2014-07-31 | カテゴリ:釣行後記
今日の松江市は、朝の7時台から軽く「尺越え」…ではなく「30℃」オーバー
日中には「36℃」を観測、猛暑…というより酷暑となり、思わず「じぇ・じぇ・じぇ」と叫びたくなりますね。

こんな日に、少し時間が空いたからと言って、自転車で山登りなんて自殺行為…
なので、久しぶりに“録りだめ”していた番組の整理をすることに。
最近は、「TVの外付けHDD」か「ブルーレイ・レコーダー」に録画するので、古い「DVD・レコーダー」は“語句登録”して、専ら“録り忘れ専用”にしているのですが、久しぶりに録画リストをみて、思わず「じぇ・じぇ・じぇ」と叫んでしまいました。

ジャンルを「趣味・釣り」にして、語句登録を「キス・ギス(シロギスの場合があるので…)」にしてあるのですが、「大ちゃんの釣に行こう」「ビックフィッシング」「The・Fishing」「釣り百景」と“シロギス釣の回”が順調に掛かっています…と、ここまでは良いのですが、「ぎょ・魚・ぎょ!」という番組が、なんと25も“捕れて”…ではなく、“録れて”いるではありませんか!

ぎょ魚ぎょ!

「じぇ・じぇ・じぇ」と言えば、さかなクンの「ぎょ・ぎょ・ぎょ」…?
「ぎょ・ぎょ・ぎょ」と言えば、「山陰ケーブルビジョン(マーブルテレビ)」の釣り情報番組「ぎょ・魚・ぎょ!」のこと…らしい。
月初めにロケしたものを後半に放送しているようですが、田舎のケーブルテレビ“あるある”で再放送がやたらと多く、1日に6連掛けの日も…

内容は「大芦海岸」で投げ釣り。
大人3人でピンギスが4、5匹と、これまた田舎のケーブルテレビらしい?内容。
“シロギス”って幻の魚でしたっけ?と思わずツッコミたくなります…ま、事前に下見なんかしてないのでしょうね。

今週末は、なんとかキス釣り行きたいな…

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

スポンサーサイト
2014-07-27 | カテゴリ:未分類
今週の山陰地方も35℃越えの猛暑日が続き、米子市では38℃を観測…。
宮澤賢治の『雨ニモマケズ』ではないですが、今週末も“夏ノ暑サニモマケズ“釣行された釣りキチの皆さん、お体は大丈夫でしょうか?


うちの猫ちゃん達は、夏バテぎみでグッタリ…。

で、私はというと…久しぶりの「休竿日」です。

まあ、“暑さのせい”もありますが、今週は身内の病気が判明…。




なので、いろいろと慌ただしい週末となり、出撃出来ませんでした。

調べてみると、3月後半から何だかんだと17周連続で出撃…「キスより人」と“天の声”ですかね…

今後は、容態次第ですが、気儘に週末釣行とは行かなくなりそうです…。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-07-21 | カテゴリ:キス釣行記
広島気象台の発表では、昨日、『中国地方は梅雨が明けたらしい』とのこと…
ん、らしい? そんなに自信が無いのなら、日々の予報も『明日は雨が降るらしい』にすればいいのに…と、日頃、当らない天気予報を愚痴っても仕様がない。
で、最近の日本海側は、サーフの“ピンボケ”症状が湾内にもうつった様で、今まで良型が釣れたポイントまでピンだらけ。
そのせいか、昨日は“ヒネクラス”が1匹も釣れず消化不良…。
そこで連休最終日、良型を求め最後の砦 …そう、「境水道」へ向かいます。

6:00に「男鹿(おしし)」に到着。
水道内は普段の休日とさほど変わらない人出でしたが、ここの「護岸壁」は相変わらず投げ師が多いですね…去年までは、2、3人ぐらいでひっそりと投げていたマニアックな場所でしたが、道路工事が始まり投げ易くなったせいで、いつも賑わっています。
、道路が開通したら投げることさえ難しくなるでしょうね…。


