2014-12-30 | カテゴリ:キス釣行記
年末のお刺身用のキスを求め、「境水道」へ、今年最後のキス釣りに出掛けました。
昨日も穏やかな釣日和でしたが、大掃除などの家の雑務に従事。
さすがに、年末釣三昧だと、家の皆にヒンシュクを買ってしまいますからね。

で、今日は天気は良さそうですが、日中は10m以上の西風が吹くとの予報…。
明日は雨の予報だし、「ま、風が強くなるまでに釣れば良いや」って感じで強行出撃。


今日の「境水道」は小潮で、日中はあまり潮位差はありません。朝イチで出撃すれば、丁度、緩やかな上潮と、絶好のタイミングのハズ…。

が、昨夜は忘年会…。
寝不足ですが、場所取りのため、踏ん張って早朝出発。


6:30前、「美保関」の男鹿に到着。既に車が数台停まっており、薄暗い中、既に「ハズレ」では4人ほどルアーマンが投げています。

慌てて、道具だけ担いで場所取り…。本当はルアーマンがいる場所に入りたかったのですが、仕方がないですね。



で、明るくなってから投げだしたものの、緩やかな上潮のハズですが、思いのほか流れが無く、どちらかと言うと「潮止まり」の様相…。

また、時折、突風が吹きますが、5、6mぐらいで、そんなに釣り難さは感じません。




2時間ほど粘ってみたものの、潮の動きが無いせいか、本命は19cm×2匹。あとチャリコ2匹とフグ1匹とパッとしません…。

そこで、昨夜の疲れもあるのと、餌の無駄打ちを避けるため、潮の動くまでしばらく休憩することに。



30分ほど休憩して戻ってくると、ルアーマンが撤退。

直ぐに移動…です。

潮も少し動き出したせいなのか、それとも場所替えが正解だったのか、投げる度にアタリがあります。




20cmオーバーはあまり掛りませんが、ほとんどが18、19cmと型が揃いますね。

潮は、早くも下げ潮に変わっているようで、あまりサビかず、潮の流れにまかせてアンカーをドリフトさせると、直ぐにアタリがきます。



だた、バラシが…

手前の藻場から、引き摺り出すのが大変な作業です。

10匹近く逃げられ、その中には大きなアタリも数回あっただけに残念です。





10m近い風が吹き出してきましたが、まだ真横ではないので何とかなりますね。

西風ですが、この位置だと右斜めからの向い風…。

なので、取敢えず投げ込んでから、左(風下側)へ移動。




なるべく、風の方向に対して、ラインが真直ぐになるようにすると、強風でも、そこそこアタリが取れます。

ただ、風の方向と潮の流れの向きが一緒なので、糸フケ分を巻いて常にラインをキープする必要がありますが…。




てな感じで、風はなんとか凌げたのですが、お昼を過ぎから下げ潮がキツクなります。

しばらく粘っていましたが、10号のアームシンカーが“あっ”という間に流されるようになり、根掛りするようになったところで、今年最後の納竿となりました。



本日の釣果です。

本命、「14-21cm」30匹全てキープ。20cmオーバー3匹でした。

期待したランクサイズは兎も角、20cmオーバーもあまり釣れませんでした。




「本命」以外の釣果です。

チャリコ9匹の内、8匹を猫のお土産用にキープ。あとフグを1匹リリース。

水温が下がり、だんだん釣れる魚種が少なくなり、キスも水道内から、外洋の深場に移動し始めた感じがします。



お刺身サイズは、あまり釣れませんでしたが、ほとんどが18cm以上だったので、なんとか、年末用の刺身が確保出来ました。

これで無事、良い正月が迎えられそうです。





さて、この1年間、ブログに訪問して頂いた皆さん、また釣場で声を掛けて頂いた皆さん、有難うございました。

来年も、引き続きブログ訪問、よろしくお願いします。

それでは、皆さん、良いお年をお迎えください。


本日の釣果   30匹(内30匹キープ、20㎝以上3匹)、5.45匹/h
        今年度累計1,752匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

スポンサーサイト
2014-12-28 | カテゴリ:キス釣行記
本日の天候は「晴れ」で、風も弱いとの予報…。
12月にしては、珍しいほどの釣日和なのと、昨日のエサが少し残っているので、今日もキス釣りに出掛けました。放射冷却の影響で、出掛ける頃は氷点下2℃と冷え込み、車のフロントガラスが凍結するほどでしたが、日中は10℃を超えるとのこと。


