2014-04-29 | カテゴリ:釣行後記
今日は、朝から久しぶりに纏まった雨が降ったので、出撃せず“自宅待機”です。
連日、初夏のような陽気が続きましたが、この雨でやっと“穀雨らしく”なりましたね

「穀雨」とは「二十四節気」のひとつで、“雨が降って百穀を潤す”という意味
田畑の準備が整い、穀物の成長を助ける“春雨が降る頃”のことで、今年は、4/20からとなります。また「穀雨」は“春の第六節気(立春から数えて六番目)”なので、次の節気は「立夏(今年は5/5)」…そう、もう“夏の訪れ”ですね。

この「穀雨」の時季に降る雨…。
これから田植えを控える農家にとって“恵みの雨”となりますが、間接的にですが「シロギス」にとっても“恵みの雨”なのです。


豊かな山の栄養は、多様な生物の営みから生まれ、河川を流れ下り海へ辿り着きます。

海に辿り着いた山の栄養は、海の植物プランクトンに栄養を与え、それが動物プランクトンへと移り、小さな生き物の餌となり、それを求めて産卵を控えた「シロギス」が浅瀬へと寄ってくるのです。


なので、この時期に雨が降ることは、“土の中から溶け出した養分”や“水辺の植物の落ち葉などが腐ってできた養分”を海へ運ぶという、重大な役割があるのです。


休みの日にしか出撃出来ない“週末釣師”にとっては“憂鬱な雨”ですが、これからの釣果への布石と思えば、いくらかは気休めとなるハズ。

今日キスは無いのかと、家の猫が催促してきます。
連休後半戦は天気が良い様なので、お土産を持って帰れれば良いのですが…。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

スポンサーサイト
2014-04-27 | カテゴリ:キス釣行記
今日は、昨日に引き続き「25℃」を超え、2日連続で「夏日」となりました。
昨日は「恵曇港」に出撃しましたが、到着と同時に帰還命令となり15分で撤退
で、今日は数より質、型狙いで「美保関」に向いました
途中、「森山郵便局」辺りから、釣り人が沢山竿を出しています。また、「宇井港」も朝早くから一杯ですね。行く先で車が停められるか心配になって来ました。

中潮で干潮は6:43、満潮13:10で潮位差は大きかったですが、潮止まりを目指して「男鹿」に7:00到着。境水道の潮は直ぐに止まらないケースが多いので、本当はのんびりと9:00ぐらいに来ても良かったのですが、今日は日曜。
なので、“駐車場確保”のため早めに出勤したのですが…なんと、誰もいません。