沢山並んだ竿を横目に、私は「ハズレ」へ…。

小潮。干潮3:18、満潮9:41なので、時間的には上潮ど真ん中…のハズですが潮は動いているのか、見た目では分かりません。

取敢えず、投げてみますが



10号のオモリがほとんど流されません。潮止まり?と思いきや、沖の「釣り船」をみると全て舳先が“水道側”を向いているので、まだ下げ潮のようです。

で、1投目は小さなアタリがあり、回収するとチャリコ。うーん、なるほど…



釣り船が鳥取側の航路に集中して、島根側には1隻もいない。また、投げて直ぐ、チャリコが食いつく…

このことから、中途半端に遠投しても、キスは釣れないと判断。手前の根際を攻めてみます。




投げて直ぐ、チャリコが食いつけないスピードで巻き、手前の根際で待ちます…すると、24、25、22cmと連続で掛ります。

このポイント、船からだと攻め難いんですよね…。





このまま爆釣…

とはいかないですね。
流れがほとんどなくなり食いも悪くなりました。

もう1時間早く来てれば…と後悔するも後の祭り。





型も小さくなりチャリコも寄ってきたので、少しでも流を求め、“水道側”へ移動します。

今朝は、曇で日差しもなく、気温もまだ25℃ぐらいなのですが、風が無いので蒸暑く感じます…。




コッチだと投げるスペースが狭くなるので、2本針から1本針へ変更。

移動して1投目から良型が掛りますが、ちょうど漁船の“帰港ラッシュ”となり、数分間隔で次々と目の前を通過して行きます…。




その度に、大波が来襲…
投げることが出来ません。

投げれれば、こんな感じで20cmオーバーが釣れるのですが…

前の波が収まる頃に、次の漁船がやってくるので小一時間釣りにならず…。



漁船を眺めている間に、時合を逃してしまい、型、数とも渋くなります。

で、この頃から西風が吹き始め、日が射しても逆に朝方より過ごしやすくなったのと、餌が結構残っていたので移動することに。




ここでの釣果は、本命「13-25cm」を31匹、全てキープ。うち20cmオーバーは8匹でした。

当初の予定では、久しぶりに「片江港」に寄って投げてみるつもりでしたが、面倒臭くなったので、このまま美保関へ向います…。



県道を約1km東走して、「風ケ浦」へ到着。

久しぶりに来たのですが、背丈ほどの雑草が生茂り、ポイントまで行けません…

そこで、釣竿を持参した鎌に持ち替え、しばし草刈。ようやく辿り着きます…。



で、3投して見事に「ピンとチャリコのペア」×3。苦労した割には…納竿です。

ここでの釣果は、本命「10-12cm」が3匹、うち1匹キープ。あと「チャリコ」もオマケで3匹。結局、草刈に要した時間10分、釣行時間も10分…でした。



帰途…。あれっ?「男鹿の護岸壁」に車が…どうやら、工事車両のゲートを開けて侵入したようです。

こうゆう人には、“魚が釣れないで欲しい”と、心から思ってしまうのは私だけでしょうか…。




本日の釣果です。

まず、右は20cmオーバーです。「20-25cm」が8匹でした。

捌いたところ、全て抱卵していました。





左はその他の釣果。

本命、「9-18cm」26匹の内、24匹キープ。

あと、ネコチャンのお土産に、針を飲み込んでしまったキュウセンを2匹とチャリコを1匹キープ。



昨日、砂虫を40g買ったのですが、結局、2日の釣行で10g以上残ってしまいました。
1、2本針だと1日の釣行で20gもいらないですね…。


本日の釣果   34匹(内32匹キープ、20㎝以上8匹)、8.16匹/h
        今年度累計788匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製1本or 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-07-20 | カテゴリ:キス釣行記
昨日は「落雷注意報」発令のため、“避雷針”を片手に歩き回る勇気が無かったのと、午前中、用事があったので出撃は見合わせました。
で、梅雨明けの本日。なんとなく惰性で「笠浦港」へ向いました。