7:30に「恵曇港」へ到着。

久しぶりに、内湾を攻めてみようと「中防」にやって来ますが、レジャーボートの出港ラッシュとぶつかり、投げるタイミングがありません…。

3投だけしてみますが、アタリもないので、早々に撤収。


P1050589_convert_20141228153931.jpg
で、次は「新市場南側」から外湾を攻めることに…。

水温を測ると、昨日よりかなり低下しています。

雨も降っていなのに、一晩でこんなに状況が変わるとは驚きです。



P1050591_convert_20141228154056.jpg
で、投げてみますが、悪い予感的中です。

釣れたのは、このチビちゃん1匹(リリース)。しかも、生命反応もこの1度のみ…

20分で撤収。




P1050593_convert_20141228154258.jpg

外洋のほうが、水温が高そうなので、「南防」から「新々堤」の枝防と渡り歩きますがライトタックルでは、チョット難しいようで…

生命反応は、ガシラの1匹。




P1050598_convert_20141228154657.jpg
「新々堤」の枝防からの帰り際、水温計と睨めっこしながら歩いていると、少し高い場所があります。

折角なので、投げてみると久しぶりの生命反応…

しかも、良いアタリ…。



P1050597_convert_20141228154527.jpg
でも、回収するとキカナ。

まあ、魚の活性はあるようなので、少しづつ移動しながら投げていると、「ブルッ」と確実にキスのアタリ。

しかしながら、空振…。




P1050603_convert_20141228154754.jpg

直ぐに投げ返すと、早速アタリがありますが、チャリコ。

さっきのアタリもコイツ…
だったのか?

で、そのチャリコから針を外そうとすると…



P1050604_convert_20141228154845.jpg
何やら、口の中に蠢く者が…

エイリアン?
いやいや、アイツ…
そう「タイノエ」です。

今日はご夫婦。しかも子供連れで、小さいのがウジャウジャと、気持ち悪いですね。



P1050608_convert_20141228154949.jpg
気を取り直して、投げると直ぐにアタリがあり、本日、ようやく真面なキス…。

キスに限らず、魚のアタリがあるのは、ほとんど同じ位置。ラインは2色ですが、ここは水深があるので、距離的には1色以内でした。



P1050613_convert_20141228155110.jpg
次投も「本命」が釣れ、何とか“ツ抜け”出来そうかなと思った矢先、今日も「カニおじさん」登場…。

「昨日はアッチで、今日はコッチかよ」って感じで、良い感じで釣れ出した途端に、目の前にやってきては、仕掛けを投入していきます…。


P1050614_convert_20141228155217.jpg
その後、再び「新市場」に戻って投げてみましたが、生命反応はガシラの1匹のみ。

エサを放流し、納竿です。

このままでは消化不良なので、年内、もう1度出撃しようと思っています。



P1050616_convert_20141228155337.jpg
本日の釣果です。

本命、「11-18cm」5匹の内、4匹キープ。20cmオーバーはありませんでした。

その他に、チャリコ1匹とキカナ(アオハタ)3匹を猫のお土産用にキープ。あと、小さいガシラ2匹をリリース。


P1050623_convert_20141228155553.jpg
ちなみに「タイノエ」、引き摺り出してみました。

大きいのがメスで、小さいのがオス。で、その周りのちっちゃな粒々が赤ちゃん。
メスは、育嚢で卵から幼体になるまで育ててから産み落とすのです。まあ、どうでもいい話ですが…。


本日の釣果   5匹(内4匹キープ、20㎝以上0匹)、1.15匹/h
        今年度累計1,722匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M → 833ML
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 → 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 → 5号
        手製2本 → 1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-12-27 | カテゴリ:キス釣行記

年末年始の「お・も・て・な・し」用のキスを確保するため、出撃しました。

7:30に「恵曇港」に到着。
内湾はニゴリが残っているのと、外湾のほうが少し水温が高いようなので、今日も「新市場横」からスタート。




前回の教訓から、エサはジャリメを選択。また、風も弱くやや追風なので、最初から「833ML」「2003PE」のライトコンビにアームシンカー8号を装着。

そのせい?で、前回と違いほぼ全てのアタリで針掛り…。




でも、前回の1/3ほどしか
アタリがありません。

しばらくすると、いつもの「カニおじさん」?…ではなく、違う仕掛人登場。

仕掛の回収?と思いきや、目の前で素潜りを開始…。





そこで、市場正面へ回避。

カニ籠の位置が不明なので、根掛りが気になりますが、背に腹は代えられません…。








で、投げてみると思ったほど根掛りが少なく、3色付近でアタリが連発します。

そこそこ良い感じで、釣れ続けていたのですが…







今度は正真正銘、「カニおじさん」登場…。回収作業を開始、目の前まで来ます。

しばし休憩して、傍観していると、根掛りしなかったのが奇跡的な位置に仕掛けが…。




P1050569_convert_20141227164239.jpg
一難去り、再び釣れ出しましたが、今度は、市場の人が来られ「作業の邪魔になるから退いてくれ」とのこと…

