した際に、吐き出したのが物がコレ

そう、海老(エビ)。

家に帰り捌いたところ、当日釣れた5匹の20cmオーバー全てのお腹の中も、エビだらけでした



まあ、以前より感じていていたことですが堆積物中に棲息する内生動物(ゴカイ類)に比べ、表生動物(エビなどの甲殻類)の方が捕食されやすい生息域にいるワケで

この時期に、荒食いしているのが海老というのは、ごく自然な事かもしれません。
そもそも…

キス釣りにおいて、虫エサが主流なのは…
エサ持ちが良く投げ釣りに適しているのと、コスパが良いからであって、
決して、ベストな餌とは限らないのである。
一方、アミエビは、エサ持ちが悪く遠投向きではないのと、
価格も高く、キスのような数釣りには割高。
また、20cm以下のキスの口には大きすぎるのも、
エビ餌が、傍流である要因なのかもしれません…

ただ、チョイ投げで大ギスを狙うなら、アミエビも…アリですね。





ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aochan202.blog.fc2.com/tb.php/1043-65f36a63