7:00時に到着しますが、早朝から町内総出?で、湾内の清掃をされています。

流石に、掃除をされている横で、のほほんと釣に興ずる神経を持ち合わせておらず…ゴミ拾いだけなら参加しようと思ったのですが、係留施設も引き上げて清掃



していたので、逆に足手まといになりそうだったので、しばし傍観…。

あっちこっちから投げてみますが、チャリコの猛攻に遭い、なかなか仕掛が本命まで辿り着きません。

釣れてもこんなサイズ…



このサイズだったら、恵曇港の方が外道が少ないので、まだマシ…ということで、早々に撤退。

ここでの釣果は、本命「12-18cm」が4匹、チャリコ多数、メゴチとクジメが2、3匹でした。




向い風になりますが、取敢えず「中防」へ…

連休中なので先客が多いですね。端の方から投げてみますが、前回と同じ感じ…

投げる度に、似たようなサイズが、まるで双子のように2匹づつ掛ります。



少しでもサイズアップを狙い、移動しますが状況は変わらず…その内、ハゼが混じり出してきたので納竿。

ここでの釣果は、本命「9-16cm」が31匹、うち28匹をキープです。あと、外道でハゼが8匹にメゴチが2匹でした。



本日の釣果です。
本命、「9-18cm」35匹の内、32匹キープ。20cm以上は無し…でした。

あと、ネコチャンのお土産に、針を飲み込んでしまった「ハゼ」を4匹、「チャリコ」を2匹、「クジメ」を1匹キープ。


“数”ではなく、“型”狙いなので、今日は消化不良…。
このサイズなら、サーフの方が効率が良いかもしれませんね。

本日の釣果   35匹(内32匹キープ、20㎝以上0匹)、10.00匹/h
        今年度累計754匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-07-19 | カテゴリ:釣行後記
「釣りロマンを求めて」の後釜番組として、昨年の10月からスタートした「釣り百景」…。スポンサーの「SHIMANO」が、より多くの釣りファンが同じ時間に視聴できるよう、全国一律での放送が可能な「BS-TBS」に移行してから、次回で「43回目」の放送となりますが、やっと“キスの投げ釣り”です。
シマノインストラクター日置師匠の久々の登場…。

放送時間は、7月24日(木)20:00~22:54です。
『南九州投げ釣りの旅 砂浜の女王・シロギスを堪能する』と題し、その内容は…

釣り百景300
「釣り好きの戦場カメラマン・渡部陽一が南九州を訪れる。投げ釣りのスペシャリスト・日置淳の案内のもと、宮崎県と鹿児島県の砂浜でシロギスを狙う。

幼少期に故郷で投げ釣りを経験したことがあるという渡部さんだが、シロギスが

沢山釣れたという思い出は少なく、今回の釣行に期待を寄せる。日置さんのアドバイスを受け、一投目からのアタリに興奮。また翌日には、置き竿でのクロダイ釣りも楽しむ。違う趣向の投げ釣りを存分に堪能する。 」


とのこと…。
興味のある方は、チャンネル(古っ!)を合わせてみて下さい。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-07-18 | カテゴリ:釣行後記
「ツール・ド・フランス」も「第12ステージ」まで終了、今日からいよいよアルプスへ突入です。本命、クリス・フルーム、対抗のアルベルト・コンタドール、そしてアンディ・シュレクの優勝経験者3人が落車による負傷棄権し、アルプスの山岳ステージを前にして大会を去ってしまうという波乱の展開…。
主役を失った「ツール」…脇役だけでどんなシナリオとなるのか?…。


で、今日は昼過ぎから時間が出来たので、久しぶりにサイクリング…。山岳ステージ?「横手林道」コースの途中、「古浦海岸」へ。

海水浴シーズンに向け、毎年「海水浴場」側は整備されていましたが、今年は「西の浜」まで清掃されています。




流れ着いたゴミや漁具で一杯だったのに、ペットボトルどころかその蓋すら落ちていませんね。

この場所にくると、島根に戻って来た当時、自分が「井の中の蛙」だとは露知らず、天狗になっていたことを思い出します…。

今でこそ、「堤防や護岸」からシロギスを狙っていますが、3年前までは「サーフ」オンリーで、サーフから釣れない時期は、釣行すらしていませんでした。
本格的にキス釣りを始めたのが、湘南在住時代だったせいか「シロギス釣り」=「サーフから遠投」のイメージが強く、「堤防や護岸」からなんて邪道、まして「釣り船」なんて…「キスの居るところ」まで自分の足で歩き、「キスの居るところ」まで自分の力で投げる…これこそが「キス釣りの王道」だと、その頃は思っていました。