「どうもすみません、今直ぐ逃げます…」と言っている最中にも、アタリ…。




P1050568_convert_20141227164110.jpg

泣く泣く移動しますが、その先に、再び「カニおじさん」登場。目の前に、次々と仕掛けを投入していきます…。

前より厳しい位置なので、万事休す…撤退です。




P1050574_convert_20141227164353.jpg

再び、「新市場」の南側に戻ると、「沖防」からコマセを撒いている釣人が数人…

早速、その近くへ投入。

すると、投げる度に「本命」が釣れます。



P1050575_convert_20141227164514.jpg

狙いどおり、コマセに集まって来ているようで、ほぼ着底と同時に喰い付いてきます。

まだまだ、釣れる感じでしたが、型が一向に良くならないので、カウンターが25になったところで納竿…。



P1050582_convert_20141227164647.jpg
本日の釣果です。

本命、「12-19cm」25匹の内、22匹キープ。20cmオーバーはありませんでした。

その他に、チャリコ1匹を猫のお土産用にキープ。あと、ハゼ5匹の内、大きな2匹とキカナ1匹をキープ。


本日の釣果   25匹(内23匹キープ、20㎝以上0匹)、4.17匹/h
        今年度累計1,717匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
        リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8号 → 5号
        手製2本 → 1本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-12-25 | カテゴリ:道具・仕掛
いくら、地上が氷点下で雪が積もろうとも、海水温がいきなり低下することはありません。一般的には、海洋が大気と比べて熱容量が大きく“熱し難く冷め難い”ため、陸上の気温が 1月下旬に最低となるのに対し、海面水温は1~2か月遅れる傾向があります。また、場所は限られますが、対馬海流の影響もあり、山陰地方では3月の頭ぐらいまでシロギスが釣れます。

ただ、それを釣る人間は地上にいる訳で、当然ながら、風雪を凌ぐ為の防寒対策が必要となります。寒ギスを狙い出すまでは冬場はシーズンオフ…。
釣りなんてしたことが無かったので、登山や自転車などのグッズで代用して何とか凌いできたのですが、そろそろ限界…。特に手先、足先が厳しくなってきたので、新しく防寒グッズを揃えてみました。


先ずは「手先」の対策。

これまでは、夏場も使用している「DAIWA」の5本カットの安物でしたが、今回は「SHIMANO」の「XEFO・クロロプレンフィンガー3カットグローブ GL-261L」を購入。色は ブラック。




高い保温力と伸縮性に優れた素材を採用。内側はパールフィット加工で、こういった素材にありがちな脱ぎにくさも無く、スムースな脱着性。

掌側は、濡れていても滑り難く、また魚を掴んでも鱗一つ付かないので、今回の購入の中でも、お気に入りのアイテムの1つです。



次は、足元の防寒対策。

まず、フットウエアですが、これまでは、登山用を使用。もちろん「GORE-TEX®」で防水性はあるのですが、保温性はイマイチなので、「SHIMANO」の「ジオロック・スーパーサーマルブーツ FB-057L」 を購入。



