2014-03-31 | カテゴリ:釣行後記
1匹も釣れなかった3月も終わり、明日から4月です。
新年度となり“消費税も8%にアップ”、月が替わって“釣果もアップ”となれば良いのですが、ま、今までのデータを見ると、そろそろ釣れてもおかしくない雲行きです。

去年の3月のデータを調べてみると、5回の釣行で67匹(13.4匹/回)と例年通りの釣果でした。 が、今年は2回だけの釣行ですが2回ともボウズ…。
これとは逆に、例年“ほとんど釣れない2月(去年は2匹)”に50匹近く釣れたことから推察すると、今年の「キスの冬休み」は約1ヶ月ずれ込んでいる様子…。

例年は、2月から3月中旬までの約1ヶ月 半が「キスの冬休み」ですが、今年は2月下旬から4月初めまでのようで、1学期の始業式あたりから釣れ始めそうですね。

2013 3月釣果
    月  日   潮         釣     ポイント            釣    果
  サイズ      匹    数
 3/17(土)  中潮 松江市美保関 男鹿    5色  15-22   13   13
 3/20(水)  小潮 松江市美保関 男鹿    5色  15-19   11   11
 3/23(土)  小潮 松江市美保関 男鹿    5色  15-21   14   19
恵曇港    3色  13-19     5
 3/30(土)  中潮 松江市美保関 男鹿    4色  15-19     2     6  
美保関 杢井    4色  15-18     3  
恵曇港    4色    20     1
 3/31(日)  中潮 松江市美保関 男鹿    5色  15-22   18   18
  総 数   67   67
  平 均   13.4
2014 3月釣果
    月  日   潮         釣     ポイント            釣    果
 サイズ      匹    数
 3/23(日)  小潮 松江市恵曇港      -     -     0     0
大芦港     -     -     0
 3/29(土)  中潮 松江市恵曇港     -      -     0     0
  総 数      0
  平 均    0.0


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

スポンサーサイト
2014-03-30 | カテゴリ:釣行後記
松江城 開花
今日は、未明から降り始めた雨が一日中降り続き、そのせいか気温も14℃までしか上がりませんでしたが、昨日、一昨日と20℃超えの“春らしい陽気”が続き、松江城の桜も開花し始めました。

ただ、残念ながら日本海はまだ冬のようで、水温は一向に上昇しません…。

定点水温 140326
右図は山陰沿岸と若狭湾の「定点水温」です。

パッと見、1週間で一気に上昇していると錯覚しそうですが、「浜田」、「舞鶴」、「神子」の3地点は表層採水測温なので、このところの気温の影響を受けての“1℃以上”の上昇だと思われます。

これに対し、水深12mの底上2mからの取水を測温している「宮津」、「湯梨浜」の2カ所を見る限り、3月始めとさほど変わらず…。

キスの活性も悪いようで、日本海側はもちろんですが、「境水道」からも良い釣果が聞こえてきません。昨日も出撃しましたが、敢え無く撃沈…です。

確かに今年は記録的な大雪となり、よく“未曾有”とか“観測史上1位”などと良く見聞しましたが、それは関東甲信越・東北の話で、山陰地方はそれほどではありませんでした。むしろ例年より少なかった気がします。
宍道湖の水温も異常に低いという訳でもなく、サッパリ原因が分かりません。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-29 | カテゴリ:キス釣行記
年度末でなにかと忙しく、今週は出撃する予定ではなかったのですが、“キスのアタリ依存症”の私としては、1ヶ月以上も「ブル、ブルッ」の感触から遠ざかっていると“禁断症状”が出てしまい、“もうそろそろ釣れるかも”と思うと居ても立っても居られずキス釣りの出かけました。
午後から下り坂のようなのと、残務が待っているので2,3時間勝負です…。


