2015-09-30 | カテゴリ:キス釣考察
目覚めのコーヒーがアイスからホットへと変わり、朝晩も虫の声も大きく響くようになりました。日毎に日も短くなり、日中の釣行時間が短くなると「秋の夜長」の釣行も良いかもしれません。また、「スーパームーン」後ということで、晴れていれば年間で一番明るい月夜となり、夜釣りで大ギスを狙うには良い時期かもしれません…。

でも、何故、夜釣りだと大ギスが釣れる確率が高いのでしょうか…?

以前、『何故、「夜釣り」でキスが釣れるのか?』という記事を書きましたが、その中では、人間にも「夜型」がいるように、キスにも昼あまり活動せず、夜遊びをする“キスの不良”がiいるハズ。夜に活動すればヒラメ、マゴチなどの天敵や釣り人に捕らえられる機会も減ることから、必然的に夜行動するキスは大きく成長するので、夜釣りで釣れるキスは大型が多い…と結論付けしていますが、科学的根拠は何もありません。


そこで、今回は科学的根拠のある説を…それは、

キスは夜、産卵するから…

意外と知られていませんが、キスの繁殖行動は人間同様?夜…なのです。

で、繁殖行動をするのは…


当然、2年目以上の成魚なので、必然的に夜釣りのキスは良型が多くなるワケです。
また、(公)海生生物環境研究所(以下「海生研」)のシロギスの繁殖行動の映像の中で、1匹のメスに複数のオスが群がり放精しているシーンをみると、繁殖行動の時間が読めれば、もっとキスの釣れる確率が上がるハズなのですが、そんなのは無理…

と思われるかもしれませんが、ある程度の時間は予測可能…なのです。



その答えは、「海生研」の『シロギスの産卵と水温』という研究報告にあります。
この実験は、シロギスの産卵に及ぼす水温の影響を実験したものですが、シロギスは体内に毎日卵を作り出す仕組みを持っているので、産卵に適した水温(25~26℃)で飼育すると、ほぼ毎日産卵します。そこで、22℃と28℃で飼育したシロギスを4時間間隔の定時刻(2時、6時、10時、14時、18時、22時)に卵巣を取り出し、各時刻の卵の卵径を測定し、その分布を調べるというものです。

図1が22℃区の結果です。

2時をみると、400μm付近に最大卵群がありますが、これが当日の産卵予定の卵群。

その後、14時から18時にかけて最大卵群は急激に卵径を増し、22時までに消滅していることから、18時から22時の間に産卵されたことが分かります。



図2が28℃区の卵径分布。

最大卵群は、2時にはまだ400μm以下にあり、10時から14時にかけて400μmを超え、18時から22時にかけて急激に大きさを増し、22時から2時の間に消滅していることから、産卵が22時以降だったことが分かります。


図3は、縦軸を収集時刻にして22℃区と28℃区を合わせ、卵成熟可能な卵群を緑色で着色し分かりやすくしたものですが、これをみると水温が高くなるにつれ、産卵時間が徐々に遅くなることが一目瞭然…ですね。

ということで、水温を測ることにより繁殖行動の時間が分かるのです。
、この時期なら水温は22℃前後なので、日没後がおススメとなりますが…

信じるか信じないかは、あなた次第です。



ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

スポンサーサイト
2015-09-28 | カテゴリ:キス釣行記
以前も書きましたが、「境水道」は海峡ではなく河川(斐伊川本流の一部)…。
なので、河川式に呼ぶと下流にむかって右岸が鳥取県で、左岸が島根県となります。
ご存知の通り、右岸の鳥取県側が「境港」となるワケで、直線的な人工構造物(護岸)が約8km続きます。砂州地帯なので、埋立や浚渫で水深を確保しているのに対し、左岸の島根県側は、ほぼ自然なままの地形が水底へと続いているのです。

よって、鳥取県側では流れに対して常に直角に投げることとなり、潮流の影響をもろに受けますが、島根県側には随所にワンド(湾処)があり、そこに出来る潮溜まりを狙えば、あまり潮流に左右されることも無いのです。