高機能保温材を採用した暖かく軽量な防寒防水ブーツで、最近、「境水道」で岩に乗る場面が増えたので、 耐滑性を考慮してカットラバーピンフェルトソールタイプを選択。

普段、25.5cmを履いているので、MとLで迷いましたが、インナーを考慮してL(25.5~26.0)を選択。結果的に、これが正解でした。



ついでに、インナーも購入。

これは、「ブレスハイパー+℃・3Dロングサポートソックス(先割) SC-005M」

これまでは、ヒートテックソックスに「靴下に貼るカイロ」を足先に付けて凌いでいましたが、試しに購入。



足先、かかと部分に立体編みの3D構造、土踏まず部に立体アーチ編みを採用し、フィット感、快適性がアップ。

段階的に着圧を調整することで、長時間の立ち姿勢でもしっかり足をサポート。冷えやすい足先とかかとには吸湿発熱素材を採用。

フィット感がとても良く、自転車用としても使えそうなので、もう2、3個欲しいぐらいです。




さらにキャップも…。

「XEFO・レイヤーニット・キャップセット CA-299M」

登山やスノボ用のニット帽があるので、あえて買う必要は無かったのですが、見た目と統一感だけで購入…。



キャップ、ニット、キャップとニットのレイヤー、季節やスタイルに応じて使い分けできる3WAYタイプ…。

また、ニットのズリ上がりを防止するドットボタン付と機能性も優れています。



最後は、防寒ウェア。

これまでは、十数年前のスノボ用で代用していましたが、今回は「SHIMANO」の「XEFO・GORE-TEX® PRESERVER SUIT RB-213M」で、色は在庫がなかなか無く苦労しましたが、タングステンを購入。



サイズはMを選択しましたが、インナーを着込んだ場合を考慮すると、Lのほうが良かったと少し後悔…。

ヒジ・ヒザの動きやすさを追求した3次元立体裁断。中綿による暖かさを備えたアクティブ防寒スーツ。パンツは、屈伸、足上げ、ポイントへのダッシュ、どんな動きにも対応するアクティブ仕様…

と、なっています。





と、ここまで来ると「お前はシマノの回し者か!」と突っ込まれそうですが、別にそういう訳ではありません。

ただ単に、自転車で使っている「SHIMANO」製のサーマルアンダーウェア―があるので、合わせてみただけ…。




これまで、パンツの下に履いていた「SHIMANO」製のサイクル用レッグウォーマーも、今回の防寒グッズ購入により不要になりそうです。

今年も、残すところ6日…。
、天候次第ですが、あと2、3回は釣行出来そうなので、新装備の威力を試して見たいと思います。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ  にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-12-23 | カテゴリ:キス釣行記
今日は天皇誕生日。
今年も、早いもので残り1週間となりました…。
今日は大潮なのと、最近、極端に水温が下がっているようなので、「境水道」は最初から諦め、朝一から「恵曇港」へ出撃です。


7:30前に到着。
気温は6℃。予報では西風でしたが、南東の風がやや強く吹き、肌寒く感じます。

内湾は、まだニゴリが残っており、水温は8℃台。が、外湾にやってくると、ニゴリがとれて澄んでいます。




で、「新市場」南側で水温を測ると12.6℃と、この時期にしては異常に高く、内湾より4℃以上高いです。

しかも、同じ外湾内の他の場所より1、2℃高い…これは、「ここで投げるしかないでしょ」って感じです。




すると、1投目から激震。
暴れるので、根魚かなと思いましたが、いきなり26cmチョイのAランクサイズ。

今日は、一体どうなるのだろう…と思われる幕開けでしたが、終わってみれば、20cmオーバーはこれ1匹…。




その後、投げる度に良いアタリがありますが、「ノリ」が悪いですね。別に早合せしているわけでも無いのですが…

タラシを短くしたり…オモリを軽くしたり…ロッドを柔らかくしたり…色々トライするも状況は変わりません…。




今日は、ニゴリと水温低下を予測し青虫を用意したのですが、今日のコンディションなら、ジャリメのほうが良かったのかもしれません。

カウンターが20を超えたところで、他の場所の様子が気になったので移動です。




その後、色々と湾内を廻ってみましたがダメでした。エサが少し残りましたが納竿。

今日は、何故か仕掛けの絡みも多く、根掛りも3回もあり効率の悪い釣行となりました。ま、このポイント、根掛りが多いのは知っているのですが、サビキ命なので…。



本日の釣果です。

本命、「12-24cm」21匹の内、19匹キープ。20cmオーバーは26cmの1匹。

その他に、チャリコ5匹を猫のお土産用にキープ。あと、ハゼを2匹野良猫へ贈呈。



本日の釣果   21匹(内19匹キープ、20㎝以上1匹)、4.20匹/h
        今年度累計1,692匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M or 833ML
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 or 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 or 8号 or 5号
        手製1本 or 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-12-20 | カテゴリ:キス釣行記
今日は、昨夜から落ち出した雨が、一日中降り続き出撃出来ませんでした。
また、明日も雨か雪が降るとのことで、あまり良い予報ではありません…。

だから…と言う訳ではありませんが、昨日はそれまでの悪天候がウソのように穏やかな陽気となったのと、タイミング良く時間が空いたので出撃と相成りました。

潮位1219
潮汐は「中潮」でしたが、大きな潮位変動はなく、午前中は緩やかな上げ潮…。

また、折角の平日なので、土日は人が多い「境水道」に出掛けてみました。



P1050405_convert_20141219192426.jpg
路面の凍結が心配でしたが、問題なく7:30過ぎに美保関の「男鹿」に到着。防寒対策や何だかんだで、「ハズレ」には8:00前に…。