釣人はいませんが、相変わらず漁船が網を引いています…しかも先週より増えて5、6チームで行ったり来たりと同じところを10~15分間隔で通り過ぎます。

「境水道」の魚が、1匹も居なくなるかと心配になるほどです。正に「一網打尽」状態…。




取敢えず、「男鹿のハナレ」に降りて投げてみますが、見た目以上に流れがきつく、10号のオモリが流されて行きます。

時間的には“干潮の潮止まり”なのですが、まだ下げ潮が続いていますね。まあ、想定の範囲なので上潮に変わるまで待ちます。



「Dsmarts」で投げても釣りにならないので、時間潰し?で「護岸壁」から練習がてら投げてみます。

久しぶりに"投げ竿”でフルスイング。天気も良く、また誰も居なくて爽快ですね。

ご覧のとおり、約300m貸切状態…。




時間潰しの投連ですが、エサを付けているので、たまに釣れます。6色とこのポイントとしては遠いですね。

「18cm」とまずまずのサイズですが、「ハナレ」の“磯つき”のキスに比べると物足りません。




10:00前ぐらいになって、やっと緩やかに上潮になってきたので、キャスティズムを収納して、再度「ハナレ」に降ります。

下げ潮が早い時は、アタリすらなかったのですが、1投目から「21cm」と良型が掛ります。





「1.5~2色」はこんな感じで、ゴロタ石に海草。

今日も何回か餌食に…

根掛り2回で、オモリ+仕掛を消失。掛けたキスを回収中に5、6匹ほど取り逃がしてしまいました。





根掛り寸前、藻場との境目付近でアタリがあるので仕様がないですね。

でも、「20cm」オーバーばかり連続で釣れます。







今日、最大の「24cm」。

これぐらいのサイズになると、藻場から引き上げるのは大変な作業。
磯釣りみたい…ですね。

しかし、1時間ほどで上潮が早くなり、オモリが“アッ”と言う間に流されだして来たので撤退です。


ここでは「18-24cm」が9匹、その内7匹が20cmオーバーでした。


約1kmほど東進して、「風ケ浦」まで移動。
先週は、ノリ採り作業中のため投げれなかったのですが、今日は大丈夫でした。

この場所も投げるスペースがなく、雑草と立木が直ぐ後ろに生えており、もともと「Dsmarts」はココをイメージしての購入です。



一投目、4色からサビキますが、流石にココまで外洋側に来ると潮の流れは気になりませんね。

3色に変わる付近でアタリがあり、回収すると「17cm」とサイズダウン。結果的に、ここでのファーストヒットが今日の最小となりました。





最初の1時間半ぐらいは、20cm弱のサイズがポツポツと釣れる程度。

ところが、エサも少くなり、そろそろ帰ろうかと思い始めた頃に良型が掛ります。







磯際のピンポイントで良型が連続でかかりますが、エサが無くなりジ・エンド。

ここでは「17-21cm」が9匹、その内3匹が20cmオーバーでした。







本日の釣果です。

「17-24cm」18匹の内、18匹全てキープ。「20cmオーバー」は10匹でした。

“20匹前後”の数で“良型”揃いと、“狙い通り”の釣果となりました。



本日の釣果   18匹(内18匹キープ、20㎝以上10匹)、3.60匹/h
        今年度累計241匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M、CASTI'ZM 25-385
     リール:Dsmarts 2506PE+PE0.6、TS35+PE0.8
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号、
        篭定天秤スリム+発砲オモリ25号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-25 | カテゴリ:釣行後記
4/20の日曜日、松江市美保関町男鹿で上がった「白玉模様」のキス…。
現場での検死結果では、死因は海中から引き揚げられたことによる窒息死(当たり前…)とのこと。なお、体中に白い斑点があることから、生前は「白点病」に罹っていたとの“見立て”でした。


しかし、家にもどり「病理解剖」のため、体表を覆っている鱗を取ってみたところ、表皮にも同じような白い斑点が確認できました。

となると、寄生虫を起因とする「白点病」ではない可能性が大ですね。

そもそも「白点病(海水性)」とは、繊毛虫の一種

である“クリプトカリオン・イリタンス”の寄生によって発症し、「尾腐れ病」とともに観賞魚を飼った人ならば、必ずと言っていいほど一度は経験する“ポピュラー”な病気です。なので、個人的には沢山の症例を見てきているので、「白点病」と断定出来ない事由が多々あるのです。

まず症状ですが、「白点病」の場合は“白点”の名の通り、ゴマ粒以下の白い斑点を表皮にまぶした感じになるのですが、本件は鱗大の斑点で、どちらかというと“白点”というよりは“白玉模様”なのです。また、「白点病」は自然界にも存在しますが、発症するのは稀で、水槽などの閉鎖的な環境で魚の密度が高い場合など、ストレスを受けやすい状況下において発症することが多く、寄生する“クリプトカリオン・イリタンス”が25℃から30℃の高水温を好むことから、水温15℃以下のこの時期に発症する可能性は限りなくゼロに近いのです。
では、生前、被害者(シロギスのこと)はどんな病気に罹っていたのでしょうか?

色々な“魚病”を調べた結果、『リンホシスチス病』という、リンホシスチスウイルスを原因とする感染症に辿り着きました。
「リンホシスチス病」は魚類のウイルス病としては最も古くから知られていたもので、
症状は体表、鰭、まれに筋肉内、腹膜、内臓諸臓器の表面に不規則に白色、灰白色ないし黒色の水泡状あるいは腫瘍状の病巣部が出来るとのこと。


また、この病巣部は光を乱反射するので、水から取り揚げると銀白色にみえるそうで、確かに、海中から引き揚げた直後は白い斑点部がキラキラと光り、水泡が纏わりついたように見えました…。

右の写真は、引き揚げ直後の現場写真です。





左は検死写真?ですが、こうして、日陰でみると「白玉模様」は目立ちません。

パット見た感じでは、取り込みの最中に鱗が剥がれただけのように見えますね。

「リンホシスチス病」の治療・予防法は、まだ確立されていないようですが、ほとん

どは“自然治癒”して斃死(へいし)する魚は稀のようです。
日本ではブリ、マダイ、スズキ、ヒラメなどの発症例が報告されており、シロギスの発症は1987年の「北里大学水産学部の研究」にて確認されています。

なお、解剖後の漁体については、念のため“皮を剥ぎ”し、さらに“湯通し”して、美味しく?我が家の猫が食べました。4日経ちますが、いつも通り元気に暴れています。

ちになみに、「白点病」に罹ったシロギスの映像がありますので参考まで。
この映像を見る限りでは、今回のキスの症状と違うようですね。



ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-22 | カテゴリ:釣行後記
「釣りロマンを求めて」の後釜番組として、昨年の10月からスタートした「釣り百景」…。スポンサーの「シマノ」が、より多くの釣りファンが同じ時間に視聴できるよう、全国一律での放送が可能な「BS-TBS」に移行して、約半年が経ちました。
次回で「30回目」の放送ですが、やっと“投げ釣り”です。

