2014-09-28 | カテゴリ:キス釣行記
きのう今日と、「Dsmarts」で「境水道」に立ち向かうには、無理な潮回り。
なので、同じ「美保関」方面でも、今日は日本海側へと決めていたのですが、何処に行くか迷うところ…。
そこで、過去のデータから、この時期、数・型とも実績が高い「千酌」へ向かいます。


5:30過ぎに到着。
準備をして、6:00前の日の出と共にスタート。

1投目、着水をして糸ふけをとっていると、いきなり強烈なアタリ。

一気に、眠気が覚めます。




が、「本命」ではなく、キジハタ(アカミズ)…。

でも、アタリはこのファーストヒットのみ。アッチコッチ投げてみますが生命反応なし…です。

以前より、浅くなって根掛りしやすくなった感じ…。




20分ほどで「千酌」に見切りを付け、更に東走して「法田港」へ移動。

7:00前に到着しますが、霧が立ち籠っていて、幻想的…いかにも、巨ギスが釣れそうな雰囲気、ムンムンです。




でも、現実はと言うと…

こんな感じ。

チャリコ、キカナ、メゴチ、フエフキ、キュウセン、カワハギ、エソと、外道のオンパレード。投げる度に何かしら釣れます…。





外道、2、3匹に1匹のペースで「本命」も掛りますが、期待していたのとは程遠いサイズばかりです。

偶に“連”で掛りますが、小枝と仕掛けも絡んで、芸術的なモニュメントのよう…





期待した「本命」は釣れませんが、時折、こんなのが遊んでくれるので、ついつい長居をしてしまいます。

結局、本命「12-18cm」が9匹(内8匹キープ)と、“ツ抜け”出来ず…撤退です。




流石に、9匹だけでは寂しいので、途中で用事を済ませ、「恵曇港」へ。

ただ、この時点で、残りの砂虫が半分以上死滅。

なので、1時間投げられるかどうか…。




で、定位置の「沖防」の南端から投げてみますが、「いいアタリはあれど、のらない」感じが続きます。

ただ、たまに掛るのが「本命」なので、アタリの主も「キス」ってことなんでしょうが、まるで冬場の釣行のような渋さ…です。



昼過ぎに、餌か無くなった…というより、使えるエサが無くなったので納竿。

ここでは、本命「12-20cm」が5匹(内4匹キープ)。外道はメゴチ、キカナ、カワハギが1匹ずつで、チャリコは0匹でした。




本日の釣果です。

本命、「12-20cm」14匹の内、12匹キープ。20cmオーバーは20cmの1匹。

また、20cmも含め、良型のほとんどが「恵曇港」。





その他の外道達です。

チャリコ9匹(内4匹キープ)とキカナが6匹(内3匹キープ)、キジハタ1匹とアジ2匹をキープ、キュウセン2匹(内1匹キープ)、カワハギ3匹、メゴチ4匹、フエフキ7匹、エソが1匹で、キスを入れて“10目達成”…。



以前、キジハタを刺身にしたら美味しかったので、キジハタとキカナ3匹を3枚に下ろしてみました。

あと、キスも捌きましたが、昨日今日と卵巣が小さいか、無い個体が多くなりました。月の初めはパンパンだったのですが…そろそろ、“落ち”なんですかね。

本日の釣果   14匹(内12匹キープ、20㎝以上1匹)、2.80匹/h
        今年度累計1,290匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M or 833ML
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 or 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 or 5、8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ


スポンサーサイト
2014-09-27 | カテゴリ:キス釣行記
今日は、久しぶりに「北浦海岸」にやって来ました。
ブログを始める前の、一昨年以来なので2年ぶりです。3年前までは、“風に強い”ので、他のポイントがダメな場合は頻繁に通っていたのですが、最近は疎遠になっていました。「風に強い」=「荒れない」=「底に変化がない」=「キスの潜む場所がない」と言うことで、見た目ほど釣れません。また、フグが多いのが難点…ということで、ここ2年は投げていませんでした。