ルアーマンが1人おられましたが、入れ替わりで帰られたので、今日は久しぶりに貸切状態です。


P1050412_convert_20141219192645.jpg
気温は2℃でしたが、風もなく、また日差しもあるせいか寒さは感じません。

ご覧の通り、干潮時刻でゴロタ石スペースが普段の倍以上…とパッと見、投げ易そうですが、無風なのに昨日までの余波のせいか、波立っているので関係ありません…。


P1050413_convert_20141219192801.jpg
こんな感じで波が…。

しかも、大荒れの影響でニゴリが酷いです。干潮が6:23なので、時間的には上潮のハズですが、下げ潮のまま…。

釣れない条件ばかりで、せめて上潮になるまでと頑張ってみたものの、10時になって


P1050409_convert_20141219192546.jpg
も変わらず、結局、「本命」は19cmの1匹のみ。あと、チヌゴ2匹と珍しくフグが4匹釣れました。

一応、外洋ならニゴリも少しはマシになるかと思い、「杢井」まで行ってみましたが、まったく同じ色だったので、投げることなく撤退です。


P1050414_convert_20141219192906.jpg
で、いつもの「恵曇港」…。

でも、内湾はキャラメル色。外湾も、多少マシですが、何処も日本茶にコーヒーを混ぜた感じ…。

しかも、海面はホンダワラの流れ藻だらけ…。



P1050415_convert_20141219193059.jpg
少しでも、マシなポイントを求め、湾内を右往左往してみますが、まったく釣れる気がしないので、納竿も頭を過りましたが、ダメ元で投げてみることに…。

で、前回釣れた「JF冷凍冷蔵庫横」から投げてみると…



P1050421_convert_20141219193545.jpg

なんと、1投目からキス…。

ニゴリなんて関係ないかの如く、その後も釣れ続けます。

ポイントも近いですね。





P1050418_convert_20141219193346.jpg
途中、こんな外道も…。

私はカレイは、詳しくないのですが、たぶん「イシガレイ」のハズ(間違っていたらすみません…)。

23cmだったので、ハリスを切ってお帰り頂きました。



P1050425_convert_20141219193711.jpg

21cmとピンの連。

なんか、濁って無い時より釣れる感じ…。

この頃には、気温は8℃まで上昇。日差しもあり、ポカポカ陽気に…



P1050435_convert_20141219220823.jpg
すると、その陽気に誘われギャラリーが…今日は5匹。

キスが釣れる度に、「ニャー(ちょうだい?)」と近づいてきますが、流石にキスは勿体無いので、ハゼが釣れた時だけ投げてやると、壮絶な兄弟?喧嘩が始まります…。



P1050444_convert_20141219221142.jpg

その内、南東の風が強くなったのと、アタリも少なくなったので「新市場前」に移動。

そこそこ釣れるのですが、根掛りが多く、オモリと仕掛けを2セット消失…。




P1050446_convert_20141219221238.jpg

すると、根掛りの原因者の登場です。

最近、ここに来るたびに見かけるので、毎日、仕掛・回収しているようですね。

寒い中、お疲れ様です…。



P1050451_convert_20141219221446.jpg
効率が悪いので、最初のポイントに戻ると、時合なのか良いサイズが釣れ出しました。

今日イチの24cm…。

このサイズが、コンスタントに釣れれば、わざわざ「境水道」まで遠征する必要は無いのですが…。


P1050457_convert_20141219221651.jpg
で、良い感じで釣れ出したのですが、「境水道」で餌の無駄打ちが響いたせいか、餌が無くなり納竿。

前回は、「風がなければ…」でしたが、昨日は「ニゴリが無ければ…」と難しいですね。まあ、それが“釣り”の面白いところかもしれません。


P1050468_convert_20141219221800.jpg
本日の釣果です。

本命、「12-24cm」21匹の内、19匹キープ。20cmオーバーは3匹でした。その他に、チヌゴを2匹キープとハゼを3匹野良猫へ贈呈。

あと、イシガレイ(たぶん)を1匹とフグ4匹リリース。


本日の釣果   21匹(内19匹キープ、20㎝以上3匹)、3.71匹/h
        今年度累計1,671匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製1本 or 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-12-18 | カテゴリ:釣行後記