で、大潮の日曜日…

以前なら、左の潮流予測を見ただけで「境水道」は回避のハズなのですが、ワンドの潮溜まり狙いで敢えて出撃。

大塩の乱…ならぬ、大潮の乱なのです。


前日に続き「なべや別館」下に、6:00前に到着。

潮流予測では、東流(下潮)のピークとなる時間帯なのでスタート地点にチョイス。

ココはワンドの西の起点となるので、東流に対して流れの方向に投げることが可能…



早速、投げてみると…

直ぐに竿先をもって行くアタリがあり、1投目から22cmと絶好のスタート。

爆釣の予感だったのですが、次投はチャリコ、次もチャリコとチャリコの連続…。




また、流れが急に早くなったので、ワンド内へ移動。

すると、いきなり20cm…

やはり、流れの緩いポイントに溜まっているのかと思いきや、その後が続きません。





チャリコのちキュウセン時々キス…またサイズもダウン。

で、イルカもウロチョロし出したので撤退します。

ここでは本命「15-22cm」4匹を全てキープ。外道はチャリコ8匹とキュウセンが4匹でした。



次は200mほど東走し、「旧南中学校前」へ移動。

ここはワンドの奥なので、本流の流れとは無関係…?

なので、手前2色は藻が群生しているのでベラが多いようで、良いアタリは全てキュウセン…でした。



、小さいながらキスも釣れることが分かっただけでも収穫です。

ここでは本命「15-16cm」2匹を全てキープ。

外道は、チャリコ2匹とキュウセンが3匹でした。




更に200mほど東走し、「玉井斎場前」へ…。

で、3投して18cmの本命とチャリコ1匹。

ここは、消波用のテトラがありますが、思ったほど足場は悪くなく、他で釣れなかったら投げてみるのも一計か…



流れが緩くなったところで、いつもの「男鹿のハズレ」へ移動…

が、これまでのポイントと違い、外道を含め、アタリそのものがありません。

で、少しづつ水道内へ…




すると、普段はサビかない2色で漸く22cmの本命…。

ただ、チャリコとキュウセンも掛り出し始め、また上潮が速くなったので撤収。
結局、キスは1匹だけ…。

外道は、チャリコ8匹とキュウセンが3匹でした。



最後、再び「なべや別館」下で投げてみますが、釣れるのは小さなキスばかり…

で、昼前に納竿です。

ここで「12-16cm」5匹を追加。外道はチャリコ3匹とキュウセンが1匹でした。




本日の釣果です。

本命「12-22cm」13匹全てキープ。20cmオーバーは3匹(20、22cm×2)。

数は釣れませんでしたが、ライトタックルで、大潮の「境水道」でも釣れたことが収穫でした。



その他の釣果です。

チャリコ9匹、キュウセンを2匹キープ。その他、チャリコ10匹とキュウセンを8匹リリースです。

でも、相変わらずチャリコが多い…ですね。



本日の釣果   13匹(内13匹キープ、20㎝以上3匹)、2.69匹/h
        今年累計1,390匹(20㎝以上220匹)
本日のタックル ロッド:Dsmarts 863M           
        リール:Dsmarts 2506PE
        仕掛け:アームシンカー10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2015-09-27 | カテゴリ:キス釣行記
最近、不調の「境水道」…と言っても、私だけなのかもしれません。
ライトタックルでは、水道内の流れ次第で、投げられる日、時間、ポイントが限られる。なので、釣れないからといって、日本海側のように簡単にポイントを替えることが出来ないし、5色以上のポイントを探ることや流されないように錘を重たくすることが出来ない。要するに、次の手が打てないのである。