放送時間は、明後日の4月24日(木)20:00~22:54です。
『早春の北海道で豪快投げ釣り!良型カレイを堪能』と題し、その内容はというと…

釣り百景300
「釣る以外にも「遠くまで投げる」という豪快さと爽快感が人気のスポーティなゲームといえば投げ釣り。

今回初登場の元プロサッカー選手•小倉隆史が、エキスパートの日置淳とともに北海道の海を訪れる。


北海道の魅力は何といっても魚種の豊富さと、本州では味わえないような良型の魚と出会えること。クロガシラカレイやマガレイなど、数種類のカレイを目標に、季節外れの爆弾低気圧で厳しい条件に翻弄されながらも、良型を堪能する。」

とのこと…。

久しぶりに、「日置師匠」の登場ですね。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-20 | カテゴリ:キス釣行記
今日は曇で、気温は「10℃」ぐらいありました。
ただ、東の風が強く、気温以上に寒く感じます。
今日も、昨日に引き続き出撃しましたが、2、3日前まで雨との予報だったので午後から予定をいれてしまい、午前中の勝負となりました。

当初は、時間がないので昨日釣れた「恵曇港」に向うつもりでしたが、境港の「タイドグラフ」をみて「美保関」に行くことに決めました。
今日は“中潮”ですが、日中の潮位差がありません。こんな日は、「境水道」でも流れが緩いと読み、以前より「Dsmarts」で試したかった場所に向います。


「男鹿」に7:30到着。
東風…なので左からの横風が強く吹いています。
「護岸壁」には、既に沢山の投釣り師が、竿を並べられています。

県道の改修工事も舗装まで完了しており、パッと見、“投師”のために舗装したように見えます。



で、私は少し歩いて、通称「男鹿のハズレ」まで来ました。ここは、丁度「境水道」の外洋との出入口。

準備をしていると、目の前をこの時期の名物?サヨリ漁の船が行き交います。

3チームぐらいで、行ったり来たり…なので、20分ぐらいのペースで来ます。

私は、1本竿でチョイ投げなので問題はないのですが、「護岸壁」で3、4本置き竿されていた方々は釣りになったのでしょうか。


さて、目的の場所に到着です。ここはご覧のとおり足元はゴロタ石、後は県道の護岸と雑木…と投げ釣りには劣悪な環境です。

今日はまだマシなほうで、大潮の満潮になると投げるスペースがさらに狭くなります。また、船が通る度に大波がやって来ます…。


水温を測ると「14.0℃」と思った以上に高く、予想通り潮の流れは緩いです。
時間的には、丁度潮の変わり目で夕方までダラダラと下げる感じですね。
これなら10号のオモリでも何とか出来そうです。

早速、足元と後ろに気を付けながら投げます。
強い横風を受けて4色出て行きますが、糸ふけをとって3.5色が限界…。
このポイントでの釣り方ですが、根掛りが多いので、あまりサビかず潮の流れに任せて、オモリを「ドリフト」させます。


常にライン・テンションをキープしながら、オモリが流されて糸が“フケた分”だけを巻く感じ…

すると、「ブルブルッ」ではなく「ゴンゴン」と引っ張る感じのアタリがあり、少し送ってから軽くロッドを立てて合せます。




掛けてからも大変で、一気に巻き上げ水面に浮上させます。でないと手前の藻場の餌食となります。今日も3匹回収に失敗しました。

ただ、「ディースマーツ アームシンカー」の舟型は、普通の天秤に比べ浮上しやすいので、この場所にマッチしている感じがします。



バンバン釣れる訳ではないですが、「20cmオーバー」の良型が釣れます。

「Dsmarts」で、これぐらいの型が掛るとやり取りが楽しいですね。

下げ潮とともに、水道内にテクテクと移動しながらポイントを探ります。




最終的にはこんな場所までやって来ました。

ここは、ちょっと突き出た場所で、写真では分かり難いですが、藻場の先のカケアガリ付近に潮目が出来ています。






そこをめがけ、バス釣りの如くサイドスローを駆使し投げ込みます。

しばらく、潮目に沿ってドリフトさせていると「ガツン」とアタリ。

姿を見せたのは、“丸太のよう”な「24cm」でした。





「境水道」のキスは、「日本海側」のキスに比べ“黒っぽい”気がしますね。

また、気温が低いせいなのか、それとも水温が高いせいなのかよく分かりませんが、キスが暖かく感じます…。





今日イチの「25cm」ですが、釣り上げたときは泡と勘違いしたのですが、体中に“白い斑点”があります。

熱帯魚を飼ってるので、「白点病」かと思ったのですが、そもそも海水性の「白点病」って水温が高い場合にかかる病気…この時期に罹る病気なのか…不思議です。


粘れば、まだ釣れた感じでしたが、他に「Dsmarts」で試したい場所があったので、撤退して「美保関方面」に東進します。
が、投げたい場所でノリ採りをしているので引き返すことに…。