昨日は、台風並みに発達した「爆弾低気圧」の影響で、日本海側は大荒れ…。

松江市内も、積雪こそありませんでしたが、瞬間最大風速29.8mを観測、気温も日中は0℃前後と冷え込みました。





恵曇港がある鹿島町も、12月の史上最大風速を観測…。

西風なので、西向きの恵曇港は、こんな感じでエライことになっていたようです。






増強工事が終わり、天端高が10m近くになった「新々堤」も、軽々と波が越え、堤防高の倍以上の波飛沫が出来ていたとのこと。

今日は、風は弱まり気温も上がりましたが、6cmの積雪があり市内は雪景色…。




地上は雪景色、海上は大荒れで、海水面は10℃を切るようになりましたが、海中はまだ16℃以上あります。

、10℃を切るとシロギスの捕食行動も低下するようなので、まだ水温の高い深場にシロギスも溜まっているハズ…なので、こんな時期でもまだまだ釣れるのです…。

明日は時間が空いたので、風がなければ久しぶりに平日出撃を考えています。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-12-14 | カテゴリ:キス釣行記
今週末も「週末寒気団」のせいで大荒れ…。
昨日の松江市内は、最大瞬間風速22.5mを記録…さすがに自宅待機でした。


さて、今日も引き続き大荒れ模様ですが、小潮で潮位差があまりない潮回り…。

悪天候でしかも投票日、釣人も少ないハズ…と言うことで、1ヶ月ぶりに「境水道」へ出撃です。



7:00前に美保関の「男鹿」に到着。「ハズレ」まで歩いて来ると、3人のルアーマンがいますが、私が入りたい場所には誰もいません。

水温は10℃以下で、風はそんなに強くありませんが、投げてみると結構な下潮です。




で、1投目からアタリがありましたが、根掛りしてプッツン。2投目も後方の雑木に引っかけ、連続プッツン…。

久しぶりなので、勘を取り戻すまで時間がかかりましたが、ようやく3投目で、20cmのヒネサイズが掛ります。




ただ、下潮がきついので少し東側に移動。

相変わらずの下潮なので、潮上に投げて仕掛けを流すことの繰り返し…

すると、散発的ですが良いアタリがあります。




18cm以上ばかりで、時折20cmオーバーも掛り、風雪の中でも楽しいですね。

今日イチの27cm。次投も26cmと連続で25cmオーバーが掛りますが、西風が強くなりクーラも倒れ、岩場に立っていられないほどに…。




アタリも取れないのと、更に下潮も一掃キツクなってきたので、泣く泣く撤退です。

ココでは、本命「18-27cm」を10匹全てキープ。

あと、チャリコ7匹の内6匹と、トラハゼを1匹だけキープしました。



さて、「男鹿の護岸壁」ですが、道路工事が12月完成。

杢井のように路肩が広くないので、護岸壁から投げ難くなり、道路から投げるマナーの悪い輩が増えそうですね。
、釣り禁止にならなければいいのですが…。




エサも少し残っているので、いつもの「恵曇港」へ。

コンテナを風避けにして、JF冷凍冷蔵庫横から投げてみますが、1投目はアジ。

ということは、魚の活性はあるようなので、「本命」も釣れそう…。



で、想像したとおり2投目で「本命」が釣れます。

しかも20cmと良型…

が、横風が強く、1色以上の糸ふけが出来てしまい、アタリがイマイチ分かりません。





その後も、投げる度にスバリなく釣れますが、ラインが前ではなく、ほぼ横を向いてしまいアタリが手元まで伝わりませんね。

18cm前後のサイズなのですが、コツコツとした感じ。





まだまだ釣れた感じでしたが、横風が強く投げ難いのと、アタリが分からないのが致命的で、面白くないので風裏の「新々堤」へ…。

ココでは、30分ほどで本命「16-20cm」10匹全てと、アジを1匹キープ。




ここで釣っていると、市場に住み着いた野良猫が寄って来て、「ニャーニャー」と餌を要求してきます。

時化続きで、市場の水揚げもなく、また釣人も居なかったようで空腹のようです。仕方なく、鯵とチャリコとトラギスを与えても逃げません…。



最後の「新々堤」です。

追風にのり、軽く投げても4色出て行きます。

また、時折、高い堤防を越えて波飛沫がかかるのが難点ですが、堤防が風避けとなり釣り易いのですね。