ただ、遠投性を捨てた変わりに、ライトタックルには機動性があります。

と言うことで、昨日はその機動性を生かし、敢えて大潮の「境水道」に挑みました。



早く出かけても、大潮の東流(下潮)に捕まるだけ…
なので、のんびりと出発。

8:00前に「なべや別館」下に到着。潮流予測では、西流(上潮)に変わっている時刻なのですが、まだ東流が少し残っている感じです。




水温は22.4℃と4日前より2℃以上も高い…

水道以東の荒れが収まり、水温が上昇…その海水が、大潮の流れで入り込んだせいかもしれません。

で、第1投…




初っ端から、21cm…

と、久々に「境水道」らしいサイズでスタート。

が、その後はチャリコとキュウセンのアタックが激しく、
本命は、その合間にポツポツと掛かります…




で、20cmも追加し、良い感じでしたが、ポイントの状況も分かったので、小一時間ほどで撤退です。

ここでは本命「13-21cm」5匹を全てキープ。外道は、チャリコ8匹とキュウセンが2匹でした。




約1kmほど東走。

いつもの「男鹿のハズレ」へ移動…です。

干潮から約3時間経過…
とっくに、西流(上潮)に変わっているハズなのですが、潮の動きはありません。





水温は23℃。

外洋に近い分、少し高いのかもしれませんね。

早速、投げてみると…






久々に25cmです。

潮が西(上げ)に動き出し、この調子で釣れ続けると思ったのですが…

ここでも、チャリコとキュウセンのアタックが激しく、暫くは「本命」の姿を見ることが出来ません。




結局、西端まで移動して…

ようやく、2匹目の21cmを追加です。

その後、19cmを1匹追加しますが、アタリも少なくなってきたのと…





西流(上潮)が速くなってきたので、納竿です。

ここでは本命「19-25cm」3匹を全てキープ。外道はチャリコ6匹とキュウセンが5匹でした。





本日の釣果です。

本命「13-25cm」8匹全てキープ。20cmオーバーは4匹(20×2、21、25cm)。

数は釣れませんでしたが、ようやく「境水道」らしいサイズが釣れだした感じです。




その他の釣果です。

チャリコ9匹、キュウセンを1匹キープ。その他、チャリコ5匹とキュウセンを6匹リリースです。

日曜日も、大潮の「境水道」に挑みましたが、詳細は明日以降に…


本日の釣果   8匹(内8匹キープ、20㎝以上4匹)、2.67匹/h
        今年累計1,377匹(20㎝以上217匹)
本日のタックル ロッド:Dsmarts 863M           
        リール:Dsmarts 2506PE
        仕掛け:アームシンカー10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2015-09-24 | カテゴリ:キス釣行記
昨日は秋分の日、彼岸の中日、そして…シルバーウィーク最終日。
連休前は、最終日は「境水道」と決めていたのですが、前日の状況を見て回避…。
日本海側を「秋ギス」を求め放浪しました。


6:30、まずは「大芦」のマリンゲートしまね前に到着。

追い風で投げやすそうですが、水温は20.2℃と低く、テンションが下がります。

で、数メール間隔で5投、4色からサビクも、やはり生命反応すらありません…



仕方なく、楡木側のサーフへ移動…。

が、4投してフグが1匹。

ココは風に強く、滅多に荒れないので少し期待していたのですが…

残念無念、撤退です。



前日とは逆に東へ…

佐波、野波、瀬崎、野井と立ち寄るも、20℃前後の水温なので、そのままスルー。

結局、前日に引き続き「笠浦」まで辿り着きます。





水温を測ると22℃の後半で、これまでの場所より2℃以上高い…

で、前日釣れ続けていたポイントよりスタート。

キスは釣れるのですが、群れが薄いようで、外道のフグやメゴチも掛かります。



途中、後方の畑仕事に来られた地元の人と雑談。

不思議なことに、その人が作業をやめて話している時だけ、キスが釣れます。

なので、ずーっと見学してもらえたらいいのですが、そういうワケにも行かず…



また、型も一向に良くならないので少し移動。

数は釣れなくなりますが、少しサイズアップします。

途中で、回収作業の途中で急に重たくなったので、流れ藻でも引っ掛かったと思いながら引き上げると…



下針にアオリイカが…

上針のキスを狙って、偶然に引っ掛かったのか、それとも下針のエサに食らいついたのか分かりませんが…

嬉しい外道です。





その後、素針が多くなりますが、そのエサに水面付近でアタックする輩が…

気になったので、底をサビクのをやめ、水面付近を引くとセイゴが掛かります。

そこそこ面白いので、キス釣りをやめ砂虫を1匹掛け…



ルアー感覚でリーリングしていると…激震が走ります。

ドラグを調整しながら、なんとか回収すると、何とカンパチの若魚でした。

その後、何度かトライするも、あっという間にエサが無くなり納竿です。



本日の釣果です。

本命「12-17cm」16匹の内、15匹キープ。20cmオーバーはゼロでした。

アオリイカで有名な「笠浦」ですが、水温が高いせいなのか魚種が豊富で、キスが釣れなくても楽しめます。


P1090427.jpg
その他の釣果です。

カンパチ、アオリイカ、セイゴ、メゴチを各1匹キープ。

その他、チャリコ1匹とメゴチ8匹とカワハギ4匹とフグを6匹リリースです。




本日の釣果   16匹(内15匹キープ、20㎝以上0匹)、4.00匹/h
        今年累計1,369匹(20㎝以上213匹)
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M→833ML           
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 →2003PE+PE0.6
        仕掛け:アームシンカー10号→5号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2015-09-23 | カテゴリ:キス釣行記
連休初戦、9/20に釣り過ぎたので、次の日は調整のため休竿日。
で、昨日はキス貰い手が見つかり、ストックの半分以上嫁いでいったので、気兼ねなく連休2回戦に出撃しました。最近、「境水道」の釣果もパッとしませんが、昨年の連休には25cmオーバーも釣れているし…ま、大きなのが2、3匹釣れれば、と期待を込め「美保関」へ向かいます。