北浦海水浴場
では、何故、今日なのか?
というと、3年前の9月末日、「18-28cm」が“時速27匹”で釣れたことがあったのです。

いわゆる「秋ギス」…あの感激、快感をもう一度…。




ということで、やって来ました「北浦海岸」…。

遅めの8:00前に到着。

ココは5色付近に、洗掘防止用の“コンクリート護床”があるので、「903M」 でフルスイングで丁度良いですね。




で、1投目、いきなり「18cm」と「16cm」の連。

2色とポイントも近いので、タックルを近投仕様にかえ、オモリも5号にします。

が、群れていないようで、後が続きません…





結局、テクテクと歩いて、西端の流れ込みまで移動。

岩場とシモリの間隙に溜まっているようで、投げる度に釣れますが、“秋ギス”にはほど遠いサイズばかり…。






なので、ツ抜けしたところで、お隣の「北浦港」へ移動です。

サーフ、船降ろし場、波止からと、色々な場所から湾内を攻めてみますが…





海水浴場側と、あまりサイズが変わりません…

フグも多く、仕掛をやられるので撤収です。

本命は、「海水浴場」で11匹、「北浦港」が5匹、サイズは「12-18cm」でした。





更に、お隣の「稲積港」へ移動です。

湾内に投げればフグ、外洋になげればカワハギ…

と、外道しか釣れないので、4投でココも撤収です。




北西へ3kmほど移動、久しぶりに「笠浦港」へやってきました。

取敢えず、「北波止」の先端に釣座を構え、湾内へ向けて第1投…着水して糸ふけをとっているといきなり良いアタリが連発します。




我慢できず、回収すると20cmの本命が、針を2本咥えて上がって来ました。

幸先良いスタートでしたが、その後がサッパリ…。

チャリコすら掛らず、結局、本命は20cmと16cmの2匹だけで撤退。



最後は、いつもの「恵曇港」へ12:30前に到着。

釣人も少なく、中防にも誰もいないので、1時間ほど投げてみます。

潮の動きも少なく、アタリも散発的ですが、時折、20cmオーバーも掛ります。



他のポイントに比べ、そこそこのサイズが揃います。

粘れば、まだまだ釣れた感じでしたが、予定の1時間がきたところで納竿。

ココでは約1時間ほど投げて、本命「16-21cm」が6匹でした。



本日の釣果です。

本命、「12-21cm」24匹全てキープ。20cmオーバーは3匹でした。

外道は、チャリコ9匹(内2匹キープ)とフグが5匹、カワハギ3匹、メゴチ、マハタ、フエフキが各1匹。


本日の釣果   24匹(内24匹キープ、20㎝以上3匹)、5.76匹/h
        今年度累計1,276匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M or 833ML
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 or 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 or 5、8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ


2014-09-23 | カテゴリ:キス釣行記
今日も懲りずに、キス釣りに出掛けました。
3連投後、中4日で2連投。そして中1日で今日…と登板過多。マー君は故障から復帰しましたが、代わりに私が故障者リスト入りしそう…。
で、少々お疲れモードなのと、ガソリン代もバカにならないので、「美保関」方面への遠征は控え、近場の「恵曇港」へ向います。

5:30前に到着。日の出が6:00前なので、まだ真っ暗です。
今日も東風のようなので、「沖防」の南端からお気楽釣行を決め向いますが、何やら光るものが蠢いています。大きな蛍?…ではなく、先客が夜釣りをされています。早く来過ぎたと思ったのですが…この出だしの躓きから、一日の“苦投”が始まるのです。


