2015-02-28 | カテゴリ:キス釣行記
今日で2月が終わり、早いもので明日から3月…。
このところ、10℃を超える日が続き、また週初めには“春一番”も吹いて、“春の予感”さえ感じられたのですが、一転して、昨日は雪がチラつき余寒(よかん)
俗にいう“寒の戻り”となりました。

で、昨日に引き続き今日も寒い一日のようですが、天気は良さそうなのと前回のエサが余っているので、キス釣りに出撃しました。


7:50、前回に引き続き「美保関」の地磯からスタート。

東北東の風のせいかウネリがあり、時々、磯の上まで波飛沫が被ります。

気温は5℃、水温は波打ち際の表面で9℃半ばと、今月はほとんど変わりませんね。



早速投げて見ると、直ぐにコツコツと小さな前アタリ?

暫く待ちますが、喰い込みらしいアタリが無いので、回収してみると21cmの良型。

20cmオーバーにしては、ワカサギの様なアタリ…だんだんと、渋くなってきました。



その後、何度かアタリはあるも乗らズ、掛らズ…。

アタリはあるので、なかなか移動を決心出来ズ…

なんとか、18cmを1匹追加しますが、波が大きくなってきたので移動です。




波気の少ない場所を求めて、400mほど西に移動。

ここまで来ると、「美保関港」の東沖波止が見えるのですが、誰もいません。

そんなに悪い天気ではないのですが、土日に誰も居ないのは初めてですね。



投げてみると、2投目で本命が掛り良い感じでしたが、後が続きません。

アッチコッチと方向を変えてみるも、アタリすらなく、結局、アタリは2投目だけ…

そこで、アタリのあった最初のポイントに戻ります。



相変わらず、波飛沫がかかりますが、コッチのほうがまだアタリがあります。

投げては避難、回収して避難の繰り返しながら、何とか2匹追加しますが、波飛沫が大きくなり、身の危険を感じるようになったので納竿です。




前回は、釣れた3匹以外まったくアタリが無かったので、今日は厳しい釣果を覚悟していたのですが、まだまだキスの活性はあるようです。

今日は釣れた5匹以外、空振が6回、途中のバラシが1回と、アタリを全てものに出来たら“ツ抜け”…でした。



本日の釣果です。

本命、「16-21cm」5匹、全てキープ。20cmオーバーは2匹でした。

今日もエサが余りましたが、明日は忙しいのと天気も悪そうなので、平日時間が空いたら出撃しようと思います。


本日の釣果   5匹(内5匹キープ、20㎝以上2匹)、1.43匹/h
        今年累計195匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:ライトショット立つ天秤スマッシュ10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

スポンサーサイト
2015-02-26 | カテゴリ:釣行後記
今日は、別冊関西のつり『投げ釣り倶楽部 ’15〈春~夏〉』の発売日
私は『Amazon』で予約注文済みなので、明日手元に届く予定です。

その内容は…

■特集 大ギス&マダイ狙いが大正解!!
初夏からの二大ターゲットといえるマダイと大型キス。基本的にはどちらか一方を狙う方が無難といわれることも多いが、今回はその好シーズンを最大限に楽しむべく “キスもタイも"の釣り、つまり大型キスとマダイの両者を一度の釣行で狙スタイルの可能性を追求!!
■第2特集 カレイ、春型スポットのポテンシャル
餌取りもライバルも少ないのに、ターゲットのコンディションは最高潮。そんな好期を確実に楽しむために…

 ●有望エリアのマゴ・ヒラ攻略ガイド
 ●キス、エキスパートは初期から良型をサーチ!!
 ●怒涛の大物実釣レポート
 ●最大級のターゲットを攻略…スズキ釣りQ&A
 ●その他、瀬戸内、紀伊半島、北陸、四国西部の投げ釣り情報


少し内容を見てみたい人は、こちら「立ち読み」をクリック。

「大ギス&マダイ狙い…」って、最近の私と一緒。
、私の場合はクロダイ。しかも、特段、狙ってはいないのですが…。


投げ釣り倶楽部

それから、今日は「釣り百景」の『大海原にフルキャスト!宮崎延岡で真冬のシロギス』の放送日。「BS-TBS」で、時間は20:00からですので、Don't miss it!