二度寝のため、予定より1時間遅れの7:00前に「男鹿のハズレ」へ到着。

当日は「小潮」で、潮流予測では午前中いっぱいは、軽い上げ潮のハズ…

ですが、もう下げています。




水温も低い…10日前より1.4℃も低下。

ダメ元で投げてみますが、アタリはあります!

チャリコの…。

で、これ以上、東へ進めないポイントで漸く…



「本命」です。

ただ、20cmオーバーなら我慢出来るのですが、このサイズならまだ日本海側で投げた方が効率が良い。

で、そろそろ見切りを付け移動しようと思っていた矢先、竿先が消し込みます…



手前の瀬をかわしつつ、何とか取り込むと、チャリコの兄貴分でした。

その後も、子分のチャリコの連続なので撤退です。

ここでは本命「16-17cm」2匹を全てキープ。外道は小鯛1匹とチャリコ10匹。



日本海側へ移動。

水温を測りながら、西走しますがどこも20℃前後…

結局、前回に引き続き「笠浦」まで戻ります。

ちなみに水温は…





前回同様、22℃台と

境水道より2℃も高い。


で、投げてみると…







前回ほどではありませんが、飽きないペースで釣れます。

また、「境水道」側と違い、チャリコが少ないのが良いですね。

また、忘れた頃に…




ガツンと「21cm」。

Dsmarts 833MLにアームシンカー5号のコンビだと、一瞬、何が掛かったかと思うほどの…暴れる君です。

30匹になったら、納竿するつもりでしたが…




釣れ続けるポイントを見つけ、結局、カウンターが40になったところで納竿。

ここでは本命「13-21cm」38匹を全てキープ。

外道はメゴチ3匹、チャリコ6匹、カワハギ6匹、フグ4匹とキカナが1匹でした。



本日の釣果です。

本命「13-21cm」40匹全てキープ。20cmオーバーは21cmの1匹だけでした。

相変わらず、「笠浦」のキスはヤル気があり、アタリが楽しめました。




その他の釣果です。

小鯛、キカナ、メゴチを各1匹とチャリコを9匹キープ。

その他、チャリコ7匹とメゴチ2匹とカワハギ6匹とフグが4匹をリリース。




本日の釣果   40匹(内40匹キープ、20㎝以上1匹)、9.23匹/h
        今年累計1,353匹(20㎝以上213匹)
本日のタックル ロッド:Dsmarts 863M→833ML           
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 →2003PE+PE0.6
        仕掛け:アームシンカー10号→5号
        手製1→2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2015-09-21 | カテゴリ:キス釣行記
シルバーウィーク初日の土曜日は、お墓の掃除等で忙しく出撃出来ず…
明けて彼岸の入りの日曜日…天気も良いようなので、キス釣りに出掛けました。
何処に行くか迷いますが、最近、水温が22℃を切るケースが多い。このような産卵水温の端境期では、水温がさらに低い深場より日中水温が上がる浅瀬に集まると予測。
ということで、途中で砂虫20gを補給し、日本海側のサーフに向かいます。