仕方ないので、30mほど離れて投げてみます。

1投目、アタリもなく途中で根掛り…リーダーのノット部分からプッツン。根掛りするポイントでもないのに、おかしいなと思いながら第2投、また、根掛りでプッツン…。




連続根掛りで、私もプッツンしますが、どうやらカニ籠が入っているようです。

夜が明け、明るくなってから”仕掛人”登場。

しばし、回収作業を眺めていると、カニ籠ではなく、刺し網のようです。



一網打尽…。

また、底を荒らして帰っていったので、「沖防」を諦め「南防」へ移動。

でも、風も潮も横からとなり、釣辛いですね。





時折、こんなのが遊んでくれますが、「本命」らしきアタリすらありません。

で、実釣1時間ほどで撤収。

結局、カワハギ2匹、チャリコとエノハ(ヒイラギ)とハゼが1匹ずつ釣れただけ…




いまさら「美保関」方面に向かっても、出遅れ感が…

ということで、移動時間も勿体無いので、お隣の「古浦海岸」の海水浴場側へ。

10時には「ジェットスキー軍団」が来襲するハズなので、それまでの勝負です。



が、生命反応なく、テクテクと歩いて西ノ島側までやって来ました。

投中、投げ師が1人おられたので状況を聞くと、「アタリはあれど、のらない」とのこと。まあ、アタリがあるなら魚はいるハズ…




で、最後のテトラ積み前でやっとアタリ。ピンポイントですが「12-15cm」サイズが次々と釣れます。

タックルを「833ML」に替え、オモリも5号にすると、小さいサイズなりにアタリが楽しめます。




そこそこ数が釣れたので、大型を求め岩場に行こうと歩いていると、波打ち際の色が変わっている場所…

よく見ると、プランクトンが湧いていて、それを狙ってコイワシが跳ねています。

釣れそうな雰囲気…。




そこで、投げてみると、3色から2色ラインになった途端、ビンビンとアタリがあります。

さっきのテトラ前より2,、3cmサイズアップです。






ただ、ピンポイントで溜まっているようで、2、3mずれると全くかかりません。

30分ほどフィーバー状態でしたが、プランクトンの消滅と共にアタリも消滅…。





そうこうしていると、10:30過ぎに「ジェットスキー軍団」が遅めの出勤。

出だし2時間半、まったく釣れず、坊主も覚悟したのですが、本命「12-18cm」が24匹と、まずまずの釣果となったところで、納竿…




のハズでしたが、帰途、佐陀川を渡って「恵曇港」を見渡すと「沖防」の南端が空いており、澪筋に沿ってキレイな潮目が…

そこで、エサも少し残っているので、1時間ほど投げてみることにしました。





潮目狙いで、スバリなく連続で釣れます。

最初は「古浦海岸」と変わらないサイズでしたが、満潮が近づくにつれて、サイズアップします。





その内、「21cm」も釣れたりして、朝方のテンションと大違いです…

粘ればまだまだ釣れた感じでしたが、餌が無くなり納竿です。しかし、こんな長時間投げたのは久しぶり…

苦闘でした。



左は「古浦海岸」の釣果。

本命、「12-18cm」24匹全てキープ。20cmオーバーはありませんでした。

あと、外道はフグが2匹のみで、珍しくメゴチとチャリコが掛りませんでした。




右は「恵曇港」の釣果。

本命、「12-21cm」12匹の内、11匹キープ。20cmオーバーは21cmの1匹。

外道は、チャリコ5匹(内2匹キープ)とメゴチ6匹、カワハギ2匹とハゼ、マハタ、ヒイラギが各1匹でした。


台風16号
ところで、台風16号(フォンウォン)が、明日から明後日にかけて襲来、進路予想では山陰沖を通過するとの事。

途中で「温帯低気圧」に変わるようですが、局地的に強雨や大雨となる可能性があるようで、一気に水温が下がるかもしれませんね。


本日の釣果   36匹(内35匹キープ、20㎝以上1匹)、5.54匹/h
        今年度累計1,252匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M or 833ML
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 or 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 or 5、8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ


2014-09-21 | カテゴリ:キス釣行記
今日は「中潮」ですが、干潮6:25前後の潮止まり狙いなら何とかなると思い、昨日の残りのジャリメを持って「美保関」方面へ向かいました。
昨日、そこそこ数が釣れたので、今日は数より「25cmオーバー」狙いです。

美保関の「男鹿」に5:10到着。日の出は5:53なので真っ暗…。
月齢も「26.5」なので、月明かりも期待出来ず、しばらく車中で待機。
5:30過ぎになり、うっすらと明るくなったので、準備して「ハズレ」へ向かいます。


5:50 日の出と共にスタートしますが、あと30分ほどで干潮というのに、物凄い下げ潮です…。10号のアームシンカーなんて“あっ”と言う間に流されていきます。

そろそろ根掛りしそうなので、回収しようとした途端、物凄いアタリ…



でも、「アカミズ」…。

30分ほど投げてみますが、釣れたのはファーストヒットのこれだけ。チャリコすら掛りません。

ということで、潮の流れが収まるまで一時撤退。




6:20 「ハナレ」から「護岸壁」に上がって来ます。

降りる時は暗くて分からなかったのですが、県道の付け替え工事がそろそろ始まるようで、雑草が刈られ至る所に「立ち入り禁止」の看板が建っています。




6:40 「男鹿」から約2.5kmほど北上、日本海側の「雲津港」に来ました。

「西波止」から投げたかったのですが、朝早くから釣人で賑わっています…

で、仕方なく湾内の「石積み波止」へ…。



しかし、最近は何処に行ってもエギンガーだらけ…

昔は、こんなところで釣っていると、逆に珍しがられたのですが…。

6:50 実釣40分経って、やっと「本命」です。でも、湾内はチャリコだらけ。



7:35 「西波止」の先端が空いたので移動します。

が、エサ取ばかり…7:50 1時間ほどで撤退です。

ここでは、本命は「17cm」の1匹のみ。あと、チャリコが7匹、フエフキ2匹、カワハギとフグが1匹。

  