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ
2015-02-25 | カテゴリ:キス釣行記
P1060418_convert_20150225170003.jpg
今日は、午前中時間が空いたのと、天気も良さそうなのでキス釣りに出掛けました。

8:00前に、前回に引き続き「美保関」の地磯に到着。

黄砂のせい?か、全体的に霞んで対岸の大山も見えませんが、海中はクリアー…。


P1060420_convert_20150225170326.jpg

底の藻の状況が確認出来るほど、澄みきっています。

気温は5℃で、ほぼ無風。

水温は9℃台と、今年は積雪が少ないせいか、2月初めとあまり変わりませんね。



P1060422_convert_20150225170607.jpg
あまり期待していなかったのですが、4投目で20cmとマズマズのサイズ。

これで、坊主が無くなり一安心です。

このペースなら、“ツ抜け”出来ると思ったのですが、ココから20分、無反応…。


P1060427_convert_20150225170724.jpg
ふと、西方をみると綺麗な潮目が出来ています。

これなら「一本松」方面が良さそうなので、テクテク歩いて400mほど西に移動。

で、1投目。何となくサビいていると、激震。きつめのドラグが唸ります…。


P1060429_convert_20150225170953.jpg
で、悪戦苦闘の末に回収したのがコイツ…チヌでした。

毎度の事ながら、タモが無いので手でランディング。

岩場の間に手繰り寄せたところで、1.25のハリスがプッツン。片足を海中に嵌りながら何とか掬い上げました。


P1060430_convert_20150225171154.jpg
その後、直ぐに19、17cmと2匹追加しますが、そこから約1時間半沈黙。

アタリすらありません…。

そうこうしている間に、帰還の時間となり、エサが大量に余りましたが納竿です。



P1060441_convert_20150225171251.jpg
前回までは、釣れなくてもその倍近いアタリがあったのですが、今日は釣れた3匹以外、まったくアタリ無し。

そろそろ、キス釣りも厳しくなってきたので、3月からチヌ釣りに専念しようかな…

、冗談ですが…。


P1060445_convert_20150225171409.jpg
本日の釣果です。

本命、「17-20cm」3匹、全てキープ。20cmオーバーは1匹のみでした。

ただ、去年の今時期は“2連続ボーズ”だったので、3匹でもキスの姿が拝めただけでも満足です。


P1060448_convert_20150225171551.jpg
で、コチラは外道のチヌ…

計測すると「45cm」で、前回より全長は短いですが、重量は今回の方があります。

前回もそうでしたが、良く釣れたな…って感じで、改めて「Dsmarts」のポテンシャルの高さを痛感します。


本日の釣果   3匹(内3匹キープ、20㎝以上1匹)、1.20匹/h
        今年累計190匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:ライトショット立つ天秤スマッシュ10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-24 | カテゴリ:釣行後記
「釣りロマンを求めて」の後釜番組として、スタートした「釣り百景」…。

スポンサーの「SHIMANO」が、より多くの釣りファンが同じ時間に視聴できるよう、全国一律での放送が可能な「BS-TBS」に移行してから、次回で「73回目」の放送となりますが、久しぶりの“キスの投げ釣り”。しかも、珍しく冬のキス釣りです。
また、シマノインストラクター日置淳氏も、久しぶりのTV登場ですね。

放送時間は、2月26日(木)20:00~22:54です。
『大海原にフルキャスト!宮崎延岡で真冬のシロギス』と題し、その内容は…

 「釣り好きの戦場カメラマン・渡部陽一が宮崎を訪れる。投げ釣りのスペシャリス
 ト・日置淳の案内のもと、宮崎県の砂浜でシロギスを狙う。昨年の夏に投げ釣りを
 経験した渡部さん、冬のシロギスは初めてと今回の釣行に期待を寄せる。日置さん
 のアドバイスを受け、 釣り開始から冬キスの心地よいアタリに大興奮。また日置さ
 んからは、投げ釣りの飛距離を伸ばすメカニズムなど教えてもらい、宮崎での投げ
 釣りを存分に堪能する。」


とのこと。興味のある方は、ご覧ください。

釣り百景

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-23 | カテゴリ:釣行後記
昨日は忙しく、キス釣りに行けませんでした。
ただ、昨日は天気も悪く、風も強かった(春一番を観測)ので、いずれにしても出撃出来なかったのかもしれません。

立つ天秤スマッシュ
ところで、今日は手の空いた時間を利用して、最近試した10号の天秤を比較(天秤に掛ける)してみました。

あくまでも、「美保関」の地磯での使用感なのと、個人的見解なので悪しからず。

因みに、左は「立つ天秤スマッシュ」の謳い文句。

天秤比較

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-21 | カテゴリ:キス釣行記
なごりのゆき【名残の雪】とは、春が来ても消え残っている雪、または春が来てから降る雪のこと。なごりのキス【名残の鱚】とは、春が来ても釣れ残っている鱚、 または春が来ても釣れる鱚のこと。、海の中は冬ですが…。
今朝は、-2℃まで下がりましたが、日中は13℃まで上昇。地上は春の陽気ですが、気温より水温が下回る時期となり、逆にキスは釣れ難くなるんですよね。

でも、そんな「なごり鱚」を求め、今日もキス釣りに出掛けました。


7:30過ぎに「旧料金所」に到着。気温は1℃で無風。

今日は、いつもと逆に「一本松」寄りから投げて見るも、潮の動きがありません。

今日は「大潮」で、潮止まりの時間でもないのですが…




潮が動くまでと、小1時間ほど粘ってみますが、アタリはこの20cmの1匹だけ。

もう1匹、10cmのピンギスが釣れましたが、コッチは全くアタリが分からず…

そこで、潮が動くまで一旦車に戻り、しばし休憩。



気温が高くなったので、ついでに着替えを済ませ、今度は400mほど東に移動。

潮通りの良さそうな、地磯に釣座を構えます。

で、正面に見える大山めがけてフルスイング…?