時間がまだあるので、帰る途中、「境水道大橋」の橋脚で投げてみますが、オモリが流されます。

ここまで水道内に入って来ると、さすがに“10号のオモリ”ではダメみたいですね。
釣りにならないので3投で撤退です。



帰途、「日向浦」の船降ろし場で「つれたかさん」が投げられている姿がチラッと見えます。また、「宇井」に様子見に行くと「投げキスキャスター」さんが投げられていたので、しばし釣り談義をして一旦帰ります。


用事が早く済んだので、止せばいいのに再出撃です。

昨日に引き続き「恵曇港」に来ました。ですが、昨日までは掛らなくても「アタリ」だけはあったのですが、今日は「アタリ」も1度しかありません。

結局、30分ほでで退散…。



本日の釣果です。
本命「14-25cm」10匹の内、10匹全てキープです。

「20cmオーバー」は6匹。

「境水道」VS「Dsmarts」…本日の結果は、1勝1敗でした。





本日の釣果   10匹(内10匹キープ、20㎝以上6匹)、2.86匹/h
        今年度累計223匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
(美保関)   リール:Dsmarts 2506PE+PE0.6
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
(恵曇)    リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-19 | カテゴリ:キス釣行記
今日は、良い天気なので出撃しました。
当初は、良型が上がっているようなので「境港」まで遠征する予定でしたが、途中「佐陀川」の水温を測ったら“15℃”と意外に高かったので、そろそろ“島根半島の日本海側”も本格的に釣れ始めると思い、急遽、近場の「恵曇港」に向いました。
エサは先週の残りの砂虫に、追加で30g購入です。

9:30前に「恵曇港」に到着。
快晴で雲ひとつないのですが、気温は“13℃”と低く、また北東の風が7、8mと強いので、体感的には5、6℃ぐらいに感じますね。
今日は、防寒着を持って来なかった事を後悔しながらの釣行となりました。


取敢えず、新堤内にやって来ますが、水温が“11.0℃”と前回よりも逆に低いです。

とても釣れる気はなかったのですが、折角なので投げてみます。しかし、生命反応がありません。

3投して撤収です。




旧堤内に移動です。
案の定、水温は“13.0℃”と佐陀川の水温に影響されているようで高いですね。

前回、アタリがあったポイント投げ込むと“魚信”がありますが、相変わらずなかなか乗って来ませんね。
そこで、「833ML」にタックル変更です。



「833ML」の準備を終えて、“置き竿”にしていた「903M」を回収すると連で掛っています。しかも、2匹とも針を飲込んでいます。

、“置き竿”の方が釣れるのでしょうが、あくまでもアタリを楽しみたいので“手持ち”に拘ります。




食い込みを考慮して、オモリを8号から5号まで落してみると、アタリのほぼ9割方“針掛り”するようになりました。また、ポイントは65m前後でしたが、追風なので5号でも十分届きます。

こんなチビちゃん(もちろん放流)も掛ります…。




ここのキスは、潮が満ちて行くにつれ、湾の奥まで入り込む傾向があるので、上潮に合わせて移動します。

すると、「ガツン」とアタリがあり良型が掛ります。

久しぶりの「20cm」オーバー…と“チビちゃん(放流)”の連です。




上潮と供に、さらに湾の奥へと移動し、「旧恵曇市場横」までやって来ました。

ここは“シモリ”があって、根掛りしますが、割と近くで良いアタリがあります。

今日イチの「22cm」。




コイツは足元で食ってきました。

まだまだアタリはあったのですが、寒さに我慢出来ず納竿です。

「キス前線」満開までとはいきませんが、久しぶりに「20cm」オーバーのアタリを満喫した釣行でした。




帰って、「22cm」を捌くと、まだ未成熟ながら卵巣が出てきました。

この調子なら、あと半月もすれば産卵のため浅瀬に寄って来そうなので、サーフでも釣れ始めそうですね。





本日の釣果です。
本命「10-22cm」20匹の内、17匹キープです。

あと、メゴチ4匹の内、2匹とマハゼを2匹を“ネコのお土産用”にキープです…。

この時期、ハゼが釣れるのは珍しいですね。
“越冬ハゼ”…です。


先週、思いの外、日焼けをしてしまったので、今日は“日焼止め”を塗っての釣行でした。ただ、顔は大丈夫でしたが、手に塗り忘れたので更に真っ黒…。

この時期の紫外線量は真夏と変わらないので、皆さんもお肌のケアを忘れずに…。


本日の釣果   20匹(内17匹キープ、20㎝以上3匹)、3.64匹/h
        今年度累計213匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M → 833ML
    リール:Dsmarts 2506PE+PE0.6 → 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 → 8号 → 5号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-14 | カテゴリ:キス釣行記
昨日は、午後から“下り坂”の予報だったので、午前中だけでもと思い出撃しました。
結果的に雨は降らなかったですが、一日中ハッキリとしない天気でしたね。
また、家を出るときは8℃でしたが、日中の最高気温は16℃ぐらいまでしか上がらず、東風も思ったより強く、肌寒く感じました。