8:20 再び「男鹿のハナレ」へ到着。

干潮から2時間経っていますが、沖の釣舟は相変わらず右を向いていますね…。

2時間前より緩やかですが、潮は下げており、外道のアタリすらありません。



8:43 一向に潮が変わらないので、これで釣れなかったら「法田港」へ移動しようと思った“最後の1投”…ようやく「本命」です。

「18cm」でしたが、この1匹で、もう少しこの場所で粘ることに…




9:09 暫く我慢して仕掛けを流していると、何の前アタリもなく、竿先が1m近く引っ張られます。

手前の藻場に苦戦しながら回収すると、待望の「25cm」。この1匹で、最後までココで釣ることに決定。





9:49 干潮から約3時間半経って、ようやく流れが止まります。

25cmから40分後、「ガツン」とアタリ。回収すると、まるまると太った「23cm」でした。




10:15 沖の釣舟が横を向き始めます。どうやら、上げ潮に変わったようですが、干潮から4時間…
「境水道」の潮を読むのは難しいですね。

流れが変わり、チャリコが釣れ出しますが、本命も釣れ出します。




23cmから約30分後、スリムな「22cm」を追加。

その後も、この場所では珍しく連で掛ったりして…

遠回りしながら、2時間かけて、ようやくツ抜け。




10:40 再び「23cm」。

潮の流れは緩く、粘ればまだ釣れそうな感じでしたが、東風が強く吹き始め、釣り難くなったので納竿。

ここでは、本命は「12-25cm」が15匹、内14匹をキープしました。



ちなみに、本日の境水道の水温も、21℃台でした。

そろそろ、サーフの波口でピンギスが釣れなくなり始める頃ですね。

それに変わり、3-4色で成魚、18cm以上の型が爆釣になれば良いですね。



左は「20cmオーバー」を除く釣果です。

本命、「12-19cm」12匹の内、11匹キープ。

その他、チャリコを7匹、アカミズ(キジハタ)を1匹、ホシノササべラ(メス)を1匹キープです。



右は「20cmオーバー」で、22cm、23cm×2、25cmの4匹です。

外道は、チャリコ13匹(内7匹キープ)、フエフキ2匹、カワハギ3匹、アカミズ(キジハタ)とホシノササべラとフグとメゴチが1匹ずつでした。



中国ではキスのことを「鼠頭魚」と書くそうですが、見た目、“ネズミ”というよりは“ウマズラ”…。

特に、25cmを超える個体は、顔が長くなるので、馬そのものですね。“ウマズラハギ”とか“馬頭鯛”より馬っぽいと思うのですが…。


本日の釣果   16匹(内15匹キープ、20㎝以上4匹)、3.31匹/h
        今年度累計1,216匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M or 833ML
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 or 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 or 5、8号
        手製1 or 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ


2014-09-20 | カテゴリ:キス釣行記
今日は若潮。潮回りが小さいので、「美保関」方面で投げてみる予定でしたが、予報を確認すると東風が強く吹くようなので、変更して東風に強い「恵曇港」に向いました。


7:00前に到着。

既に東風が吹いているので、追風で投げ易い「中防」に釣座を構えます。

で、「沖防」と「南防」には、先客がおられますが、ココには誰もいません。




干潮が6:51なので、丁度、下げ止まりのハズですが、澪筋に沿って、綺麗に潮目が出ています。

そこを目掛けて投げ込むと、1投目から良いアタリがあり、いきなり22cmと16cmの連掛と好スタート。





その後も潮目狙いで、20cmオーバーの良型が連続で掛ります。

ポイント的には4色と、「南防」の方が近いですが、コチラからだと追風になるので、問題なし…です。




また、仕掛を♪潮の流れに身をまかせ~♪ることになるので、移動する気はまったく無し…です。

で、今日イチの23cm。

その他も18cm前後がメインで、ピンギスが混じらなくなりましたね。



1時間足らずで、簡単にツ抜けしたのですが、潮目が無くなった途端、同じポイントで釣れなくなります。

少しずつ投げるラインを変えると釣れますが、ペースダウンにサイズダウン…します。





2時間ほど我慢の釣りが続きましたが、11:00頃から再び潮目が出来始め、アタリも戻って来ました。

久々の20cmです。

7時台に4匹釣れて以来、約4時間ぶりの「cmオーバー」です。



昼前になり、ちょっとした入れ食い状態となりましたが、用事もあったので、昼過ぎに納竿です。

今日は土曜日だったなので、レジャーボートが少なかったのも、釣果アップの要因かもしれません。




右は前半戦の2時間(7:10-9:10)の釣果です。

本命、「13-23cm」18匹の内、17匹キープ。あとチャリコを1匹キープです。

20cmオーバーは21cm×2、22cm、23cmの4匹でした。



左は後半戦の3時間(9:10-12:10)の釣果です。

本命、「14-20cm」20匹全てキープ。20cmオーバーは20cmの1匹だけ。

外道はチャリコが4匹(内1匹キープ)、メゴチが5匹、マハタとヒイラギが各1匹。



今日、海面の水温を測ったのですが、大体が21~22℃の間でした。

シロギスは、22℃以下になると、産卵をしなくなり始め、20℃を切ると、水温が安定した深場へ移動…つまり、落ち始めると言われています。



「秋ギス」とは、その落ちる前に、比較的浅場にやってきて、荒食いする中型以上のキスのこと…。

恵曇港の湾内で、20cmオーバーが釣れ始めてきたということは、そろそろ「秋ギス」モード…ですかね。



本日の釣果   38匹(内37匹キープ、20㎝以上5匹)、7.60匹/h
        今年度累計1,200匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ


2014-09-15 | カテゴリ:キス釣行記
連休最終日もキス釣り…3連投です。
今日はチョットだけ早めの出撃。夜明け前の4:30に「恵曇港」に到着
で、その心はというと、“夜釣り”を始めてみようと思ったから…。
基本、置き竿が嫌いな私は“夜釣り”未体験。また安全面も不安があったのですが、“数は釣れないが大型が釣れる”ということで、まさに今の私の狙うところ。
だだ、いきなり貫徹では不安なので、1時間ほど疑似体験…ということです。

ライトを頼りに「中防」の先端までいきますが、近くに外灯があるのと月明りで、うっすらとですが足元が確認出来ます。
車に戻り、準備をして青虫を1匹掛けして投げ始めたのが4:50…。
日の出が5:51なので、1時間弱の“夜釣り”初体験となります。