その考えは、こっちに戻ってからも変わらず、島根半島の小さな砂浜で「本格的な投げ竿」で、「フィンガープロテクター」なんぞ付けてフルスイングしているのは私ぐらいで、数少ない他のキス釣り師は、軟らかい振出竿で4色以内をチョイ投げする人ばかり…。なので、ポイントが遠い場合、「自分しか釣れない」というシチュエーションが快感となり、より一層、遠くへ投げることに固執し、何時しか「遠投しなくても釣れるシチュエーション」=「誰でも釣れる状況」を“つまらない”と思う自分がいました…。

キスを沢山釣りたい、アタリを沢山楽しみたいという可能性を求め、より遠くに投げる道具を揃え、また遠投する技術を切磋琢磨してきたハズ…。
それが何時しか「遠くに投げること」がメインになってしまい、「何故、遠投するのか」その理由すら見えなくなってしまっていました。

もともと、キスのアタリに魅せられて始めた投げ釣り…
ならば、「チョイ投げ」でも「釣り船」だってイイワケである。
近くで釣れるならそれに越したことは無いワケで、それなりのタックルで釣れば良い…そのほうがよりアタリを楽しめる…
なので、最近は“釣れないから遠投”ではなく、“釣れないなら釣れる場所へ移動”するほうへシフト。

だからと言って、「遠投派」を否定しているわけではなく、数狙いで多点針で遠投したいのか、数はそこそこで良いのでアタリが楽しみたいのかである。
ようは、「釣る楽しみ」と「投げる楽しみ」とのバランスが大事だということ。

でも、こうやって砂浜に来ると、たまには豪快に遠投したくなりますね…。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-07-14 | カテゴリ:キス釣行記
昨日は梅雨らしく、纏まった雨が降りました。
午後からも断続的に降り続いたので自宅待機…結局、餌だけが残ってしまいました。