3投目で、「22cm」のまずまずのサイズが掛ります。

その後、30分以上生命反応なし。「そろそろ、お暇しようかな…」とぼんやりとしていたら、痛烈なアタリ。

が、思わず反射的に合わせてしまい、痛恨のバラシ…



あまりにもショックだったので、同じポイントにしつこく投げ込むこと数投…

執念の1匹です。

、さっきのアタリの張本人とは限りませんが…。





ここから更に30分、沈黙が続いた後、いきなりエサを咥えて走り出します。

下へ潜ろうとするので、チヌかと思いきや「27cm」と久々のランクサイズでした。

その後、良いアタリがあるも乗らず、あきらめ納竿です。


P1060404_convert_20150221181215.jpg
今日は「そろそろ坊主かな…」と思いながらの釣行でしたが、4匹も20cmオーバーが釣れて満足です。

ただ、アタリ自体少ない時期…。今日は4回の良いアタリを空振しましたが、この取りこぼしを少なくすれば、まだまだ釣れそうな感じです。



本日の釣果です。

本命、「10-27cm」5匹、全てキープ。20cmオーバーは4匹(20、22×2、27)でした。

10cmは、針を飲み込んでいたので仕方なくキープ。
27cmと比べると、別の魚みたいですね。


本日の釣果   5匹(内5匹キープ、20㎝以上4匹)、1.88匹/h
        今年累計187匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:ライトショット立つ天秤スマッシュ10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-19 | カテゴリ:釣行後記
P1010744_convert_.jpg
今日から、二十四節気の一つ「雨水」…。

暦便覧には、「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と記され、空から降るものが雪から雨に変わり、氷や雪が溶け始める頃の事…。

今日も予報は雪でしたが、雨水…雨となりました。


海面水温
で、季節は「雨水」…

地上は、一雨ごとに春めいて行くのですが、海中では一雨ごとに冷たい雪解け水が流れ込むため、逆に冬へと向かうことになるのです。

なので、「雨水」を耳にする頃から、境水道でもシロギスが釣れなくなり始め、「春分」を過ぎる頃まで釣れなくなるのです。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-17 | カテゴリ:キス釣行記
今日は、土曜日の替わり…と言うワケではありませんが、午前中だけポッカリと時間が空いてしまいました。それなら“キス釣り”にでもと思うも、朝から雨…。
気象レーダーを確認すると、既に活発な雨雲は東へ抜け、風も無さそう…ま、何時釣れなくなるか分からない(コレばっかりですが…)ので、強行出撃しました。

途中、釣具屋に寄り青虫20g(200円分)と…


コレを購入。

ハヤブサのライトショットシリーズ「立つ天秤スマッシュ」の10号です。

根掛り対策として、「つれたか」さんから、教えて頂いたアイテムです。




私なんか、形から入るほうなので、こうゆうのは“ファミリー用”と決め付けてしまいがちですが、つれたかさんの探究心には頭が下がります。

オモリの溝にアーム部分を挟めば、コンパクトに折りたためるという心遣いも、嬉しいですね。



で、「旧料金所下」に8:00到着しますが、依然として霧雨が降っています。

無風ですが、ウネリがあり波立っています。そのせいか、酷いニゴリで釣れる感じが、まったくしません。

投げて見るも、無反応…。



今日は坊主だな…

と思いながら「一本松」方面へ向け、テクテクと歩いていると、多少ですがニゴリの無い場所を見つけます。

ダメ元で投げて見ると、1投目から「モソモソ」と小さなアタリ…?