置き竿にして、2本目の竿を準備していると、ドラグが「ジィー」と鳴ります。

回収すると、20cmの本命です…が、フラッシュをOFFにしていたので真っ暗です。でも、よく見て頂けると右上に蛍光ビーズが…。




あっ、と言う間に明るくなりました。暗かったのは、結局、30分ほど…

この間の本命は、この1匹だけ…。結果的には、この日釣れた中では1番大きかったので、“数は釣れないが大型が釣れる”ことになるのでしょうか。



日の出頃になり、隣に人が来られたので、置き竿を止め、引き釣りに変更。

ココから2時間ぐらいは、飽きない程度に釣れたのですが、釣舟の出船ラッシュのため、待ち時間ばかりで効率の悪い釣りに…




その内、時合を過ぎてしまい、バッタリとアタリが無くなります。

私の他に3人おられたのですが、同じ様に釣れなくなったのか帰って行きます。

そこで、堤防の中ほどに移動。すると…



キスらしきアタリがあり、その後に「ギューン」と竿が唸ります…。

なんとか回収すると、宿敵…そう、“ヒラメ”。
33cmとキープするには微妙なサイズ。結局、捌くのが面倒臭そうなので、ハリスを切ってリリース。



で、「本命」はと言うと…

何故、先客が帰られてしまったのかと思うほど、アタリがあります。

同じ場所で連続では釣れませんが、少し移動すれば釣れるパターンが続きます。





移動を繰り返し、先ほど「ヒラメ」が釣れたポイントに戻って投げていると、再び竿を持って行くアタリ…

さっきより、引かないので「マハタ」とも思ったのですが、また「ヒラメ」…。




1枚目より一回り小さく、27cmしかなかったので、即リリースです。

最初のもそうでしたが、裏をみるとマダラです。なので“天然”じゃないですね。

稚魚放流、いわゆる“人工種苗”の個体です。



“これで釣れなかったら帰ろう”という1投で、釣れるパターンが続き、ズルズルと長居をしてしまいますが、3連投で早朝出勤…

お昼を過ぎて流石に疲れてきたので、納竿。本格的に夜釣りをするには、少し時間がかかりそうです…。



本日の釣果です。

本命、「12-20cm」28匹の内、27匹キープ。

外道はチャリコ2匹(内1匹キープ)とメゴチが2匹、ヒイラギが1匹と少ないのが恵曇の良いところですね。あと、ヒラメを2匹撃沈…。


本日の釣果   28匹(内27匹キープ、20㎝以上1匹)、4.20匹/h
        今年度累計1,162匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M and 833ML
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 and 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 and 8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ


2014-09-14 | カテゴリ:キス釣行記
3連休の中日、連投です。
満潮の潮止り前後を狙い、早朝より「境水道」へ向かいますが、中海が見えるところまで来ると道路に水溜りが…。予報では雨は降らないハズですが、雨が降っていたようです。しかも、「福浦港」辺りまで来ると、とうとう大粒の雨が降り始めます…。

なので、「男鹿」に5:30前に到着しますが、雨のため20分ほど車中で待機。6:00前に「男鹿のハズレ」に降りてみますが、釣舟をみると既に軽く下げ始めているようです。予想では、まだ上げていると思ったのですが、「境水道」の流れは相変わらず難しいですね。ま、満潮が5:29なのでその通りなのですが…