6:00前に美保関の「笹子」に到着しますが、思いの外、波があり荒れています。

水温は21.6℃と低い…
しかも、尋常で無い数のやぶ蚊…虫よけスプレーも利きません。結局、2投(素針)ほどしましたが、蚊の猛攻に耐えきれず撤退。



10分ほど西走…

先週、数が釣れた「北浦」まで戻ります。6:30前に到着、珍しく西端のほうに先客が1人おられます。

で、少しでも型が良くなっているかと思い、やってきたのですが…



あまり変わらない…
というか、心なしか若干サイズダウンしている感じ…

また、フグが多くなった…
というより、キスの魚影が薄くなったというべきなのか、フグの被害が多く、交換用の針が無くなります。




更に、先週は型の割にはアタリが楽しめたのですが…
当日はヤル気の無いキスばかりのようで、微妙なアタリ。

小一時間、我慢して投げてみましたが、面白くないので撤退。ココでは、本命「13-16cm」9匹を全てキープ。外道はフグが5匹でした。



更に西へ車を走らせること10分…思い切って「笠浦」まで移動。お目当ては、港の先の「大塩浜」。ここは早朝より陽が当たるので水温が高くなっているとの読みです。

と、その前に試しに湾内で1投してみるもアタリなし…
やはり深場はダメですね。



で、本命の「大塩浜」…
といっても、砂浜は殆ど無く、上も直ぐ道路で意外に交通量があるので、防波壁の天端しか投げられません。

で、投げてみると良いアタリの連発です。サイズは16cm前後が主体ですが、ヤルキッス?のようで…



“ブルブルッ”と子気味よいアタリが、竿先から手元まで伝わってきて楽しめます。

外道も掛からず、良いペースで本命だけが釣れ続けますが、その後フグやメゴチが釣れ出しペースダウン。





その代わり?型が良くなり、20cmオーバーも混じるようになります。

時折、竿をひったくるようなアタリがあるも乗らず…

3度目の正直で、ようやく掛けたその正体とは…




やはりコイツ、マゴチ。

30cmチョイと小ぶりなので、たぶんオス。

マゴチにしては小さいのと、捌くのも面倒なので、海にお帰りになって貰いました…





20cmを1匹追加したところで、エサが無くなり納竿。

ここでは本命「13-21cm」46匹を全てキープ。

外道はマゴチ1匹、メゴチ6匹、チャリコ2匹、フグ2匹とキカナが1匹でした。




本日の釣果です。

まず、18cm未満の本命「13-17cm」51匹です。

笠浦では、ヤル気のあるキス(通称ヤルキッス)ばかりで、アタリも良かったので、調子に乗って釣り過ぎてしまいました…。



その他の釣果です。

18cm以上の本命「18-21cm」4匹とキカナです。20cmオーバーは2匹(20、21cm)でした。

あと、マゴチ1匹、メゴチ6匹、チャリコ2匹、フグ7匹をリリース。


本日の釣果   55匹(内55匹キープ、20㎝以上2匹)、11.38匹/h
        今年累計1,313匹(20㎝以上212匹)
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML           
        リール:Dsmarts 2003PE+PE0.6
        仕掛け:アームシンカー8号 or 5号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2015-09-16 | カテゴリ:釣行後記
今年のシルバーウィークは、概ね「釣り日和」のようです。
多くの太公望が、釣場に出掛けられることと思いますが、ワケあって自宅待機を余儀なくされる方もおられると思います…。
そんな方々はBS釣りビジョン(BS251ch)を観て、釣り気分を味わってはいかかでしょうか?普段、「お金を払ってまで観たいと思わない…」とお思いの方でも、シルバーウィーク期間中は無料放送なので、1日中釣り番組が楽しめます。


キスの投げ釣りのプログラムは、『関西発!海釣り派/日本海で投げキス!努力は必ず報われる?』となります。

番組ナビゲータの日向瑠菜さんが、「京丹後市久美浜」でキスの投げ釣りに挑戦!
名人の指南を受け、台風通過後で荒れ模様の中、20匹を目標に頑張ります。


初回の9/17(木)は有料放送ですが、9/20(日)と9/21(月)と9/23(水)の再放送は、BSが受信可能なら見られるハズです。

海釣り派

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2015-09-14 | カテゴリ:キス釣行記
日曜日は、3時半に目が覚めましたが外は本降り…
ただ、“雨雲レーダー”を確認すると8時過ぎには完全に止みそうです。
前日、調子に乗って釣り過ぎてしまったので、まあ、大きいのが数匹でも釣れれば良いと思い、ボウズ覚悟で前日より状況の悪いと思われる「境水道」へ向かいます。