疑心暗鬼ながら、軽く合わせると、そこそこの抵抗感…。

回収すると、アタリの割には良型で20cmでした。

その後も、ポツポツと散発的ながら、22、22、15、21の4匹を追加したところで時間切れ、納竿です。



結果、5匹だけしか釣れませんでしたが、型が良かったので十分満足、短い時間でしたが楽しめました。

でも、段々とアタリ自体、少なくなっている感が…
今日釣れた5匹以外、バラシ1、空振4、トータルで10回のアタリのみでした。



本日、立つ天秤スマッシュを使ってみた感想ですが…

浮き上りが早く、底切れが抜群に良いです。手前の藻場を問題なくクリアー。

喰い込みも良いようで、釣れた5匹、全て針を飲み込んでいました。



ただ、アームシンカーと比べるとアタリが小さい感じ。

この15cmのアタリは、まったく分からず仕舞い。

アームシンカーなら、ワカサギクラスでも、ハッキリとアタリが取れるのですが…




で、結論…。

トータルで考えると、このポイントではベストな天秤(オモリ)だと思います。

ですが、まだまだ色々な天秤があるようなので、これで満足することなく、今後もトライしてみたいと思います。



本日の釣果です。

本命、「15-22cm」5匹、全てキープ。20cmオーバーは4匹でした。

そろそろ、ライトタックルでは厳しい時期になりました。今年は、何時まで釣れるのでしょうか…?


本日の釣果   5匹(内5匹キープ、20㎝以上5匹)、2.14匹/h
        今年累計182匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:ライトショット立つ天秤スマッシュ10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-15 | カテゴリ:キス釣行記
朝、目を覚ますと、体が妙に怠い…。
「無理して出撃して、釣れなかったら…」「いや、今日行けば巨ギスが釣れるかも…」
などと、布団の中で葛藤すること30分…。ま、残ったエサも4日目だし、天秤の試投もしときたい…と言うことでキス釣りに出掛けました。


最低気温が0℃の予報だったので、防寒対策をして外へ出ると、妙に暑苦しい…

熱のせい?と思いきや、車内の温度表示は「10℃」と、既に最高気温の予報と一緒。

アンダーを1枚脱ぎます…




境水道内でも、まだまだ釣れているようですが、流石に「Dsmarts」の射程圏外。

と言うことで、今日も島根半島の東端まで遠征です。

何とか「旧料金所」に到着すると、ぼんやりとガスっており、気温も5℃まで低下。



そこで、今日の主役、「ミニジェット天秤」の登場です。

ジェット天秤…
というか、L型天秤以外の天秤を使うのは何十年振り…
たぶん中学生以来かも。

当時は、逆さに付けていたような記憶が…懐かしい。



水面温度を測ると9℃台。

前回より低いですが、この時期にしてはまだまだ高く、キスの活性はありそうです。

早速、「ミニジェット天秤」を装着して投げてみると、手前の藻場に捕まることなく浮上、簡単に回収出来ます。



それは、キスが掛っても同じなのですが、肝心のキスの針掛りが悪い…。せっかく、藻を回避して浮上させたのに、水面でバレるという有様…。

また、アームシンカーの感度に慣れているせいか、型の割にはアタリが分かり難い…




体調も悪いので「一本松」まで行って、直ぐ折り返して帰ろうと思ったのですが、良いアタリがあるので、ついつい長居してしまいます…

が、相変わらず藻に関係なくバレます。26、27cmぐらいのランクサイズが、目の前でポッチャン…なんて事も。



回収出来るのは、針を飲み込んでくれた者だけ…

気温も10℃を超え、防寒着を着ていると気持ち悪くなってきたので、納竿です。

で、ジェット天秤を使ってみた、率直な感想ですが…




”私の釣り方には合わない”

です。確かに、浮上性は良く藻を回避可能ですが、あまりサビかず流すスタイルには合わないようです。

やはり、固定式で、ドリフトしても仕掛けが常に底立ちするような天秤が良い…。


ただ、それでいて浮上性に富んだ天秤を探していたところ、「つれたか」さんから、良い天秤を紹介して頂いたので、次回はそれを試してみたいと思います。

P1060300_convert_20150215183332.jpg
本日の釣果です。

本命、「17-20cm」6匹、全てキープ。20cmオーバーは1匹でした。

帰り道、「風ケ浦」で3投、「男鹿」で2投ほどしてみましたが、生命反応なし…でしたので参考まで。


本日の釣果   6匹(内6匹キープ、20㎝以上1匹)、3.00匹/h
        今年度累計177匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:ミニジェット天秤10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-14 | カテゴリ:道具・仕掛
今日の山陰地方は、風が強かったものの比較的穏やかな天気でしたが、急な依頼があり出撃出来ませんでした。その代り…?と言っては何なんですが、帰り道、釣具屋に寄って美保関の「藻対策」のアイテム探しに行きました。

これまで投げた感じでは、サビいている途中はまったく根掛りはしませんが、回収の途中にほぼ100%根掛ります。急激に深くなっているので、カケアガリの角の藻場に捕まってしまうのです。なので、「仕掛」というより「オモリ」の対策が必要…