先週、チャリコ、外道対策で砂虫を1匹掛けしてみたのですが、どうしても自切しやすく身持ちも悪いので、投入後も1匹の形状を保っているとは限らない。

そこで、今日は青虫(アオイソメ)を1匹掛け…です。





これで、外道を一掃…

と思いきや、なんと水道で一番の“おちょぼ口”のカワハギくんが釣れます。

チャリコも掛るので、さらに大きい青虫投入…。




小さなアタリは無視…

たぶん、チャリコ。

しばらく我慢していると、「ギューン」っと竿先を1m近く持って行きます。

なんとか24cmをゲット。




その後、20cmと17cmを追加しますが、8:00前には下げ潮がキツクなり、仕掛が“あっ”と言う間に流されてしまうので撤退です。

ここでは、約2時間で本命「17-24cm」が3匹のみでしたが、その内2匹が20cmオーバーでした。



島根半島を北上、日本海側の「法田港」に来ました。

こじんまりとした港なのですが、意外にも釣人が多く投げたい場所に入れず…

仕方なく、道路沿いの船着き場に釣座を構えます。





投げてみますが、ここもチャリコが多いですね。

しかも、掛ったチャリコをマハタが丸呑み…で、お刺身に出来そうなサイズだったのでキープです。





「中波止」の先端が空いたので移動…

やっと「本命」が掛りますが、どちらが本命か分からない大きさ…

でも、日本海側の小さな港って大きいのが潜んでいるんですよね…



で、強烈なアタリで上がってきたのが、丸々太った25cmでした。

これ1匹釣れれば、満足…
向い風も強くなってきたので撤退です。

ここでは、本命「12-25cm」5匹の内3匹をキープ。




日本海側を西走。釣場をロケハンしますが、何処も東風が強く釣り難そうなのでスルー…します。

で、結局、いつもの「恵曇港」へ辿り着きます。





「中防」にきますが、今日も誰もいませんね。

取敢えず投げてみると、ポイントは遠いですが飽きない程度にアタリあり…。

しかも、16-18cmのサイズが揃います。




これは、良いアタリで21cmでした。

この時期の恵曇港にしては、なかなかのサイズ。

ところが、急に釣れなくなり、外道のアタリすら無くなったところで納竿です。




右は「男鹿」と「法田港」の釣果です。

本命、「12-25cm」8匹の内、6匹キープ。20cmオーバーは3匹でした。

外道はチャリコが多数(内5匹キープ)、メゴチ4匹、マハタ1匹、カワハギ2匹。



左は「恵曇港」の釣果。

本命、「13-21cm」8匹全てキープ。20cmオーバーは1匹でした。

外道はチャリコ4匹とメゴチ2匹でした。






久しぶりに20cmオーバーが釣れたので、記念撮影…

20、21、24、25cmの4匹、全て太っています。

今日は数は売れませんでしたが、この4匹で満足です。



本日の釣果   16匹(内14匹キープ、20㎝以上4匹)、4.00匹/h
        今年度累計1,134匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M or 833ML
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 or 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 or 5、8号
        手製1 or 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-09-13 | カテゴリ:キス釣行記


7:30前に、「大芦の楡木側」に到着。気温は19℃ですが、日差しがあり暑く感じます。

取敢えず、船降ろし場から投げてみますが…

ちっちゃなメゴチ。




で、2投目はサーフに移動。

が、チャリコ、エソの連…
そして、良いアタリですが、再びエソ…。

“外道三役”揃い踏み…

20分で撤収です。




800mほど東に移動して、「マリンゲートしまね」前にやって来ますが、少し波があり濁っています。

そこで、濁りのない岩場側から投げることに…。

第1投、チャリコの連。




2投目はスバリ。

3投目も、残り1色までサビいてもアタリ無し…根掛りしそうなので、そろそろ回収しようとした途端、“ガンガン”アタリがあります。

あまりに近いのでフグかと思いきや、18cmの連。



砂地と岩場との境目付近とポイントが近いので、タックルを「 833ML+2003PE」に替え、5号のオモリを投げ込むと…連続で18cmの連掛けです。

“爆釣の予感”でしたが、直ぐに釣れなくなります…





アッチコッチ投げて数匹追加したところで、急に腹痛が…アタリも無くなってきたので、これを機に撤退。

ここでは、本命は「16-18cm」が8匹でした。





途中、公衆トイレのお世話になり、少し休憩を挟んで「恵曇」へ11:00に到着。

中防に行くと、今日は誰もいないので、取敢えず南端に釣座を構えます。

で、第1投…スバリ。




2投目…ヒイラギくん。

なるほど…釣れないから誰もいないのか…

今日は、対岸の沖防の枝堤にも誰もおらず、南防も人が少ないですね。

そうゆうことか…



まあ、折角なので少し移動して投げてみると…

あれっ、釣れるじゃん!
しかも、19cmとマズマズのサイズ。

その後も、“投げる度に”とはいきませんが、ポツポツと本命が釣れます。



途中、急に重たくなり、引きもしないのでゴミかと思いきや「ワタリガニ」…

しかも結構なサイズ。

美味しそうですが、卵を大量に抱えていたので、資源保存のためハリスを切ってリリース…です。




少しずつ移動してみますが、外道のアタリすら無くなってきたので納竿です。

ここでは、本命は「12-19cm」が11匹、その内10匹をキープです。





本日の釣果です。

本命、「12-19cm」19匹の内、18匹キープ。20cmオーバーは無しです。

外道はチャリコ8匹(内2匹キープ)とメゴチが4匹、マハタ、ヒイラギ、ワタリガニが各1匹でした。


本日の釣果   19匹(内18匹キープ、20㎝以上0匹)、4.07匹/h
        今年度累計1,118匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M or 833ML
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 or 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 or 5、8号
        手製 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ



2014-09-10 | カテゴリ:未分類
テニス全米オープンで、アジア人男子として初めてグランドスラム準優勝を果たした錦織圭選手ですが、実は我が故郷「松江市出身」…いわゆる“地元のヒーロー”なのです。

kei2.png
その他の「松江市出身」の有名人と言えば、古いところで園山俊二(漫画家)白木みのる(喜劇役者)

最近では、佐野史郎(俳優)、福島弓子(元TBSアナウンサー、現イチロー夫人)、梶谷隆幸(横浜DeNA)くらい…ですかね。


ちなみに、“岡山県出身”として様々な番組に出演しているタレントのMEGUMIも、実は出生は松江市…。また、佐野史郎は、「山梨市」生まれで、生後間もなく東京に転居。7歳の時に父親が松江の実家(医院)を継ぐため、郷里の松江市に引っ越し高校卒業まで過ごしています。さらに、梶谷選手も「益田市(同じ島根県ですが…)」で生まれ、幼少時に松江市に転居。其の後、横浜ベースターズ(当時)入団までの小中高を松江で過ごしています。