当日は「大潮」で、干潮が8:00前…。

で、「潮流予測」を見ると10時過ぎから上げ潮となり、ニゴリがとれると踏み、雨が止んでからの出発。



前日の砂虫が残っていましたが、ニゴリ対策?で青虫を途中で補給し、9:00過ぎ「美保関」の男鹿に到着。

いつもの「ハナレ」へ降りると、前日よりニゴリがなくウネリありません。また、水温は21℃台で、前日と変わりません…。



で、投げてみると、アタリが有るものの、相変わらずのチャリコの猛攻…。

そこで、上げ潮に変わるまでと我慢していた青虫を投入。

すると、20cmの本命…。やはり青虫かと思いきや、再びチャリコ…



あまり餌の違いは関係ないようで、砂虫でも食います。

で、釣れなくても上げ潮になるまで、この場所で我慢…

と、思っていたのですが、根ズレでほぼ2色ロスト。リールを交換に戻るのも面倒臭いので、そのまま納竿。



本日の釣果です。

本命「14-20cm」6匹全てキープ。20cmオーバーは1匹だけでした。

冷凍庫のストックが多くなったので、強引に刺身にして食しました…。




その他の釣果です。

チャリコ19匹(内15匹キープ)とキュウセン2匹(内1匹キープ)とキジハタ1匹とセイゴ1匹をキープでした。

しかし、今年はチャリコが多い…。一体、何時になったら居なくなるのだろう?


本日の釣果   6匹(内6匹キープ、20㎝以上1匹)、1.80匹/h
        今年累計1,258匹(20㎝以上210匹)
本日のタックル ロッド:Dsmarts 863M           
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:アームシンカー10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2015-09-12 | カテゴリ:キス釣行記
秋の初めに降りつづく雨のことを、「秋霖」とか「秋の長雨」とよく言いますが、今年は本当に毎日のように降ります…。山陰地方では「秋霖」と呼んでも良いような趣きの雨でしたが、栃木、茨城そして宮城では未曾有の雨により甚大な被害となりました。
不幸にも、今回の豪雨で被災された方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

さて、大雨では無かったとはいえ、しばらく雨が降り続いていたので、どこも“ニゴリ警報”発令中…なので、先週に引き続きニゴリに強い「境水道」へ向かいます。


丁度、干潮の7:30に「美保関」の男鹿に到着。

いつもの「ハナレ」へ降りると、結構なニゴリで釣れる感じがしません…。

しかも、まだ下潮のようなので、外洋の澄んだ潮が入ってくる事も期待できません。



水温は21℃台で、先週より更に2℃近くも低下…。

投げてみると、10号のシンカーが東側へ流されます。

で、アタリが有るものの、やっぱりチャリコ…。





先週までは、探せばキスの釣れるポイントが見つかったのですが…

今日はサッパリ。

やはり、ニゴリがある場合の境水道は、上潮のほうが良いようですね。




外洋のウネリの影響で波気が大きいのと、船舶の往来が激しく、その度に津波のような大波が襲ってきて、またキスのアタリも無いので撤退。

ここでは、2時間弱粘って本命は2匹だけ…。あとはチャリコが12匹とキュウセンが4匹でした。



一旦、東進して「美保関」方面へ向かってみましたが、あまり状況が変わらないようなので、思い切って「日本海」側へ向かいます。

で、久しぶりに「北浦海水浴場」に移動です。





大きな流れ込みのない場所なら、降雨の影響による急激な水温の低下は見られないと思いやってきたのですが…

狙い通り水温は23℃と、境水道より高いですね。

早速、投げてみると…




1投目から連です。

型は15-17cmが主体ですが、その後も4投連続で連で釣れます。

そこで、2年ぶり?に3本バリに変更。

すると…



3連で掛かります。

その後も、ほぼ針数だけ掛かる状況が続き、また型の割にはヤル気のキスで、アタリが良いので楽しめます。

また、潮が上げてきて少し型が良くなり始めましたが…




カウンターも既に60を超え、キリがないので納竿。

ここでは、本命65匹を全てキープ。

あとチャリコ1匹、メゴチ1匹、フグ2匹と外道が少なかったですね。




本日の釣果です。

本命「14-18cm」67匹全てキープ。20cmオーバーはありませんでした。

大きなのは居ませんでしたが、14cmが2匹だけで、あとは15~18cmと型が揃っていました。



その他の釣果です。

チャリコ13匹(内9匹キープ)とキュウセン4匹(内3匹キープ)とメゴチ1匹とフグが2匹でした。

久しぶりの数釣りでしたが、やっぱり数が釣れなくても大きなのが釣りたいですね。


本日の釣果   67匹(内67匹キープ、20㎝以上0匹)、15.46匹/h
        今年累計1,252匹(20㎝以上209匹)
本日のタックル ロッド:Dsmarts 863M           
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:アームシンカー10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着(境水道)
        手製2→3本針仕掛けに必殺篭定スペシャル7号装着(北浦)