これまで専ら、「ディースマーツ・アームシンカー」を使用。舟型形状なので、常にアームが上向きとなり、底を引くだけなら根掛りし難く、また仕掛も常に底立ちするので、これまではベストでしたが、今回のポイントでは浮上性能が不足のようです。

アームシンカー460

ミニジェット
そこで、求められるオモリの性能は、十分な浮上性と仮に藻に引っ掛っても抜けやすい形状…ということで富士工業の「ミニジェット天秤」

温故知新ですよ。最近は3号までラインナップ。


ミニ遊動ジェット
しかも、価格は「アームシンカー」の半分以下…。

明日、取敢えず試投してみてダメだったら、「ミニ遊動ジェット天秤」を改良して、発砲オモリでも製作しようと思います。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-13 | カテゴリ:釣行後記
先日釣ったチヌ…というか、「釣れてしまった…」感の強いクロダイですが、あっと言う間に、皆の胃袋の中へ消えてしまいました。世間で言われるほど臭みもなく、刺身にしてもクセもなく“流石にタイ科の魚”…という印象です。
カルッパチョや刺身はもちろん、皮の湯引きのポン酢和えも美味でした。


ところが…ですよ、チヌ釣りをする知人に、クロダイの料理法を聞くと「知らない…」と、ツレナイ返事。

「あれ(チヌ)は釣って面白い魚だけど、臭くて、食べれる代物(魚)では無い」と、釣り人とは思えないお言葉が返って来ます…。



で、よくよく話してみると、食べたことも無いとの事。

と言うのも、周りの皆から散々言われたかららしい…。

クロダイと言うと、雑食性で、排水口から流れてくるものを、何でも捕食しているイメージ。現実、スイカや果物でも釣れます。

だからと言って、食べたこともないのに、不味いと決めつけるのも如何なものか…
以前、ボラの刺身が美味しいと言ったら、バカにされましたが、そうい言った固定観念から、マズイと決め付けられている魚も多いようです。
外洋で捕れたボラの刺身なんて、まったく臭みがなく絶品なのですが…
もちろん、魚には旬があって、産卵後の春、初夏にかけては味が落ちるのは確かのようですが、それは“み~んなと同じ”。“真鯛も一緒”。

「汚い海に棲んでいる=マズイ」なんて、私に言わせれば本末転倒。
そもそも、海を汚したのは人間の仕業なのだから…。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-11 | カテゴリ:キス釣行記
今日は、風が強くなりますが、日中は曇りで気温も10℃まで上昇するとの予報。
そろそろ釣れなくなる時期…。何時釣れなくなるか分からないのと、日曜日のエサも残っているので、キス釣りに出かけました。

境港 150211
今日は小潮で、潮位差も無いので「境水道」内でも…と思いましたが、先日の積雪の影響(水温低下)を考え、今日も外洋の「日御碕」方面へ向います。

が、出発する頃から小雨がパラパラと落ち始めます…。



7時半前に「旧料金所」に到着。気温は5℃、雨は止んでいます。また、南西の風が吹いていますが、まだ弱く気になるほどではありません。

「旧料金所下」に降りてみると、上からは分からなかったのですが、キレイに潮目が出来ているのが確認出来ます。




潮目は、「ヱビス鼻」方向から「一本松」まで続いており、何処から投げようか迷うほどです。

距離はほぼ3色付近で、位置的には、深くなっているカケアガリのその先の感じ…。




水温を測ると10℃台。
前回より高く、キスの活性も高そうで良い感じです。

早速、投げて見ると緩やかに仕掛が流されます。そこで、サビかずに潮目付近でドリフトさせていると、直ぐにアタリがあります…が空振。




次投…。

同じ様に仕掛けを流していると、「ガツン」とアタリ。

高速で回収しますが、手前の藻に飲み込まれ「またバラシか…」と半ば諦め気味にラインを引っ張ると奇跡的に抜け、いきなりの24cm…。



次も22cm…。

相変わらず藻に捕まりますが、ホンダワラのオマケ付ながら、何とか回収。

その次も22cmと20cmオーバー3連続…。今日は針を飲み込んでいるので、バレないのかもしれません。



藻対策をすれば、もっと釣果が上がりそう…などと、仕掛けを流しながら考えていると、人間が引っ張っているのかと思うほどのアタリ。

なんとかポンピングしながら引き寄せますが、当然の如く藻の中へ…で、5分放置。




すると、痺れを切らせた相手が動き出したので、一気に水面まで引き摺り出します…

タモなんて無いので、手でランディング。鰓に手を入れた途端、1.25号のハリスがプッツン…奇跡的に回収出来たのは、大きなチヌでした。




ご覧の通り8Lのクーラーに入るハズもなく、せっかくの時合なのに、予備のクーラーのある車まで戻る羽目に…。

面倒臭いな
と思いながら、釣場と車を往復、戦闘再開するも、今度はバラシが続きます。



P1060215_convert_20150211174824.jpg
大きなチヌが抜けるのに、20cmそこそこのキスが抜けないなんて…不思議?