厳密にいえば、白木みのる、福島弓子も旧八束郡(合併して松江市)の出身…なんですよね。

それに比べ、錦織選手は生誕後、13歳でテニス留学のため渡米するまでを松江市で過ごしているので、堂々と胸を張って「松江市出身」と言えますね。


ところで、「出身地」の定義について、法的に決められたものはないようですが、「幼少期の自分の人格形成に最も影響を与えた考えられる土地」という考え方が一般的のようです。まあ、曖昧さは残りますが、これに従えば「中学校卒業まで、最も長く住んでいた場所」になるのでしょうか。
いずれにしろ、「出身地」とは“本人”が決めるものであって、“過ごした先々の土地の人間”が決める事ではないような気がします。
そうしないと、そこかしこに「出身地」が出来てしまいますからね…。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-09-07 | カテゴリ:キス釣行記
今日は、昨日の残りの餌を持って「境水道」に出撃する予定でしたが、全米オープン準決勝、「錦織圭×ノバク・ジョコビッチ」の“ユニクロ対決”をTV観戦…。
結局、地元、松江市出身の錦織選手の歴史的勝利を見届け終えたのが4:00過ぎ…。

今から準備して出かけるには遅きに失した感が…。たぶん、今から出かけても車が停められないのと、上潮がキツクなってそうなので、近場の「恵曇港」へ変更…です。


日の出前の5:30に到着。

一番乗りと思いきや、結構な人出…。投げたかった中防の南端でも、2人連れが既に投げています

仕方なく、20mほど離れた場所に釣座を構えます。





投げる度に…とまではいきませんが、ピンポイントで「本命」が釣れます。

4色から3色に変わるぐらいのところに澪筋のカケアガリがあり、そこで待っているとキスからの魚信…。





時折、“連”で掛ったりして飽きない感じで釣れていたのですが…一時間ほど経つと、本命のアタリが遠退き、立ち代りチャリコが掛り出します。

珍しく北側も釣人がイッパイで、移動出来ないので…




仕方なく「南防」に移動。

本堤は釣人が多く竿が出せないので、途中の壊れかけの突堤から投げてみます。

が、向い風でしかも横からの流れで釣り難いですね。ここでは、2匹追加しただけで“一時”撤退…



下げ潮になる午後から、再出撃することに…。

対岸をみると、夜明け前から「中防南端」で釣られている二人連れ(ご夫婦?)が、微動だにせず同じ場所で釣られています。釣れているようには見えないのですが…




午前の部の釣果です。

本命、「12-18cm」13匹全てキープ。20cmオーバーはありませんでした。

外道はチャリコ5匹(内2匹キープ)とメゴチが3匹でした。あとハゼを1匹キープ。



徹夜のTV観戦だったので、家に帰り少し仮眠。
その後、買い出しや午前中の釣果を捌いたりして、14:00前に「恵曇」へ再来。
沖防の南端へ向かいますが、まだ、あの二人連れが投げられています
まさか、同じ場所に9時間近くいるとは…



仕方ないので、「JFしまね冷凍冷蔵庫」前から湾の奥を攻めることに。

丁度、「沖防」の駐車スペース前なので、こんな場所で何が釣れるのかと、人々から変な目で見られますが…





釣れるんですよ。

キスが…










ヒイラギくんも…

遊んでくれて…










お馴染みの
マハタくんも…

強烈なアタリで
楽しませてくれ…








その合間には、本命が連で掛ります…

この場所でも十分楽しめるのですが、ギャラリーが多く五月蠅いので…







空いた「沖防」の枝堤へ、そそくさと移動…です。

湾の外側は無視。

向い風ですが、先ほど同様に湾内を攻めると…






20cmオーバーは釣れませんが、18cmくらいのサイズが釣れます。

バタバタと釣れるわけではないですが…

十分、楽しめます。




30匹まで粘るつもりでしたが、睡魔に勝てず16:00を過ぎたところで納竿です。

ところで、対岸は「中防」なのですが…まだ、あの二人連れが釣られています

釣れているので動かないのか、それとも釣れないから



粘っているだけのか、よく分かりませんが、12時間近くも同じ場所で動かず…

よく“キスは足で釣れ”と言われますが、この二人は“動かざること山の如し”ですね。

錦織選手もビックリの長期戦…お疲れ様です。



午後の部の釣果です。

本命、「13-18cm」14匹全てキープ。20cmオーバーはありませんでした。

外道は常連のチャリコ6匹とメゴチが3匹、マハタが3匹、ヒイラギとヒメジが各1匹でした。


本日の釣果   27匹(内27匹キープ、20㎝以上0匹)、4.91匹/h
        今年度累計1,099匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 or 8号
        手製 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ


2014-09-06 | カテゴリ:キス釣行記
“雨雲レーダー”の予想をみると天気は下り坂で、早ければ午後から雨が降りそうです。
明日も出撃出来るかどうか分からないので、キス釣りに出掛けました。
何処に行くか迷いますが、過去のデーターから「千酌」でそろそろ釣れ始めても良さそうなので、取敢えず向います。ただ、人気のポイントなので空いているか不安です…。