9時前に「恵曇港」に到着。
取敢えず「JF恵曇冷凍冷蔵庫」前からスタート。

去年の今頃は結構釣れたポイントだったのですが、生命反応無しです。

思いの外、南風が強くなり、向い風になってきたので、15分ほどで移動です。


P1020261.jpg
で、「南防」の先端に来ましたが、船舶の往来が激しく釣になりません。
また、水温もまだまだ低く、キスの活性も悪いようです。

こんな場合は、潮とか時合がどうのこうのじゃなく、我慢して釣り続ければ釣れるものでもないので、小一時間で撤収です。

今まで“3回連続ボウズ”は何回かあったのですが、今回で4回連続は初めてですね…記録更新です。しかし、今年の日本海の低水温は異常です。


本日の釣果   0匹(内0匹キープ、20㎝以上0匹)、-匹/h
        今年度累計173
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
    リール:Dsmarts 2506PE+PE0.6
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-23 | カテゴリ:キス釣行記
連休最終日、絶好の釣日和…ですが、まだ水温が低いので、時期早々と思いましたが、今シーズンの“開幕戦”に出撃しました。
昨シーズンの“最終戦”が2/23なので、丁度1ヶ月ぶりの釣行です。
開幕戦は、「昨シーズンの最後に釣れたポイントからスタートすると釣れる」というジンクスを信じて、『恵曇港』に向います。なお、日が高くなるにつれ、風が強くなるとの予報だったので、この時期にしては早目の8時前に到着です。

水温が「11℃」ぐらいあれば何とかなると思い、測ってみますが何処も「8℃」を超えるポイントがありません…とてもキスが釣れる温度ではありませんね。


ちなみに、「JFしまね恵曇」西側で7.8℃。1週間前の同じ場所で9.6℃だったので、一気に2℃近く下がっています。

「佐陀川」の水温が6℃前後なので、「宍道湖」から流入の影響が大きいようですね。多分「境水道」にも影響していると思います。


P1020244.jpg
折角来たので、「903M」と「2506PE」のマッチングで試投してみます。

横風ですが、10号で軽く4色出ます。「833ML」より1色チョット飛ぶ感じ…。

で、4、5投して感じが掴めたのと、風が強くなってきたので、30分で撤退です。


P1020246.jpg
時間があるので、様子見がてら「大芦港」に寄ってみました。ただ、9時過ぎに到着したのですが、釣人はいませんね。

この場所は、風に強く、特に西風は風裏となるため、ほとんどの場所で投げれない時でも、ここだけは大丈夫な場所です。


P1020247.jpg
そのせいか、山陰沿岸にしては珍しく「ブリの養殖」を行っています。

それだけ、この場所が風に強いってことなんですね。

いつ来ても「瀬戸内」のように穏やかです…。




P1020251.jpg
試しに水温を測ってみると9.6℃で、意外にも「恵曇港」より2℃近く高いですね。

、大きな流れ込みも無く、また大荒れしないので、表層の水温は高いのでしょうね。




P1020249.jpg
ここの水深は「恵曇港」の半分もないので、例年は“5月の連休前”までは釣れないのは十分承知なのですが、エサも勿体無いので、取敢えず投げてみます。

堤防の先端から第1投。
置き竿にして、暫くして戻ってくると投げた方向と違った方向にラインが向いています。

P1020253.jpg
軽く合わせますが、重たいだけで暴れないので「ナマコ」でも引っかけたと思いきや、上がってきたのはコイツでした。

“パッと見”は「コモンフグ」と「ショウサイフグ」のどちらか分かり難いですが、尻ビレが黄色いので「コモンフグ」のようですね。


その後、アタリがありましたが、回収中にバレしまい、結局、唯一のランナーはデッドボール?のフグだけ。
開幕戦は「完全試合」を逃れるのがやっとでした…。


本日の釣果   0匹(内0匹キープ、20㎝以上0匹)、-匹/h
        今年度累計173
本日のタックル ロッド:Dsmarts 903M
    リール:Dsmarts 2506PE+PE0.6
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-22 | カテゴリ:道具・仕掛
昨日の荒れた天気とは打って変り、今日は比較的穏やかな天気でした。
だだ、昨日は“冷たい雨”が降り続いたため、水温も下がりニゴリも酷い状況のようなので、今日の出撃は見合わせました。
明日も天気は良いようですが、西風が強く吹くとのこと。また、水温も去年のこの時期と比べると、まだ「1、2℃」くらい低いので、釣れる見込みは「ZE~RO~」ですが、ダメ元で投げに行こうと思います。
「まだ釣れない」というのも“釣果の1つ”ですからね。

暇なので、今日は「クーラーボックス」の改造…ならぬ、“プチ整形”してみました。
以前も書きましたが、「クーラーボックス」にあまり拘りはありません。クーラーの本来の機能は「保冷」、持って帰るまでの鮮度を維持していただければ結構なので…。
あくまでも動きやすさ重視です。