で、天気が悪く前に帰ろうと、いつもより早く出掛けました。


土曜日に引き続き「恵曇港」に7:00に到着。

早朝にも関わらず、既に多数の釣り人がいます。
この時期の日曜ともなると、流石に多いですね。

ほとんどが“アオリ狙い”のようですが、家族連れも居られます。




で、空いている場所を“アッチコッチ”と移動して、アタリのあるポイントを見つけますが、相変わらず“ノリ”が悪いですね。

針掛りしても、回収中に外れたり、回収出来ても“口の皮一枚”状態が続きます。





しかも、苦労してフッキングさせても“遅生れ”…いわゆる、“去年の晩秋”に生まれと思われる「ピンギス」ばかり…。

頑張って、「放流サイズ」を釣っても仕様がないので撤収です。




本日の釣果です。
本命「12-15cm」10匹の内、3匹キープです。
あと、外道にメゴチが数匹釣れました。

キープは、隣の家族連れにあげたので、その前に記念撮影させて頂きました。




本日の釣果   10匹(内3匹キープ、20㎝以上0匹)、2.5匹/h
        今年度累計193匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M → 833ML
    リール:Dsmarts 2506PE+PE0.6 → 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 → 8号 → 5号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-12 | カテゴリ:キス釣行記
今朝は「2℃」まで冷え込みましたが、天気が良い様なので出撃しました。
前回、釣れている真っ最中に“撤退命令”…。
後ろ髪を引かれる思いで帰還したので、再度「恵曇港」へ向います。

P1020363.jpg
ちなみに、今日も残りの砂虫を使いました。

飼い始めてから15日目で、今回で5度目の出勤となりますが、元気ですね。

ただ、これだけでは心許ないので、「かめや」で砂虫30gを追加購入。



P1020364.jpg
7:30前に到着。まだ気温「7℃」と肌寒いですね。

早速、「JFしまね恵曇冷凍冷蔵庫」横に向いますが、前回釣れたポイントには、既に2人の投げ釣り師が居ます。

仕方なく、少し手前で数回投げてみますがアタリがありません。

水温を測ると「11.8℃」と前回釣行時より若干低めで、途中で測った「佐陀川」が「13.0℃」だったので、「1℃」以上も低い…と言うことは、今までの経験から「旧堤防内」の方が釣れる可能性が大きですね。

P1020374.jpg

そこで、早々にポイントを移動して「旧堤防内」を攻めることにしました。

「沖防」の枝堤に移動して一投目から小さなアタリ。

少し送ってから、竿を立てるとフッキングします。



P1020369.jpg
で、上がってきたのがコイツ、「メゴチ」でした。

でも、コイツが釣れるってことは、魚の活性が上がっているってこと…。で、キスも居るってこと。

案の定、投げる度にアタリがありますが、なかなか乗りません…。


P1020371.jpg

そこで、前回に引き続きオモリを10号から8号に、ロッドも「903M」を「833ML」に変えてみたのですが、食い込みが悪いです。

やっと掛けたキスも、記念撮影する前に針から外れてしまします。



P1020372.jpg

こっちも、撮影前に直ぐ外れてしまいました。

5回のアタリがあって、1回掛るかどうかの割合。

打率にすれば“2割”前後ってとこ…ですかね。




P1020377.jpg
湾内をアッチコッチ移動しますが、「アタリはあれど姿見えず」…ですね。

「針を小さくすれば良いのに…」との声が聞こえてきそうですが、どのような条件下でも“8号”の針で釣れなければ仕様がないと割り切っています。



P1020378.jpg

最近は外道すら釣れなかったのに、今日はメゴチ、べラ、オコゼ、チャリコも釣れ“5目釣り”達成です。

、キスの姿をあまり見ることは出来ませんでしたが、アタリが多数あり、外道も釣れるようになったので、活性は上がっているようです。


P1020380.jpg

本日の釣果です。
本命「14-18cm」4匹の内、4匹全てキープです。
20cmオーバーありませんでした。

あと、外道の内、ネコのお土産用に“チャリコ”を1匹キープです。




本日の釣果   4匹(内4匹キープ、20㎝以上0匹)、0.89匹/h
        今年度累計183匹
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M → 833ML
    リール:Dsmarts 2506PE+PE0.6 → 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 → 8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-09 | カテゴリ:キス釣行記
『闇が濃くなるのは、夜が明ける直前であればこそ』
これは、自由惑星同盟建国の父、アーレ・ハイネセン(マニアには分かる)の名言ですが、ようするに“夜の暗闇が一番暗くなる”のは“日が昇る直前”ってこと。
転じて、「どん底の後は必ず好転する」って意味ですが、前回の釣行まで6回連続“ボウズ”と正にどん底状態。ということは、今が“夜が明ける直前”であれば、次は必ず釣れるハズですが…。