その後、根ズレで巻き直したばかりのラインを2色消失。リールを取りに、再び釣場と車を往復…序に、このタイミングでポイント移動です。




テクテクと西に向いますが、県道の上に2人、投げ師がいるのでさらに西走。

前回、投げていないポイントですが、「一本松」の手前まで移動…この時分から、徐々に風が強くなってきます…。





何気なく決めたポイントでしたが、1投目から良いアタリがあります。

当然の如く、藻に捕まるものと覚悟してリーリングしていたのですが、拍子抜け…。

根掛ることなく、スムースに回収…23cmでした。



次投も、スムースに22cmを回収。このポイントは藻の群生が無いようです。

良い感じでしたが、南東の風が強く吹き始め、時折、岩場に立っていられないほどの突風…また、波も高くなり、危なくなってきたので、泣く泣く納竿です。



本日の釣果です。

本命、「13-24cm」10匹、全てキープ。20cmオーバーは5匹でした。

念のために、エサを補充したのですが、結局、使うことなく終了。まるまる余ってしまいました…。




で、唯一の外道…

帰宅して計測したところ、48cmありました。

だだ、あくまでも「本命」はキス。これが釣れたおかげで、かなりの時間ロス…




あと、5匹は20cmオーバーが釣れていたかも…と思うと、正直なところ、手放しでは喜べません。

ただ、殺生したからには、美味しく頂きますよ!

身は刺身とカルパッチョに、アラはアラ汁に料理しようと思います。


本日の釣果   10匹(内10匹キープ、20㎝以上5匹)、3.33匹/h
        今年累計171匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-07 | カテゴリ:キス釣行記
今日は良い天気です!…というか、向こう1週間は、今日ぐらいしか良い天気なさそうなので、キス釣りに出掛けました。
最低気温は1℃。日中は12℃まで上昇するとのことなので、服装が難しいですね。

今日も前回に引き続き、「美保関」へ向け東進します。
満員御礼の「美保関港」を通り過ぎ、7:30過ぎに「旧料金所」に到着。県道上から、今日投げる「一軒家下」から「一本松」までロケハン。シモリ、仕掛のブイの位置、投げれそうなポイントを15分ほど掛けて確認します。