P1020229.jpg
現在は、「DAIWA SURF SU 800X」をベースにして、付属品以外に「CPシンカーホルダー3P」を2個追加しています。

あとは、「カウンター」と「ラインカッター付ピンオンリール」用のフックを付けているだけです。




で、今日の“プチ整形”…。

そのまま既製品と交換すれば使えると考え、安易に購入した「DAIWA」の“Wアーム仕様”のロッドスタンド、「CPスタンドW」

既製の取付金具に填まらず、暫く“お蔵入り状態”だったのですが…


P1020232.jpg
今回、「Dsmarts」が2基体制となったため、折角なので、ライトタックルなら3本掛け可能な「CPスタンドW」が使えるように手直しです。

まず、「取付金具」を取り替えます。
気付かなかったのですが、金属製だったんですね…。


P1020234.jpg

金属のカバーを外したら、こんなん出てきましたけど…。

プラスチック製の受けが、両面テープで張り付けてあります。





P1020235.jpg

プラスチック製の受けを外し、「CPスタンドW」用の取付金具を新しく装着。

残念なことに、前の穴が2つ残りますね。






P1020237.jpg

早速、「CPスタンドW」装着してみました…。

なお、ずれない様に固定されるのは良いのですが、アーム収納時に、クーラー蓋の開閉に支障となるのが難点です。




P1020236.jpg

ちなみに、以前のロッドスタンドも装着出来ます。

逆は出来なかったのに…不思議です。

基本、1本竿で「引き釣り」なので、大半はコッチなんでしょうね。



P1020241.jpg
ついでに、シンカーホルダーを1つ外ずしました。

ライトタックルの出番が多くなり、必要性がなくなったのと、軽量化を兼ね撤去です。

空いたスペースには、寂しいのでステッカーでも貼る予定…です。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-20 | カテゴリ:キス釣考察
日本海の表層は、北緯40度付近を境に南部と北部に分けることが出来ます。

日本海 表層水温2月
北部の表層には、低温・低塩分の海水(以下、冷水)が広がっています。

これに対し南部の表層には、九州西方沖に分布する黒潮系の水塊と東シナ海の沿岸水が混ざり合いながら、「対馬海峡」を通って流入する高温・高塩分の海水(以下、暖水)が広がっています。

その暖水は、東北地方西岸を通り、その多くは「津軽海峡」から太平洋へと流出し、残りは北海道沿いに


北上して「宗谷海峡」から「オホーツク海」へ流出します。
この暖水の流れが「対馬海(暖)流」です。

日本海の約300m以深は水温0~1℃程度、塩分34.1程度でほぼ均一な「日本海固有水」で占められていますが、 日本海南部の表層は、この「対馬海(暖)流」によって高水温・高塩分の状態に維持されているのです。

P1010674.jpg
なので、雪が積もる1、2月の日本海でも、そこそこ“キス”が釣れるのです。

それでは、何故、この「対馬海(暖)流」があるにも関わらず、2月下旬から3月下旬に海水温は低くなるのでしょうか?

一般的には、海洋が大気と比べて熱容量が大きく“熱し難く冷め難い”ため、陸上の気温が 1月下旬に最低となるのに対し、海面水温は1~2か月遅れる傾向があるのですが、これとは別に“日本海特有”の原因があるようで、2月中旬頃から気温が上昇し始めると、その温度上昇に伴い冷たい“雪解け水”が流れ込むため、日本海沿岸の海水温は1、2月よりも低くなると言われています。

定点水温 140219
今年も、2月下旬に入り水温が急激に下がり、キスが釣れなくなりました。

だからと言って、その原因が1、2月に釣れた場所から、一斉に深場に移動した為だとは思えないのです。
『宍道湖』の白鳥だって、少しずつ「シベリア」に帰って行くのです…。

仮に、更に深場に移動しただけなら、「船の沖釣り」で釣れてもおかしくないハズです。


それが釣れないということは、移動していないか深場も水温が低いってこと。

「落ちギス」とは、水温の下がる晩秋に、浅場にいた魚が越冬のため深場へと移動することを言います。要するに、1、2月に釣れるキスも“落ちた後のキス”、すなわち既に「落ちギス」なんですね。キスにしてみれば、“水温が安定した深場”、即ち“外気温に影響されない水深”まで落ちれば良い訳なので、わざわざ水温の変わらない外海の深場まで移動する必要もないので、穏やかな湾内や港内でジッとして体力を温存しているのでは…と想像するのです。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-17 | カテゴリ:キス釣考察
昨日、松江市では「20.8メートル」の最大瞬間風速を記録しました。
やはり「春一番」だったようで、「広島地方気象台」から16日、中国地方の岡山、広島、鳥取、島根の4県で「春一番」が吹いたと発表がありました。
ちなみに、昨年より15日遅いとのこと。