容器ごと測ると「8g」。
週末まで“御守り”をするにはチト面倒臭い…。
で、急遽、午前中だけ暇になったので、餌の消化試合に出撃しました。

時間も無いので、久しぶりに近場の「古浦海岸」へ向かいます。



9:00に到着。ただ、13:00までには帰還しないといけないので、2、3時間の釣行時間…というかその前に餌が無くなりそう…。

早速、「南防脇堤」から投げますが、向い風…南西の風が強く投げにくいですね




6/3以来、約1ヶ月半ぶりでしたが、あまり変わらない感じ…です。

投げる度に、針数(といっても2本だけですが…)だけ掛ります。

1ヶ月半経って、2、3cm成長しただけ…。



餌も使いまわして、砂虫1匹半で8匹釣れたのですが、同じサイズしか釣れないので「海水浴場」側に移動。

来週から海開き(ちなみに昨年は7/20でした)のようで、綺麗に整地され海の家も既に建っていますね。




で、投げてみますが、ここも同じサイズがズラリ…

たまに良いアタリがあるも「メゴチ」。

餌が少ないので、1投毎に移動。どこでも釣れますが、12、3cmの揃い踏み…。




最後は、海岸の南端までやって来ました。

以前は25cmオーバーがよく釣れたポイントですが、昨年あたりから不調です。

サビいた感じでは、遠浅となって底の変化も無くなった気がします。



そのせいか、他のポイントと同じ様に…同じサイズが釣れます。

サーフの端から端まで歩いたのですが、結局、「10-14cm」を20匹、うち17匹キープでした。今日は南蛮漬が好評のため、12cmサイズもなるべくキープ。



ここまで、餌を半分消化…
「4g」で20匹と良いペースですが、もう少し良いサイズが欲しい…。

で、恵曇湾内へ移動…
結構な雨だったので、佐陀川の影響でニゴリがあると思ったのですが、然程ではないようです。



「南防」から第一投。
着水して、糸フケをとり始めた途端、良いアタリがあります。

ちょうど「20cm」とマズマズのサイズ…。
最初から、ここに来れば良かったと後悔しますが…




残念ながら、餌は片手で数えられるほどしか残っていません…。

「お刺身サイズ」ばかりとはいきませんが…サーフより“若干”大きいサイズが釣れます。






で、サーフより“倍近い”サイズも釣れます。

今日イチの「21cm」…
でした。

平日なので、アッチコッチと移動出来ると思いきや、結構な人出です…。




横風になりますが、ポイント的にはこちらが近いので「中防」に移動します。

この時点で、砂虫2匹しか残っていませんでしたが…






投げる度にアタリ…。

で、型はもう一つながら、「14-16cm」を7匹追加したところで、餌が無くなり納竿。

餌と時間があれば永遠?に釣れた感じ…でした。




本日の釣果です。

本命、「9-21cm」34匹の内、31匹キープ。20cm以上は「20、21cm」の2匹だけでした。

あと、ネコチャンのお土産に「ハゼ」を2匹キープ。
外道で「メゴチ」が3匹釣れました。

型を求めなければ、「古浦海岸」は子供でも届く距離なので、家族連れに良いかもしれませんね。ただし、来週あたり“海開き”なので早朝しか投げれませんが…。


本日の釣果   34匹(内31匹キープ、20㎝以上2匹)、13.60匹/h
        今年度累計719匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-07-12 | カテゴリ:キス釣行記
明日は「梅雨前線」が伸びてきて、山陰地方は雨の予報…
なので、今日は出撃する予定ではなかったのですが、“3時間ぐらい”なら何とかなりそうだったので、チョットだけキス釣りに出掛けました。

途中、砂虫を20g仕入れて、釣場に向います。
何処に行こうか迷いましたが、時間もないし…暑いし…西風も強いし…「お刺身サイズ」が3、4匹釣れたら、サッサと帰還したかったので「笠浦港」へ…。


9:30過ぎに到着。

日差しもあり、気温は30℃近くありますが、風と湿度が低いせいか、それほど暑さは感じません。

1投目からほぼ素針なく掛りますが…




こんな感じで…
16cm未満ばかり…

で、簡単にツ抜けしますが…狙いはあくまでも「お刺身サイズ」…

なので、アッチコッチと動き廻りますが…




お刺身サイズは、結局、この1匹…「24cm」でした。

で、時間もあまりないので移動です。

ここでの釣果は、「10-24cm」が19匹、うち15匹をキープです。




少し、足を延ばして「稲積港」にやって来ました…

が、西風が強いので「西波止」から投げてみますが、根掛りが多く3投で撤退。

ここでは、キュウセンが1匹にマハタが2匹で、「本命」はゼロでした。



30分ぐらいしか時間が無かったのですが、「お刺身サイズ」をもう1、2匹求め「大芦」に…。

今週、地元ケーブルテレビの釣番組でキス釣りを紹介していたので、賑わっていると思いきや、意外にも閑散としています。



結構なアタリがあったのですが、回収するとヒラメの赤ちゃん。

裏をみるとマダラ…なので天然じゃないですね。

稚魚放流…いわゆる「人工種苗」の個体です。丁重にお帰り頂きました。



メゴチ、マハタと立ち代わり良いアタリを伝えてくれますが、「本命」はこれ1匹…

時間切れ、納竿です。

去年は良型が釣れたのですが、今年の「大芦」は良くないですね…




結局、20gの砂虫が半分ぐらい残ってしまいました。

明日は午後には雨が上がるようですので、放流せず持ち帰りました。

帰る途中、「御津港」へ寄って水汲み…熱帯魚の水替え用です。



本日の釣果です。
本命、「10-24cm」20匹の内、16匹キープ。20cm以上は「24cm」の1匹だけでした。

予報どおり午後から天候が回復すれば、残りの餌で出撃出来れば良いのですが…



本日の釣果   20匹(内16匹キープ、20㎝以上1匹)、7.50匹/h
        今年度累計685匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー5 or 10号
        手製 2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-07-11 | カテゴリ:釣行後記
台風8号が通過中ですが、幸いにも山陰地方には影響がありませんでした。
不幸にも、台風の直撃やその影響で生じた大雨等で、被災された方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

さて、7月に入り「D-smarts」で投げ始めて約1年が経ちました。「D-smarts」は、もともと「境水道」などの狭く、また障害物のある場所を攻めるために手に入れた“補機”だったのですが、今や“主機”…。最近は、敢えて「D-smarts」でのシチュエーションを求めて釣行している感じ…。
なので、昨年の9月後半からの釣行記は「D-smarts」ばかりで、そのせいか「D-smarts」について色々と質問を受けます。そこで、1年チョットの経験値しかありませんが、「D-smarts」を使用して想ったことなどを書いてみたいと思います。