で、昨日は1日オフだったので、“夜明け”を期待してキス釣りに出かけました。
朝、ちょっと残務を済ませ「境水道」に10:00到着。“小潮”なので、潮の流れはないと思っていたのですが、“大潮”並みにキツイです。しかも不思議なことに、干潮が3:32で、満潮が12:40なので、とっくに上潮のハズなのですが、下げています。
これでは、ライトタックルでは釣にならないので、「キャスティズム」を取り出し準備し始めたのですが、アームシンカー以外のオモリを忘れていることに気付きます。
仕方なく東進し、「境水道」を離れて潮の流れの緩い場所を目指します。


「男鹿」まで来ました。

上は道路工事中なので、下に降りて「D-smarts」で投げてみますが、釣になりません。

相変わらず、右から左への強い“下げ潮”のため、10号のシンカーなんて、簡単に流されてしまいます。


P1020327.jpg
更に東へ向かい、「杢井護岸壁」の階段下から投げてみますが、この頃になると西風が強くなり、ライトタックルでは投げるのも難しくなってきました。

オモリがあれば、「美保関港」の「東沖波止」まで行って遠投してみたのですが…仕方なく、撤退です。


P1020325.jpg
ところで、「男鹿」の道路改修工事ですが、ほぼ、路盤まで出来ていたので、線形が確認できます。

やはり路肩が狭いですね。

U字溝と縁石との間にカードレールが出来れば、投げ竿は振れなくなりそうです。



P1020329.jpg
そこで、ライトタックルでも狙える、「恵曇港」まで戻ってきました。

水温は12.0℃と前回より少し高いですが、まだまだの感じ。取敢えず、「JFしまね恵曇冷凍冷蔵庫」横から投げてみますが、意外にも良いアタリがあります…

が、なかなか乗りません。

P1020331.jpg
そこで、オモリを10号から8号に落し、またロッドもスペックを落し、柔らかい「833ML」にしたところ、乗ってきました。

今シーズンの“ファーストキス”です。
それでも、掛りが浅かったのか、取り込んで直ぐに針が外れてしまいました。


P1020345.jpg

その後、ピンポイントですが、投げる度に釣れます。

“連掛け”はありませんが、これで“ファーストヒット”から4連続です。






P1020349.jpg
30分チョットで6匹と良いペースで釣れたのですが、キスではなく、携帯が「ブルッブル」…。

「帰還命令」です。

移動ばかりで、実釣時間は2時間ほどでしたが、久しぶり(2/16以来)にキスの姿が見れたので満足です。


P1020318.jpg
ちなみに、今日も先々週の残りの砂虫を使いました。
飼ってから…ではなく買ってから11日目で、今回で4度目の出勤となりました。

余ったら、今日こそ放流しようと思っていたのですが、予想以上に元気なので、試しに今週末まで飼って?みようと思います。


P1020355.jpg
本日の釣果です。

本命「14-19cm」6匹の内、6匹全てキープです。
20cmオーバーありませんでした。

、「夜明け」までとは行かないですが、「朝焼け」ぐらいの釣果ですね。



本日の釣果   6匹(内6匹キープ、20㎝以上0匹)、3.0匹/h
        今年度累計179
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M → 833ML
    リール:Dsmarts 2506PE+PE0.6 → 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号 → 8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-07 | カテゴリ:未分類
鳥取位置ちなみに、「島根県」の右隣が「鳥取県」ですが…
その鳥取県の平井伸治知事。

前知事で、民主党政権下で総務大臣を歴任した片山善博氏と同じ、自治省(現総務省)出身ですが、かたや片山前知事が“官僚出身の改革派知事の代表格”として、お堅い情報番組のコメンテーターなどに多数出演していたのとは対照的に、“バラエティ番組”に積極的に出演され「鳥取」を猛アピールされています。

ある番組では「日本一アポの取り易い知事」と紹介されるほどで、あの吉本新喜劇に出演し「なんばグランド花月」の舞台にも立ったことも。

さて、その平井知事ですが、全国で唯一、米系大手コーヒー店チェーンである「スターバックス(スタバ)が無いことを番組で揶揄され、『スタバはないけど、日本一のスナバ(鳥取砂丘)はある』と切り返し、インターネット上でも一時、話題となりました。



ところで、我が「島根県」はというと、約1年前の3月27日、「スターバックス」が47都道府県で46番目となる店舗を「松江市」にオープンし、初日の売り上げが、国内店舗におけるオープン日の最高額を記録し話題となりました。
これにより、「スタバ」空白地帯を鳥取県だけに追いやることになるのです。