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2015-09-07 | カテゴリ:釣行後記
昨日は予報どおり、秋雨前線の影響で雨…。
なので、家でのんびりを決め込んでいたのですが、10時頃には雨が止んだので気象レーダーを確認すると、しばらくは降らなさそう…。で、前日のエサが余っていたので、急いで準備して「恵曇港」へ出撃したのですが、到着して直ぐに再び大雨…。
ということで、家にとんぼ返り…録り溜めた釣り番組や8/27発売の別冊関西のつり『投げ釣り倶楽部 ’15〈秋~冬〉』を視て過ごします。

この『投げ釣り倶楽部 ’15〈秋~冬〉』の内容ですが…


■特集 カレイは最大級狙いで考える!!
やっぱりサイズにこだわるのが一番楽しいから、各釣り場の最大級を狙うスタイルを徹底研究。チャンスはいつ?
読めない部分は、行動力でカバー。さほど期待していなかったところで40センチクラスが4連発!!サイズアップの考え方はとりあえず先へ、奥へ!!師走は先手必勝?
泉南でマコ乱舞。
●日本海・北陸~若狭エリア ●明石海峡周辺エリア
●淡路島~鳴門エリア
●瀬戸内西部・松山周辺エリア ●瀬戸内・下津井エリア ●日本海・山陰~但馬エリア


■第二特集 キス引き釣り トーナメンター的な感覚とは?
高度な経験値に裏付けられたエキスパートの感覚は、あらゆるステージにおけるレベルアップに直結!!
●磯物ゲームはガチンコで!! ●遠征スタイル 秋冬編 ●怒涛の大物実釣レポート
●日置 淳さん流「日中コロダイ」のススメ 激しいアタリと強烈な引きが日中でも味わえる!!●NEWキススペシャル最新インプレッション
●手ごろな遠征の有力スポット 瀬戸内西部の離島に注目
●キス&マゴ&ヒラ釣りは可能?遊び方を研究中 ●アイナメ釣りQ&A
●遠州灘・伊良湖周辺のキス 反応の違いから検証する餌使いのアプローチ
●タイorキス、どっちが本命?ひと晩かければ正解が…??
●2015ニュータックルインプレッション
●やっぱり月夜がベスト?秋の夜長に大ギス三昧

少し内容を見てみたい人は、こちら「立ち読み」をクリック。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2015-09-05 | カテゴリ:キス釣行記
秋雨前線や低気圧の影響でスッキリしない天気が続きます。
明日、日曜日は雨マーク。今日は貴重な晴マーク…ということで出撃です。
雨の影響で何処もニゴリがありそうだったので、今週も「境水道」へ向かいました。
本日の「境水道」は小潮。満潮が7:00前で干潮は14:00、潮位差も18cmほどなので、ライトタックルでも太刀打ち出来そうな潮回りです。