が、アタリはありません…。

結局、本命「15-19cm」4匹追加したところで、餌が無くなり納竿です。

今日は、久しぶりに「境水道」で投げれたのですが、潮回り、天候、ポイントと条件が揃うのが難しいですね。


25cmオーバーだけで、ツ抜け出来そうな感じだっただけに残念でした…。


先ずは「男鹿」の釣果。

左の写真は、「20cmオーバー(20、23、25、26、27cm)」の5匹です。

25cm以上は丸太のように太っているので、20cmがまるでピンギスに見えます…。




右は、20cmオーバー以外の「男鹿」の釣果です。

本命、「18-19cm」5匹とチャリコ7匹の内、6匹キープ。あとトラギスが1匹だけ釣れました。

トータルで、「18-27cm」10匹全てキープです。



最後は「恵曇港」の釣果。

本命、「15-20cm」14匹全てキープ。20cmオーバーは20cmの2匹でした。

ファーストヒットで、アジが1匹だけ釣れましたが、野良ネコちゃんへ贈呈…。




例年、この時期のキスを捌くと、手が脂でヌルヌル…。

体内脂肪…

半端ないです。

また、26cmと27cmには卵巣がありました。




19cm以上の16匹を、刺身用に3枚に下ろしました。

この時期のキスの刺身を食べたら、病みつきになります…

、釣人の特権ですね。
これだから、雪が降ってもキス釣りを止められません…。



本日の釣果   24匹(内24匹キープ、20㎝以上7匹)、5.14匹/h
        今年度累計1,650匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製1本 or 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-12-09 | カテゴリ:釣行後記

先日、雨中でシロギスを釣っていると、何やらプカプカと漂流物が…。

よく見ると「ソデイカ」。
山陰地方では「アカイカ」と呼びますが、一般的に言われる「アカイカ」とは別物で、北陸地方では「タルイカ」と呼ぶようです。



外套長80センチ以上、重さ10〜20キロにもなる食用としては最大級のイカ…。

このイカは、夏から秋にかけて対馬暖流に乗って日本海に入ってきますが、冬の季節風の影響で沿岸部まで流されるようで、この時期に浜辺や湾内で良く見かけられます。



たぶん、先週の台風並みの季節風で漂流してきたようですが、私はこのイカがいる場所で投げるようにしています。

その心は?というと、もともと暖海性のイカ…。なので、少しでも水温が高い水域を求め彷徨っているハズ。




同様に、この時期のシロギスも、なるべく水温が高い場所を求め溜まっているハズ…。

まあ、飽く迄も自説ですが、試しに水温を測ったところ、このイカが泳ぎ廻っていた水域が一番高かったので、強ち的外れでもないようです。
実際、キスも釣れたし…。


このイカは、そのまま生では味も甘味もなく、また食感も硬いのですが、一度冷凍すると味・食感とも一変し、旨くなります。偶然ですが、先週の土曜日、テレビで「アカイカのステーキ」を紹介していました。

「ジョブチューン(TBS系列、おおよそ隔週土曜日放送)」という番組で、各職業のプロフェッショナルを呼んで、専門家ならではの知られざるヒミツをぶっちゃけ!するという内容で、私も好きなプログラムです。今回は『日本の超一流漁師大集結SP!』と題して、全国の超一流の漁師たちが、ぶっちゃけトークを披露…。
その中で、鳥取県のイカ漁師が登場し、イカについての薀蓄を紹介していました。

最後に、その映像を貼り付けておきますが、アカイカ漁師は“ぶっちゃけランキング”1位だったので、終盤の「1:44:10」頃に登場します。

アカイカ3

アカイカ2



ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-12-07 | カテゴリ:キス釣行記
今週は冬型配置が強まり、台風並みの大荒れの日が続きました。
昨日も雨と強風のため出撃を見合わせましたが、本日は曇の予報…。
まだ、西風がやや強く吹くようですが、「恵曇港」の新々堤(北沖防)なら堤防を風除けにすればなんとかなると思い、強行出撃しました。