7:30に到着しますが、先客が2名、既に投げられています。やはりこんな時間では遅いようです。投げて投げれないこともなかったのですが、窮屈なのも嫌なので、諦めて久しぶりに「笠浦」に向います。


「笠浦港」に到着。

投げてみますが、キュウセン、テカミ、チャリコ、カワハギと外道しか釣れません…。対岸まで移動してみますが、状況は変わらず、「本命」の顔を見ることが出来ず、結局、40分ほどで撤退です。



で、少し西走して「大芦」にやって来ました。でも、いつもの楡木ではなく「マリンゲートしまね」前…。

しかし、ご覧の通り一面ゴロタ石…しかも、30度近い傾斜が付いているので、あまり投げる人がおらず“スレていない”場所です。



流れ込み付近には海草帯があり、如何にも釣れそうな雰囲気でしたが、釣れたのはフグとコイツのみ…

サイズはカレイですが、一応“左”を向いています…
撮影後、丁重に海に戻って頂きました。




これでダメだったら移動しようと思い投げた1投…。

小具側の消波ブロック前に斜めに投げると、着水と同時に明らかにキスのアタリ…。我慢できず回収すると、メゴチのおまけ付ながら18cmとマズマズのサイズです。




そこで、正面の消波ブロックへ移動。ブロックの上から、同じポイントを攻める事に…

すると、バタバタと同じ様なサイズが釣れたのですが、30分ほどでバッタリ釣れなくなります。ブロックを移動してもダメです。




「恵曇」に移動しようとも思ったのですが、移動時間が勿体ないので、流れ込みの対岸へ移動してみます。

ゴロタ石のサイズも大きく、傾斜もさらにキツクなりますが、3色投げれればキスが掛ります。




頭から後に竿を振ると、仕掛けがゴロタ石に引っ掛りコンスタントに3色投げれないので、右手側の岩場に移動、横から攻めることに。

コッチも投げやすい場所とは言えませんが、まだマシ…岩の上に乗ればなんとか投げれます。




で、「本命」が掛りますが群れが小さいようで、同じポイントに投げても直ぐ釣れなくなります。

数メートルずらすと…






“連”で掛ります…

が、直ぐに同じポイントに投げても…今度はスバリと、小さな群れが回遊しているようです。

粘れば、まだ釣れる状況でしたが、昼を過ぎて急に曇が出てき始めます…。



雨雲レーダーを確認すると、あと20分ぐらいで大雨に為りそうです。直ぐに避難出来る場所じゃないので早めに納竿…です。

帰路の途中、ポツリ、ポツリと雨が落ち初め、家に着くころには土砂降り…結果的に、いい判断でした。




本日の釣果です。

本命、「16-18cm」15匹全てキープ。20cmオーバーはありませんでした。

外道はチャリコ12匹、メゴチ6匹、テカミ2匹、カワハギ1匹でした。



本日の釣果   15匹(内15匹キープ、20㎝以上0匹)、3.60匹/h
        今年度累計1,072匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M or 833ML
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8 or 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 or 8号
        手製 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ


2014-09-03 | カテゴリ:釣行後記
『FISHING LIFE』は、がまかつ提供の釣り情報番組…。
関西ローカルのサンテレビで毎週土曜日(23:00~23:30)に放送されています。

次週、9/6の放送は、毎年、恒例となった“がまかつフィールドテスター”の矢野勝彦氏によるキスの連掛け企画。今年は、徳島県小松海岸・松茂海岸と兵庫県南あわじ市津井周辺にて激釣!今年も大爆釣となったキスの投げ釣りをご紹介!美味しいキスが手軽に連発する!…らしい。

で、その内容はというと…
「当日は思いがけない連掛けからスタートし現場は爆笑の渦に!その後、矢野さんは7連や6連を連発!想像を超えるキスの反応に矢野さんから思わぬ提案が!キスの連掛けはこれまで3連が最高!という島田細香さん。その細香さんに矢野さんから8本鈎に8匹指令が!驚きの釣果となった当日、細香さんは鈎の数だけキスがヒットする「満タン」を達成できるのか?」…とのこと。

放送地域外でも「FISHING LIFE INTERNET TV」24時間無料で視聴出来ます。
なお、地上波放送の2日後の翌週月曜日から配信されているようなので、今回の内容は9/8から視れるハズです。

fishing life

放送日

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-09-01 | カテゴリ:釣行後記
今日から9月…朝夕めっきり涼しくなり、秋の足音が聞こえてきそうですね。
という事で?別冊関西のつり『投げ釣り倶楽部 ’14〈秋~冬〉』…購入しました。

『秋~冬』なので、“カレイ釣り”がメインとなっていますが、「夜釣りで攻めるキス(淡路島・鳥取)」、「江良の浜の大ギス(敦賀)」の記事や「トーナメントにも直結、後半戦のキス引き釣りメソッド」などの特集もあり、キス釣り師にも十分楽しめる内容になっています。
少し内容を見てみたい人は、こちら「立ち読み」をクリック。

投げ釣り倶楽部’14


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