満潮後の7:30過ぎに「美保関」の男鹿に到着。

いつもの「ハナレ」へ降りると、思いの外ニゴリがあり釣れる感じがしません。
また、潮位が高いうえに満潮も重なり、相変わらず投げられるスペースが狭いですね。




水温は23℃で、先週より更に1℃以上低下…。

投げてみると、上げ止まりでほとんど流れがありません。

で、アタリが有るものの、先週に引き続きチャリコ…。でも、先週のように着水と同時に掛かることはありません。



しかしながら、キスのアタリも無いので水道内へ移動。

すると、1投目で20cmオーバーが釣れ、先週とまったく同じパターン…。

ただ、先週との違いはチャリコの魚影が薄いこと…




なので、ドリフト釣法が可能となり、良型のキスが掛かる率が格段にアップします。

また、潮の動きがあまり無いので、シンカーを10号から8号へダウン。すると…

良いキスが釣れ出します。




投げる度に…
とはいかないですが、20cm前後の良型が揃います。

ポイントは、先週は2色以内でしたが、今日は4色でもヒットしました。

、チャリが居なかっただけなんでしょうが…



で、下潮が速くなりアタリが遠退いたのと、風が強くなり波も出て来て釣り難くなったなったので納竿。

来た当初は、ニゴリが酷く釣れないと思っていたのですが、満潮後だったのが幸い?して、底のほうは澄んでいたいたようです。



本日の釣果です。

本命「16-23cm」15匹全てキープ。20cmオーバーは6匹(20cm、21cm×2、22cm×2、23cm)。

16cmが1匹だけで、あとは18、19cmと型揃いでした。




その他の釣果です。

チャリコ21匹(内16匹キープ)とキュウセン6匹(内2匹キープ)でした。

針を飲み込んだチャリコが多く、キープは多くなりましたが、水温が低くなり魚影は薄くなった気がします…。


本日の釣果   15匹(内15匹キープ、20㎝以上6匹)、4.09匹/h
        今年累計1,185匹(20㎝以上209匹)
本日のタックル ロッド:Dsmarts 863M           
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:アームシンカー10号 or 8号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2015-09-02 | カテゴリ:釣行後記
「テレビ新広島(TSS)」制作の『釣りごろつられごろ』で、またまた“キスの投げ釣り”の登場です。前回の「連掛けを狙え!夏の女王キス釣り」から1ヶ月未満で、ロケ地は大物の聖地?「島根県隠岐諸島」です。


テレビ新広島では8/22に放送済みで、ロケ日は7/12

山陰地方では「山陰中央テレビ(TSK)」にて、約2週間遅れで放送。日時は来週の日曜日(9/6)の6:15~6:30となります。



「高校生コンビが挑む!狙うは尺級!隠岐のキス釣り」と題し、隠岐水産高等学校の同じ寮に住む、先輩・後輩の仲良しコンビが、隠岐の島で尺ギスを狙います。

山陰地方以外の地域での放送は、以下のとおりです。


放送日

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2015-09-01 | カテゴリ:キス釣行記
8/30の日曜日は、秋雨前線の影響でどこの予報も雨…。
当日も、土曜の夕方から降り出し始めた雨が、朝、目が覚めても降り続いています。
で、大人しく自宅待機を決めたのですが、念のため“気象レーダー”を確認すると、直ぐに雨が止み日中も降らなさそうです。ただ、雨の影響で何処もニゴリがありそうだったので、取り敢えず支度をして「境水道」へ向かいました。
当日の「境水道」は大潮で、干潮が8:00前…。なので、早く出かけても流れが速く釣りにならないので、のんびりと出撃します。


で、干潮後の9:30前に「美保関」の男鹿に到着。

いつもの「ハナレ」へ降りると、思ったほどニゴリがありません。ただ、この時期は干潮後でも潮位が高いので、投げるスペースがあまりありません。




水温は24℃台と下降気味…

投げてみると、表層ほど底の方は流れがない様で、直ぐにアタリがあります…

が、チャリコ。
ココから怒涛のチャリコの5連発…何処に投げても喰いついてきます。



そこで、水道内へ移動。

すると1投目で「本命」…
しかも、「23cm」のナイスサイズです。

その後も、2匹連続で天ぷらサイズが掛かり、ようやくチャリコ地獄から逃れられたと思ったのですが…



再び、チャリコ6連発。

なので、更に水道内へ移動。相変わらず、チャリコの猛攻に遭いますが、ポツポツと本命も掛かります。

これまで手前でしかキスが釣れていないのと、投げてしまうとチャリコが掛かるので…



普段はサビかない2色を、根掛り覚悟で攻めてみると…

チャリコの守備範囲外のようで、「本命」がいます。しかも、20cm前後の良型揃い…

その代わり…と言っては何なんですが、根魚のベラが釣れるようになりますが…



それなりにアタリも楽しめ良い感じでしたが、それまでチャリコに餌を費やしすぎたため、納竿と相成りました。

数は釣れませんでしたが、半分は20cmオーバーで、久しぶりにキスのアタリを堪能できたので十分満足です。




本日の釣果です。

本命「14-23cm」10匹全てキープ。20cmオーバーは5匹(20cm×3、21cm、23cm)でした。

当日の「20cmオーバー」5匹で、ようやく200匹の大台に乗りました。



その他の釣果です。

チャリコ28匹(内11匹キープ)とキュウセン4匹(内3匹キープ)とホシササノハベラ1匹(キープ)でした。

しかし、キスはいることはいるようですが、チャリコの魚影が濃すぎますね…。


本日の釣果   10匹(内10匹キープ、20㎝以上5匹)、3.75匹/h
        今年累計1,170匹(20㎝以上203匹)
本日のタックル ロッド:Dsmarts 863M           
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:アームシンカー10号 → 8号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