8:00前に新々堤に到着。7、8mの西風が吹いていますが、10m近い堤防のおかげで気になりません。

途中、佐陀川の水温を測ると8℃もありません。その影響のせいか内湾は10℃以下、しかもニゴリが酷いので、今日はダメですね。



因みに、外湾は11℃台。

で、第一投…。

投げた途端、結構なアメが落ちてきます。

一旦、置き竿にして、車まで戻り一時待機。30分ほどで雨が弱まったので再開。



再開後、連続で2匹掛りますが、暫くすると本格的に雨が降って来ます。

今度は、タックルごと避難。

天気予報では「くもり」だったハズ…と、恨めしそうに車中から外を眺めていると…




必殺、仕掛人登場。仕掛を回収して帰って行きます。

これで、投げられる範囲が広がりそう…あとは天気が回復するだけ…

と思いきや、直ぐ戻ってきて仕掛けを投入し始めます。




始点と終点しかブイが無いので、“パッと見”分かりませんが、大体いつもこんな感じ…

仕掛けも入ったし、一向にアメも止まないので一時帰還。

少し用事を済ませ、気象レーダーを確認すると活発な雨雲はありません…エサもあるし再出撃しますが、またアメ。



仕方なく、向い風になりますが市場で雨宿りしながらの釣行。でも、目の前には仕掛けがあるのでサビけません。

で、置き竿にして暫く待つと釣れます…が、面白くない。

どうしても、“釣れた感”が性に合わない…。



と言うことで、アメが小降りになったところで、サビけそうな場所へ移動。

南へ100mほど歩いて、仕掛の入っていない「新堤」側へやってきました。

で、投げてみると…




ピンポイントで釣れます。

数メートルずれると釣れませんが、そのポイントに投げ込めば「本命」が掛ります。

また、狭い範囲で群れて移動しているようで、アタリが遠退くと、少し移動すれば、また釣れ出す感じ…。



で、順調に釣れていたのですが、急に土砂降りに…。
10分ぐらい我慢して投げていたのですが、我慢の限界を超え、泣く泣く納竿です。

近くで、朝から釣られていた人が30匹以上釣っていたようなので、今日はこの辺りに溜まっていたようです。



本日の釣果です。

本命、「12-20cm」14匹の内、13匹キープ。20cmオーバーは1匹でした。その他、チャリコを8匹の内4匹キープとハゼを3匹キープ。

あと、キカナ、テカミを各1匹リリースです。


本日の釣果   14匹(内13匹キープ、20㎝以上1匹)、4.20匹/h
        今年度累計1,626匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-12-05 | カテゴリ:釣行後記
P1050227_convert_20141130180731.jpg
先日、釣れた鯛…。

と言っても12、3cmのチャリコですが、猫のエサにと捌こうとしたら、何やら口の中からモソモソと出て来ます…

パッと見、白いフナムシの様…フナムシのアルビノ?
と思いきや…


P1050228_convert_20141130180827.jpg
無理やり、引き摺り出してみると、「タイノエ」。

タイノエとは、等脚目ウオノエ科に属しているダンゴムシやフナムシに近い生物で、主に鯛の口の中に寄生…。

タイノエは生まれた時点では性別は決まってなく、先に口に入ったほうがメスとなり、

必然的に2匹目がオスに性転換する生物で、今回は1cm程度の幼体(1匹だけだったのでメス)でしたが、成体はメスが4~5cm、オスが2cmくらいと意外に大きくなります。寄生したタイノエは、魚の舌から体液を吸い取り腐らせて、自分自身が舌になり代わり、魚が食べるエサなどのおこぼれを食べるという説もありますが、実際は上顎に張り付いているケースが多く、血液などの体液を吸っているようです。

タイノエを漢字で書くと「鯛の餌」…で、釣った鯛の口の中で見つかるために、このような名を付けられたようですが、実際に餌になっているのは鯛のほう…なのです。

でも、決して泳ぎが得意そうでもないタイノエが、どうやって鯛に寄生するのか?
また、何故、鯛と他の魚と見分けられるのか?何故、鯛なのか?…疑問です。
、前者の疑問は、夜、鯛が寝ている間に鰓から寄生すると想像出来ますが、後者の疑問については、凡人には分かりません…。

鯛の餌





ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-12-02 | カテゴリ:釣行後記
冬型配置
本日の日本付近は、等圧線が何本も縦に並んで、強い冬型の気圧配置になっています。

山陰地方も、台風並みの西風が吹いており海は大荒れ…。

また、強い寒気も流れ込んできていて、最高気温も5℃と真冬並みの寒さです。




松江市内は、1日夜から2日朝にかけて初雪となり、日中もチラチラと雪が…。

で、今日の「古浦海岸」。

6、7mの波が押し寄せ、折角、夏場に綺麗にしたサーフも、無残に削り取られ見る影も無いとのこと…。



そして、「恵曇港」…

嵩上げ工事が竣工したばかりの「新々堤」も、軽々と波が超えているようです。

去年もそうでしたが、初雪が降ると「サーフ」でキスが釣れなくなります。益々、釣れる場所が限られてきますね。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