また、“山陰2号店”も再び島根で、“平成の大遷宮”効果に沸く「出雲大社(島根県出雲市)」正門前に、近々出店するとのこと。

すなば珈琲
これに痺れを切らせた?
鳥取県では、今月の4日、「スタバ」をもじったカフェ「すなば珈琲」をJR鳥取駅前など鳥取市内に2店舗オープン。
コーヒーはもちろん、「境港」で水揚げされた魚や県産野菜を活用した“こだわりのサンドイッチ”もメニューにあるとのこと…。


鳥取にお寄りの際は、「スタバ」のコーヒーはありませんが、「スナバ」のコーヒーを試してはいかがでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-05 | カテゴリ:キス釣行記
釣れない日が続くと、帰途の車中では「来週は釣りに行くのは止めよう」とか「しばらく釣りは止めよう」などと思うのですが、いざ週末が近づくと「明日から釣れ出すかも…」とか「今日、行っていれば爆釣かも…」と思い始めてしまい、居ても経ってもいられず、ツイツイ出撃してしまいます。
でも、結局、釣れず「出かけなければ良かった…」とか「エサとガソリン代で刺身が買えたのに…」と後悔するハメになるのです。
で、今日もそんな日となりました…。

今朝、起きると予報どおり雨が降っています。しばらく釣れていないので、ちょうど良い気分転換と思い、のんびりとマー君の初登板の観戦と決め込んでいたのですが、すぐに雨も上がり日も差してきます。
となると、如何にも「今日は釣れる」と暗示しているように思われて、無意識?のうちにタックルを車に積み込み、“いざ海へ”と向かうのでした。

10:30「恵曇港」に到着。
気温は8℃と低いですが、風も弱く日も差してきて良い天気です。


中潮で軽く上げていますが、前日の雨の影響でニゴリがあります。

しかも、水温を測ると「10.6℃」とキスの釣れる値ではありませんが、取敢えず、「JF冷凍冷蔵庫」前から投げ始めてみます。




P1020308.jpg
結局、20分ほど粘ってみたものの、生命反応が無いので「沖防」に移動です。

先端から投げてみますが無駄な抵抗でした。

今日はレジャーボートの出入りがなく投げ易かったのですが、アタリすらないので関係ないですね。


P1020311.jpg
ふと、南方の島根半島を見上げると、先日、自転車で登った「桜坂」が…。

こんなに釣れないと、この桜が散る前に、キスが釣れるのか不安になりますね。

ここは10分ほどで、早々に諦め撤退です。



P1020312.jpg

時期尚早と分かりつつも、藁にもすがる思いで「大芦港」にやって来ました。

水温は「12.0℃」と、「恵曇港」より高いですが、4投して生命反応なしです。





P1020313.jpg

少し足を延ばして、久しぶりに「加賀港」へ。

ここも、水温が「11.0℃」と低く、また、投げる度に大量の藻が仕掛に纏わり付いてきます。

結局、3投で撤収です。



P1020315.jpg
何時かは釣れると分かっていますが、その日が“今日じゃないか”と思うと、ツイツイ釣行してしまいます。

よく『止まない雨はない…』とか、『明けない夜はない…』と言いますが、長ーい梅雨ですね。

また、何時になったら『日はまた登る』のですかね。


本日の釣果   0匹(内0匹キープ、20㎝以上0匹)、-匹/h
        今年度累計173
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
    リール:Dsmarts 2506PE+PE0.6
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-04 | カテゴリ:キス釣行記
今日は、昨日のポカポカ陽気から一転、昨夜は雨音で目が覚めるほどの大雨でした。
今朝も、時折、20m近い突風が吹いたりして大荒れ模様となり、気温も昨日より15℃も下がりました。

さて、昨日のことですが、所要で午後から「米子」に行くことになったので、少し…ではなく大分、遠回りをして「境水道」と「美保関」に寄ってみました。
例年なら、とっくに釣れ始めてもいい時期なのですが、このところサッパリ良い釣果が聞こえてこないので様子伺です。
前回が2/9だったので、約2ヶ月ぶりの「境水道」ですね。

P1020288.jpg
様子見だけの予定だったので、釣行するつもりは無かったのですが、先週の土曜のエサが残ってるので、時間に余裕があれば投げてみようと思い道具も積んで出かけることに…。

エサの保管箱のペーパータオルを捲ると、砂虫が元気に動き回っています。


P1020290.jpg
ペーパータオルは安価で、砂虫の“寝床代り”には良いのですが、間に入り込まれると取り出すのが大変なのが難点ですね。

この砂虫、先週の金曜日の夜に購入したので、6日目になるのですが、1匹も死んでしませんでした。





道中、「境水道」を右手に見ながら「宇井港岸壁」までやって来ましたが、ここまで釣人が一人もいません。例年のこの時期なら、平日でも沢山の釣人を見かけるのですが…。これなら、釣果情報が少ないのも頷けますね。
裏を返せば、それだけ釣れていないってこと…ですかね。