支度して下に降りようと「加鼻」まで来ると、前回投げた磯の前に、キレイに潮目が出来ているのが確認出来ます。

そこで予定変更して、東側へ降り磯に釣座を構えます。南西の風が吹いていますが、前回より波立っていません。




水温を測ると、意外にも高く、波打ち際の表面ですが9℃以上あり、「水道内」より2℃近く高いですね。

今日は「ボウズ」も覚悟してきたのですが、この水温といい、潮目といい期待出来そうな雰囲気です…。




早速、投げてみると、1投目からモソモソと小さいですがアタリがあります。

途中、ホンダワラの群生に引っ掛りながらも、回収するとアタリの割には20cmとマズマズのサイズ。





その後もポツポツとアタリはありますが、乗らズ掛らズ。

掛ってもホンダワラに誘拐?される始末…

こんな感じ…?
で、ハリス止の8の字結びのところからプッツン。




小一時間すると、潮目も無くなったせいか、アタリも少なくなります…

そこで、今日の当初の目的地へ移動です。

ここででは、3勝(匹)3敗(空振)1分(バラシ)でした。




今度は加鼻から西側へ降り、「旧料金所下」へ移動。

こんな感じで、消波用?の石積が、「一本松」まで300m以上、延々と続きます。

足場は悪く、スパイクは必携。また、仕掛や道具を落したらほぼアウトな場所です。



延々と続くので、どこからスタートするか迷いますが、中央付近に潮目を発見。

投げて見ると、見た目以上に潮が動いているようで、オモリが緩やかに流されます。

あまりサビかず、そのままドリフトさせていると…




次々とアタリがあります。

相変わらず、ホンダワラに絡みますが、たまたま群生の密度が低いところだったようで、簡単に引き抜くことが出来ます。





今日イチの「21cm」です。

この直後、根ズレで2色途中で高切れしたので、この前買ったばかりのリールに交換。このタイミングで移動です。

ここでの戦績は、6勝(匹)5敗(空振)1分(バラシ)。





下道?を更に約150m西走し、通称「一本松」の東端まで移動…。

ここまでくると、石積は無くなり地磯となり、右手には、「美保関港」の東沖波止が見えてきます。




ここでも、1投目からアタリがあるのですが、藻の密度が半端ないです。
スバリで回収しても、100%藻に捕まります。

ほとんどの人が、上の県道から投げていますが、それくらいの高さ(角度)がないと回避出来ないと痛感…です。



ただ、いくら交通量が少ないとはいえ、あくまでも公道。否定はしませんが、あまりおススメは出来ません。

午後から風が強くなり、波が高くなったので納竿です。

ここでの戦績は、4勝(匹)3敗(空振)3分(バラシ)。



今日投げてみた感じでは、越冬ギスが、まだまだ居そうな感じです。水温も、まだ高いようですし…。

実際のところ、釣れたのは13匹だけでしたが、空振やバラシを入れれば30近くになりますからね。





ただ、如何に藻を避けて取り込むか…ですね。

今日はモトスを15cm短くしてみましたが、この場所を完全攻略するには、10号の発砲オモリでも自作するしかないようです…。




本日の釣果です。

本命、「14-21cm」13匹、全てキープ。20cmオーバーは5匹で外道は1匹も釣れませんでした。

今日は、藻対策で「暗中模索」ならぬ「暗中藻索」の一日でした。


本日の釣果   13匹(内13匹キープ、20㎝以上5匹)、3.00匹/h
        今年累計161匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-04 | カテゴリ:釣行後記
今日は立春。暦の上では春ということになりますが、明日から雪が降るとのこと。
来週も、雪だるまマークがズラリと並び、まだまだ寒い日が続きそうですね。
そもそも立春の前の日は節分で、大寒(冬)の終わりの日。潮汐で言えば、下げ止まりで上げ潮に変わる時…。要するに、立春とは「寒さが底を打った日=一番寒い日」になる訳で、寒い日が続くのは当然なのかもしれません…。

さて、旧暦では春が年の始まりとされ、今日から新年ということになりますが、ただ、私が今観ているテレビは、まだ去年の11月?なのです。
と言うのも、昨年録りだめした番組を今頃になって観ているから…
週末は、釣りやサイクリングと出かけてばかりだったので、夜中にチマチマと鑑賞していたら、3か月遅れになってしまいました。

で、最近観た中で面白い…と言うより共感できたのが、NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」。11/10放送分は「開拓せよ、最強の一本釣り」と題して、カツオ漁師・明神学武(みょうじん まなぶ)氏の一流のプロの仕事を紹介。

プロフェショナル 2
● 明神学武(40)とは…

400年にのぼるカツオ一本釣りの歴史に革命を起こす、若き天才と称される。

明神家は、一族そろってカツオ漁師。父の三郎氏は、水揚げ日本一6回の名漁労長。


30歳の時、その父から日本一のカツオ一本釣り漁船「第83佐賀明神丸」を継いで漁労長となり、10年で4度の水揚げ日本一を記録する。

● 開拓者であれ…

豪快な人柄で知られた名漁労長だった父とは対照的に、おとなしい性格の明神。
カツオ漁は他の船との争奪戦。おっとりとした性格の明神は、他の船にカツオをさらわれ続け「おまんは漁労長らしくないの」と船員から揶揄される日々が続く…。

プロフェショナル 3そこで、明神は漁に挑むとき、「開拓者であれ」という信念を貫こうと決め、独自の方法論で、潮の流れや海水温を徹底的に研究。

その緻密な分析とハイテク機材を武器に、他とは全く異なる漁場を開拓し、他船との争奪戦を避け、一人勝ちを狙うスタイルへシフトする。

「たくさん釣ろうと思ったらやっぱり、船がおりすぎたらイス取りゲームやないけど、限られた群れ数をこなしていかないかんきね。ほんじゃき、あんまり船が多すぎる所は僕は避ける。どっかに、他におるかも分からんやん」と明神は言う。

● 分からんき、おもしろいがよ…

明神は、他の船員より2時間も早く起きて戦略をたてる。また、漁を終えた後も、他の船員が寝静まった後、一人で自室にこもり、何故、カツオがあの海域に現れたのか、テータを洗い出し納得するまで分析する。2ヶ月に1度の休日も、船員達が街へ繰り出す中、一人船に残り次の漁の戦略をたてる。

プロフェショナル 4「好きなことやき、疲れない 集中出来る…」

子供の頃、「どうなんてんだろう」って、機械を分解してみたいという好奇心と一緒だと、明神は言う…

「分からんき…分かろうとするに、おもしろい」


プロフェショナル 1
プロフェッショナルとは?