その前に“タックル”ですが、ロッドは「833ML」と「903M」リールは「2003PE-SH」と「2506PE-SH」の2タイプ体制です。「833ML+2003PE-SH」のコンビが5、8号で“3色以内のポイント”、「903M+2506PE-SH」は8、10号で“3色以上のポイント”と“潮流のある境水道”といった感じで使い分けしています。


道糸ですが、「ディースマーツ センサー」は10m×3色ローテーションと“チョイ投げ専用ライン”となっていますが、チト高価…。
なので、「TOURNAMENT SURF」で高切れして、6色未満になった、ゴーセンの「PE Excellent 投 1200m」を勿体無いのでリサイクルしています。



0.4号を「2003PE-SH」に、0.6号を「2506PE-SH」に5色、125m巻いています。

あと、ショックリーダーとして“フロロ”の1.5号か2号を、1ヒロほどジョイントしています。

「D-smarts」をされている中には、“ルアー釣り”からの流れでされている方も多い

ようでが、その人達が一様に『ガイドにラインが絡み易くライン切れが多い…』と言われます。「D-smarts」のガイドは、並継タイプには「Kガイド」、振出タイプには「IMSGガイド」と、キャスト時の糸絡みを自動的に解除する形状を備えた次世代のガイドシステム採用しており、従来のようなライントラブルを解消し、極細PEライン使用時でもストレスなく快適な釣りが楽しめる(カタログより)、ハズなのですが…。

それでは、何故、ガイドに絡む頻度が多いのか?
その原因は「D-smarts」自体の構造的欠陥では無く、「D-smarts」に有って「ルアー釣り」に無いこと…そう、「エサ付け」だと私は思っています。
エサ釣では、ほぼ投げる度に“餌を付ける”というアクションが必要となります。その際に、どうしてもラインが弛んでしまうので“ガイドに絡むリスク”が大きくなるのです。ましてや、ルアーからの転向組だと竿立を装備していない人が多いので、尚更そのリスクが増すのです。
ガイドに絡んでいるかなんて、投げる前にリールを巻けば簡単に分かると思われるのでしょうが、リールを巻く力は強く意外に分からないもので、特にトップガイドに絡んでいたら難度が上がります。

そこで、キャスト前に私がやっている“おまじない”ですが、オモリを1度トップまで巻上げてから、ストップレバーをオフにして“オモリの負荷だけ”でラインを送り出します。この時に、スムースにラインが出ないようであればガイドに絡んでいる可能性が大です。其の後、必要なタラシの長さまで巻上げてから投げる…面倒臭いですが、キャストする前にもう2手間、数秒かけるだけで、ライントラブルを減らすことが出来るのです。最近は、この作業をしてないと怖くてフルキャスト出来ません…。

あと、多いのがキャスト時の「ベールアーム(以下ベール)の戻り」問題…。
「D-smarts」に限って起こるワケではないですが、投げた衝撃でベールが返ってしまい、道糸が「プッツン」となってしまう現象…皆さんも1度や2度は経験があるハズ。投げ方にも問題がありますが、一番の要因はキャスト時のベールの位置…。

一般的なスピニングリールでは、ベールを返した状態でリールを巻き上げるとストッパーに当り、ベールが戻る構造になっています。要するにキャスト後、そのままハンドルを回せば、自動的にベールが戻るという便利な機能?なのです。まあ、私はリールの耐久性に影響しそうなのと、そんなシビアな釣りはしていないので、その都度、手動で戻していますが…皆さんは、どうされているんですかね。


で、この便利な機能?がベールの位置によっては、意図としないキャスティング時に働くのです。

常人であれば、人差し指の先にラインを引っ掛ける訳なので、ラインローラーが最もロッドに近づく位置でベールを戻すハズ。



つまり、こんな感じ…

ついつい、このまま投げてしまいガチですが、ベールがこの位置だと、ストップレバーがオンの場合、キャストすることによって、逆転(反時計回り)はしなくても、正転方向へ約半回転する可能性があるのです。


これはロッドのスイングの仕方によっても違いますが、ベールが正転方向へ動くような力を発生させたときに、意図せず回転してしまうのです。
では、ベールが回転するとどうなるか。勢いのついた状態で回転すれば、ハンドルを回した状態と同じとなり、回転が止まる位置でベールが戻ってしまい、その結果、道糸が「プッツン」…となるのです。