春一番 気圧配置
北日本付近を低気圧が進み、南から高気圧に覆われた影響で気温が上昇、「山陰地方」を中心に南寄りの強風が吹きました。

山陽側では、あまり強い風は吹かなかったようですが、山陰側で強い風が吹けば、中国地方全体を「春一番」とするようです。


「広島地方気象台」から発表があるのはそのせいかもしれませんね。

今日も松江市内は「18.7℃」まで上昇…今年の最高気温となりました。
また、鳥取市では「21.6℃」と“20オーバー”だったようです。

定点水温 20140312
しかし、こんな良い陽気が続いても、この時期の海水温は、雪も積もり氷点下を記録するような1月、2月の水温よりも低く、年間で一番キスが釣れないのが、この時期なのです。

では、この時期、キスは何処にいるのでしょうか

マグロ類を除く魚類は、爬虫類や昆虫と同じく「変温動物」です。「変温動物」とは、外部の温度により体温が変化する動物のこと…。

なので、海水温が下がると、当然キスの体温も体外温度と同程度まで下がります。
体温が下がると代謝機能や消化機能は低下し、いわゆる“冬眠状態”となるのでエサを食べる必要もなくなります。要するに、無駄なエネルギーを消費ないために、ジッとして動かずに捕食行動をしなくなるのです。

以上のことから推測すると、この時期のキスは、1月、2月よりも多少は深場に居ると思いますが、冬の日本海では、逆に深場のほうが水温が低い場合があるので、さほど居場所は変わらず、比較的穏やかな湾内の深みでジッとしているハズです。
この時期に釣れないのは、キスがいないのではなく、水温が低いとジッとして「エネルギーを消費しない」…結果、「お腹が空かない」…。
故に、「エサを食べない」だけ…かもしれませんね。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-16 | カテゴリ:釣行後記
今日は、南西の風が15、6mと強く、気温も16℃まで上昇…。
これが「春一番」なら、翌日から“西高東低”の冬型の気圧配置となり、寒さが戻る場合が多いのですが、今回は、少し遅れてから寒くなりそうです。


週末の連休中の予報は、“雪だるま”のマークが…。

そんな中、開幕本番前に「903M」「2506PE-SH」のコンビで試投しようと思い、久しぶりに『古浦海岸』にやってきました。





P1020217.jpg
南西の風だと山影になるので、何とかなると思いきや、大荒れです。

砂も舞い上がり、眼も開けられません…。

で、新戦力の「903M」と「2506PE-SH」のオープン戦でしたが、残念ながら中止です。


P1020223.jpg
せっかく来たので、水温を測ってみると…

ピンボケで分かり辛いですが、「10.6℃」でした。

「12.0℃」近くあると思ったのですが、まだまだ低いですね。




P1020201.jpg

『恵曇港』に移動…。

風が強く、珍しく湾内でも波立っています。








P1020204.jpg

湾内の水温を測ると「9.6℃」…。

外洋(古浦海岸側)より、更に1.0℃低いですね。







P1020200.jpg
そこで、「佐陀川」の水温を測ると、「7.6℃」

まだまだ、『宍道湖』の水温は低いようで、冷たい水が、湾内に流れ込んでいるようです。

今週末、開幕戦を予定していたのですが、まだまだですかね…。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-14 | カテゴリ:道具・仕掛
シーズン開幕戦に向け、サーフでの先発要員として『Dsmarts 903M』を補強済み。さて、これとコンビを組む“リール”の補強ですが…。

“振出”ならロッド毎にリールを揃えるメリットはあると思いますが、“並継”なので、当初は既存戦力の『Dsmarts 2003PE-SH』『Dsmarts 833ML』『Dsmarts 903M』との兼用機にするつもりでした。


ただ、カタログの…
「スプール径やウエイトバランスが、Dsmartsロッドの903Mとベストマッチ。より遠くのポイントで大型との出会いを求めるロングディスタンスタイプの組合せです。」という“謳い文句”に惹かれてしまいました。
また、遠投時の手返しと、大物外道が掛った場合を考え、2500サイズをベースに