「その仕事が好きで好きで、たまらない人やないが…それだけのめり込めるやろ」

「中途半端に好きな人に、あんまりプロフェッショナルな人はおらんと思うけどね」



開拓者であれ…

私のキス釣りも、釣人の少ない場所を敢えて選択するスタイル…。

単純に混んでるのが嫌いということもありますが、人が投げれない(=投げない)ポイントは、必然的にキスもスレていない訳で、大物が潜んでいる確率も高いハズ。

当然、「釣人が多い=釣れている」という図式も成り立つのですが、「釣人が多い」というファクターの中には「釣り易さ」も含まれるワケで、決してイコールということはないのです。明神氏も「イス取りゲーム」に例えていますが、釣場に100匹いても10人いれば、単純計算すると1人あたり10匹…。釣場に20匹しかいなくても、1人なら独り占め出来ますし、移動も気兼ねなく出来るのです。

分からんき、おもしろいがよ…

私は、釣行毎に場所、匹数、型はもちろん、時間、潮位そして水温のデータを記録しています。何故、そのポイントで釣れたのか?そこには理由があるワケで、蓄積したデータを眺めながら考える作業は、釣る行為に匹敵するぐらいに楽しいものです。


この時期、一番重要なファクターは「水温」…。

最近は、釣場に着いたらタックルも持たず、水温計片手に水温チェックからスタート。

根拠もなく、闇雲に投げ始めるよりは、釣れる確率は高い様な気がします。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2015-02-01 | カテゴリ:キス釣行記
知人に、「良い投げ竿にリール持ってんだから、たまには使ったら?」
「もう、その竿だとポイントに届かないよ。」と言われます。
確かに、最近投げていてその自覚はあるのですが、「Dsmarts」でのアタリとやり取りを知った今となっては、なかなか戻れないですね。
たまに投げ練で持ってみますが、重量感ハンパないですし…。

『届かぬなら、届く所まで行こう、ホトトギス…ではなく越冬ギス。』

と言うことで、今日は美保関の地磯を目指して出撃です。
海図を見ると分かるのですが、美保関南岸は東に行くほど深くなっており、3色も投げれば深場まで届くという算段です。


8:00前に到着。どこに入るか迷いましたが、加鼻の東側の磯に釣座を構えます。

気温は4℃で、時折、雪がチラつきますが、風がないので寒さは感じません。

水温は8℃。50m付近に綺麗に潮目が出来ています。



3投目でアタリ筋が見つかり、距離は潮目付近。

で、針掛りするのですが、急深のせいか手前の藻場が抜けず、バラシが続きます。

投げ竿の長さがあれば抜けそうですが、逆に狭くて振れないという矛盾…。



なんとか回収出来たサイズは、20cm弱とマズマズなのですが難しいですね。

小一時間経ったところで、波飛沫が被るようになり、危なくなってきたので撤収。

ここでは、3勝(匹)7敗(バラシ)でした。



30分ほど、今後の釣行のために磯をロケハンした後、県道を3kmほど西に戻り「風ケ浦」まで移動。

気温は8℃まで上昇。日が射すと暑く感じるくらいです。

で、投げてみると…




前回ほどではありませんが、アタリがあります。ただ、前回よりは針掛りします。

仕掛は同じで、エサを砂虫から青虫に替えただけ…

で、ポツポツと釣れるのですが、型が小さいので撤退。




ここでは、4勝(匹)3敗(空振)でした。

この後、「男鹿のハズレ」で投げてみますが、アタリすらなく20分ほどで撤収。

水道内だと「Dsmrats」の守備範囲内には、やはり居なくなっているようです。



また「風ケ浦」に戻るのも面倒くさいので、西走して「恵曇港」へ向かいます。

途中、用事を済ませ14:30過ぎに到着しますが、誰もいません。満潮が14:10なので、ちょうど下潮に変わったところです。



P1060098_convert_20150201211117.jpg
水温を測りながら「沖防」を歩いていると、数メートルで2℃も違う場所が…どうやら潮目のようです。

投げてみると直ぐアタリ。

1発目は空振でしたが、その後は4匹連続キープ。




20匹ぐらい簡単に釣れそうな勢いでしたが、潮目が移動したのかバッタリと釣れなくなります。

少しずつ移動してみますが、アタリはあれど乗らズ…
結局、「JF冷凍冷蔵庫」前まで移動します。




ココでは、ほぼ投げる度にアタリがあったのですが、回収出来たのは、この1匹のみ。

釣れないのですが、アタリがあるので、なかなか見切りを付けることが出来ず…
ズルズルと長居しますが、日も暮れて寒くなったところで納竿です。



今日は、美保関の地磯で投げてみましたが、藻対策をすれば何とかなりそう…。

ただ、冒頭の知人曰く、「境水道なら、5色も投げればまだまだ釣れるのに…バカしゃないの?」

と呆れられましたが…。



本日の釣果です。

本命、「12-19cm」12匹、全てキープ。20cmオーバーは0匹でした。

あと、ハゼ3匹の内、2匹キープ。ハゼ以外の外道も釣れなくなってきました。



本日の釣果   12匹(内12匹キープ、20㎝以上0匹)、2.48匹/h
        今年累計148匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