でも、この現象を防ぐ方法はとても簡単なのです。

ベールを返す前でも後でも良いので、投げる前にベールが回転しない位置まで持ってくる…

ただそれだけ。



これをするだけで、回転の衝撃によりベールが戻ることがなくなり、キャスト時の「ベールアームの戻り」問題は、ほぼ100%解決されるのです。ま、最初からベールアームを返し忘れていたら別ですが…

長くなったので、この辺で止めときます。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-07-06 | カテゴリ:キス釣行記
今日も、ネコ達の“仁義無き闘い”のとばっちりを食い、未明に目が覚めると雨音が聞こえてきます…でも、予報では今日は曇だったハズ…。そこで“気象レーダー”を確認すると、降っている雨は夜明け頃に一旦止み、午前中は持ちそうなので出撃しました。

連日の雨で、“流れ込みのある”サーフや湾内はニゴリが残ってそうなのと、今日は“長潮”なので「境水道」、しかも外洋寄りが有利とみて「男鹿」に向います。


6:00到着。駐車スペースには県外ナンバーが2台、ゆったりと停まっています。
詰めればもう1台停められるのに…と思いながら「ハズレ」に降ります。

満潮が8:45なので、上潮のハズですが良く分かりません。また、雨の影響か結構なニゴリですね…。



沖には、何時もより多い十数隻の釣り船が…

釣れているのかと思いきや、釣り始めると三々五々と散ってしまいます。

悲観的な状況ですが、経験上、こういう場合はキスが近場に寄っている証明なんですよね。



で、幸先よく1投目から釣れ、投げる度にアタリがあります。

ピンが掛らず、「14-18cm」の型が揃いますが、なかなか「境水道」らしい?サイズが上がりません。

釣っては、これくらいの型の方が“キスらしい”アタリが




楽しめるのですが…

更に“型”を求めて移動しますが、20cmどまり…。










25cmオーバーを求め、「ハナレ」の東端までやって来ますが…

21cmがやっと…。









これも20cmチョット。

しかも、1度波間に落ちたのを手で拾い上げたヤツ…









再度、戻って「ハナレ」の西端ギリギリまで移動しますが、21cmがやっと…

結局、期待した型が上がらず、満潮で潮止まりになったので移動することに。

ここでは、「14-21cm」が17匹で全てキープ。20cmオーバーは5匹でした。



久しぶりに「北浦」で投げてみようと寄ってみたのですが、海開きの準備で“遊泳禁止ロープ”を張る作業中…シーズンオフまで投げ釣りは無理ですね。「千酌」も荒れ模様なのでスルー…。

で、流れ流れて「笠浦港」に辿り着きました。




移動しながら投げてみますが、ピンとチャリコの嵐…

そこで、小さなアタリは無視して、早めにサビクと「ゴン、ゴン」と大物のアタリ…。

24cmと「境水道」より良いサイズが上がります。




このサイズだとやり取りが楽しいですね。

小さなアタリがあり、チャリコが掛ったのが分かりますが、そのまま高速でサビくと…「ガツン」と竿を持って行きます。

上がってきたのは、今日イチの25cmでした。



その後「22cm」を追加したところで、アタリが遠退いてきたので納竿です。

ここでは、本命「11-25cm」11匹を全てキープ。20cmオーバーは「22、24、25cm」の3匹でした。

今日は、意外とポイントが近かったですね。



右は「男鹿」の釣果です。

本命、「14-21cm」17匹を全てキープ。20cm以上は「20-21cm」5匹。

あと、外道で「キュウセン」と「チャリコ」が数匹釣れました。「キュウセン」を3匹、猫のお土産用にキープ。




左は「笠浦」の釣果。

本命、「11-25cm」11匹全てキープ。20cmオーバーは3匹でした。あと、針を飲み込んだ「チャリコ」を3匹キープです。

あと、外道で「メゴチ」「ハゼ」「チャリコ」が多数釣れました。



で、こちらは今日の「20cmオーバー(20-25cm)」の8匹です。

今日は、砂虫20gでの釣行でしたが、1本や2本針ではなかなか減らないですね。
後半は、2針に1匹掛けしたのですが、結局、残ってしまい放流しました。

ペース配分が難しい…。


本日の釣果   28匹(内28匹キープ、20㎝以上8匹)、5.60匹/h
        今年度累計665匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts903M
        リール:Dsmarts 2506PE+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8 or 10号
        手製 1本→2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-07-05 | カテゴリ:自転車