さらに「宇井」から約1kmほど東進した「日向浦」。車だと“アット言う間”に通り過ぎてしまいますが、船着き場に一人の“投げ釣師”がチラッと見えます。
場所といい、竿のキャスティズムぽい色合いといい、「つれたかさん」かな思ったのですが、後に車が続いていたので、挨拶もせずそのまま美保関方面へ向います…。

P1020297.jpg
で、美保関の「男鹿の護岸壁」まで来ました。
この時期に良く来るポイントですが、道路工事のため、現在は“立入禁止”です。

途中でも、所々で道路の拡張工事をしており、「玉井斎場前」は部分的に完成しているようですが、「なべや別館前」から「旧南中学


校前」周辺は工事中です。
2月に来た時は何にも無かったので、最近、着手したようですね。

なお、「なべや別館前」と言えば、大ギスが釣れるポイントで、シーズンとなると、夜明け前から“県外ナンバーの車”が横付しているのを良く見かけますが、当分はダメみたいですね。横付ポイントから、埋め立て用の仮設進入路を施工していました。

P1020294.jpg
また、「なべや別館前」の道路工事の工期はハッキリしませんが、「男鹿の道路改良工事」は、工事看板では5/9になっています。

、完成しても以前のように投げれるスペースは確保出来なくなりそうですね。




P1020039_convert_20140209145721.jpg


ちなみに、こちらが2月に訪れた時の工事看板。

3/25工期でしたので、私の想像したとおり、約2か月の工期延期をしています。





P1020292.jpg
で、「男鹿」から更に東進して、「杢井の護岸壁」まで来ました。

10時半前なので、丁度、“干潮の潮止り”のハズですが、潮はまだ下げています。

いつもの事ながら、“境水道の潮は急には止まらない”…ですね。


P1020291.jpg
潮はニゴリもなく澄んでいます。そこで、水温を測ってみると「13.4℃」と思ったより高いので、時間の許す限り投げてみました。

第1投、6色から探りますが、3色付近で急にコツンとアタリがあり、急に重くなります。



P1020293.jpg
最初はナマコだと思ったのですが、水面まで上がってきたのは「コウイカ」。

ですが、引き上げの際バレてしまい、残ったのは傷だらけの「イトヒキハゼ」…俗にいう「テカミ」です。

どうやら“コイツ”に抱き付いていただけのようです。


その後、時間がないので、1投毎に約25m移動しながら広く探りますが釣れませんね。たまに良いアタリがありますが、なかなか針掛りせず、6投したところで時間切れで撤収です。

約40分の釣行で、また今日も釣れませんでしたが、天気も良く久しぶりにアタリの感触を味わったので、良い気分転換になりました。
水温も徐々に上がっているようなので、今週末には釣れそう…ですが、週末は天気が悪そうですね。

本日の釣果   0匹(内0匹キープ、20㎝以上0匹)、-匹/h
        今年度累計173
本日のタックル ロッド:CASTI'ZM 25-385
        リール:TS35+PE0.8
        仕掛け:篭定爆釣天秤スリム+発砲オモリ25号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-04-02 | カテゴリ:自転車
今日は風もなく、気温も20℃まで上昇…。
で、夕方から時間が出来たので、久しぶりに「自転車で山登り」に出掛けました。
日が暮れるまで時間がないので、「恵曇」から「横手林道」を登り島根半島を山越し、「宍道湖」の湖北線(国道431)に出て戻ってくる、50kmのショートコースです。

P1020287.jpg
恵曇から「横手林道」を登って行くと、眼下に「古浦海岸」が見えます。

沖のテトラ堤が出来てから、年々、砂浜が広くなっていたのですが、今年は一気に倍近くなってます。

地元の漁師さん曰く、年々遠浅になっているとの事。


P1020286.jpg
最近、釣れなくなった一因かもしれませんね。

暫く登ると、「桜のトンネル」が続きます。

まだまだ“4分咲き”程度ですが綺麗ですね。
この坂は、車も人も通らず“桜一人占め状態”なのでこの時期はおススメです。



「桜坂」…ですよ。

島根半島の坂道はほとんど制覇しましたが、この時期、桜が綺麗な「桜坂」は、ここ「横手林道」か島根町野波の「チェリーロード」ですかね…。

まあ、都会と違って人が居ないのが良いですね…。


P1020273.jpg
約400m登って見下ろすと、「恵曇港」が見えます。

例年と変わらぬ景色ですが、この“陽気”で、この“桜の開花状況”でキスがまったく釣れないなんて…と改めて思ってしまいます。

桜は既に“4分咲き”ですが、キスの活性はまだ“蕾”のようです…ね。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