このところ梅雨らしい天気が続きます。

今日も朝から雨…。

強行出来ないほどではないですが、昨日から家に来た新入りさん(ボクは猫である。名前はまだ無い…)と古株が夜中にひと悶着したせいで、寝不足気味…。


まあ、このところ週末は釣り三昧の連続だったので、今日は出撃を見送りました。

ところで、今日は世界最大の自転車レース「TOUR DE FRANCE 2014」の開幕日…。ブラジルではFIFAワールドカップが開催されていますが、その「サッカーW杯」と「夏季オリンピック」に続く、世界で3番目に大きいスポーツイベント…それがツール・ド・フランス(以下、ツール)なのです。
「J SPORTS」で全ステージ生中継しますが、「NHKBS1」で全ステージダイジェスト放送(まいにちツール・ド・フランス)するので、有料放送に加入してなくても視聴出来ますので、興味のある方はチャンネル(古い?)を合わせてみて下さい。

ツール

今年のツールは、イギリスのリーズからスタート。全21ステージ、3,663.5㎞を3週間かけてフランスを時計回りに1周し、パリ・シャンゼリゼ通りを目指します。

私の予想では、総合優勝候補筆頭は連覇を狙う“クリス・フルーム”…。
で、対抗は2007年、2009年、2010年(剥奪)と3度総合優勝の“アルベルト・コンタドール”ですかね。ただ、前哨戦の「クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ」では“コンタドール”が勝ち、さらに“フルーム”にはドーピング疑惑が…ま“コンタドール”自身、ドーピング違反で2010年の総合優勝を剥奪されていますからね。
「チーム・スカイ」のアシスト力からすると“フルーム”優位…ですね。



ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-07-01 | カテゴリ:釣行後記
今日から7月…。早いもので、今年も後半戦へ突入です。
「太平洋側」では梅雨らしい…いや、それ以上に豪雨が降ったりして大変みたいですが、対照的に「山陰地方」は梅雨入りにも関わらず、雨が降りませんね…。
週末釣師にとっては良いかもしれませんが、この時期に雨が降ってくれないと困る人も沢山いるでしょうね…。

今日から折り返しということで、今年の前半戦のデータを振り返ってみました。
去年と極端に変わっていませんが、今年は県西部(大田、江津)へ遠征に行かなかったので、「総匹数」と「釣行1回当りの匹数」が減少しています。
また、今年の4月から、「数」より「型」狙いにシフトしているせいか、数は釣れていませんが「20cm以上」の釣れる割合が増えていますね。

                        2013                       2014
        総  数     20cm以上        総  数     20cm以上
  月  匹 数  平 均  匹 数 率(%)  匹 数  平 均  匹 数 率(%)
   1      71    14.2       11    15.5 127   15.9   10        7.9
   2        3      0.8         0      0.0 46   7.7   0        0.0
   3      67    13.4       12    17.9 0   0.0   0        0.0
   4      71    11.8       11    15.5 68   7.6   19      27.9
   5    189    27.0       38    20.1 159   19.9   30      18.9
   6    261    32.6       30    11.5 237   23.7   50      21.1
  計    662    18.4     102    15.4 637   14.8   109      17.1

下記は、昨年と今年の前半戦の釣果を「釣場」別に集計したものです。
明らかに、「境水道」が型が良いのが分かりますね…。

                   2013                2014
  総 数 20㎝≧ 率(%)  総 数 20㎝≧ 率(%)
 境 水 道365   78   21.4   156   61   39.1   
 恵  曇29   1   3.4   292   18   6.2   
 古  浦102   8   7.8   40   1   2.5   
 大  芦42   11   26.2   18   1   5.6   
 笠  浦0   0   0.0   117   27   23.1   
 県西部(大田、江津)121   4   3.3    0   0   0.0   
 その他(加賀、瀬崎、菅浦)3   0   0.0   14   1   7.1   
            計662   102   15.4   637   109   17.1   


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