した 『Dsmarts 2506PE-SH』を、“即戦力”として迎える事にしました。

このコンビで100mぐらい投げられれば、サーフの7割近くをカバー出来ることになり、ライトタックルでの“お気楽釣行”ばかりになりそう…。
他の投げ専用の竿の登板回数が、ますます減りそうですね。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-13 | カテゴリ:釣行後記
『NHK BS』で、本日放送された「釣りびと万歳」
鳥取県境港市沖の日本海で、お笑いタレントの鈴木拓(ドランクドラゴン)さんが、「キジハタ(アコウ)」の50cmオーバーの大物に挑むというプログラムでした。
次回(3/18)は、俳優の松田悟志さんが、冬の能登の“ザブトンガレイ”に挑戦とのこと。次回も楽しみですね。

外房 冬の投げ釣り
さて、数多くの釣番組がありますが、「キスの投げ釣り」に関するプログラムは、年間でも片手で数えるほどしかありません。
しかも、夏場が殆どで、稀に秋口にやるくらい…。

しかし、来週に『山陰中央テレビ』で放送される「フィッシング倶楽部」(テレビ埼玉製作、がまかつ提供)は、「外房 冬の投げ釣り!」と題して、珍しく「冬のキスの投げ釣り」にチャレンジする内容です。
放送時間は、3/18(火)深夜25:25~25:55の30分となります。
『テレビ埼玉』で3/6に放送されたもので、ロケ日も1/30のようなので釣情報としての価値は薄いです。

BSでは『BS12 TwellV(BS222ch)』で、3/21(金)17:00~17:30に同じ内容を放送します。
なお、無料チャンネルなので、BSが映れば全国どこでも見られます。
また、その他のローカル放送局の放送時間は、「放送スケジュール」をクリックして確認してください。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-09 | カテゴリ:道具・仕掛
新しい「水温計」が欲しくて調べていたら、いつの間にか「DAIWA」から”非接触式の水温計”が発売していたようで…しかも、去年の6月に発売されていたなんて…
知らなかったです。

アウトドア用品を製造販売している「snow peak」が、2009年4月にフライ・フィッシングを除くフィッシング事業に関する権利一式全てを、「DAIWA」に譲渡しているので「snow peak」製造の水温計を販売しているのは知っていましたが…。ちなみに、今は「AE-073フィッシングサーモ S」を所有しています。

水温チェッカーWP
で、「DAIWA」の非接触式水温計…。その名も「水温チェッカーWP」

カタログを見ると…
『とっさの際の落下や雨でも安心な防水仕様。
魚を釣るうえで重要な要素である水温。そうとはいえ高い足場や障害物など水温


水温チェッカーWP 仕様
を図るのは実は面倒な作業。水温チェッカーWPは、非接触式のため測定物に触れずにワンプッシュで測定が可能。これにより釣行データの蓄積は誰にでも簡単に手が届く作業になるのです。』とのこと。

ふ~ん、なるほど…。

でも、“見た目”も“仕様”もどこかで見たような…。



AD-5617WP.png
左の写真は、現在、使用している水温計の一つです。
非接触式の放射温度計で、「A&D」という計測、計量、医療機器、健康器具メーカーの「AD-5617WP」という製品です。
雨天時や水洗いを考慮して、防水仕様(IP67相当)タイプを購入しました。

なんか、“間違い探し”のようなくらいソックリですね。


AD-5617WP 仕様
強いて言えば、「ロゴ」が違うだけ…。

右は、「AD-5617WP」の仕様ですが、まったく一緒。
これは、どう考えても「OEM」…いわゆる「相手先ブランド名製造」ってやつですね。

ただ、「DAIWA」の「水温チェッカーWP」の本体価格は4,750円(税抜)

で、「A&D」の「AD-5617WP」の価格が3,800円(税抜)…。
ということは、その差額の950円が「DAIWA」の“ブランド代”…即ち“ロゴ代”ってことですかね。
ちなみに、私は「AD-5617WP」を「Amazon」で2,800円(税込、送料無料)で手に入れました。

「非接触式の放射温度計」は簡易で便利ですが、あくまでも目安です。
仕様書にありますが、その測定精度は「±2.5%または2.5℃のいずれか大きい方の値」ですので、直接、計測したい場合はコチラ。

TAKA T-147
「タカ産業(株)」という、兵庫県の釣り用品メーカーの水温計「TAKA T-147」です。

価格は、販売店によってバラツキがありますが、800円前後で売っています。
なお、“カラビナ”付なので、オモリに引っかけて水面まで下ろせば、簡単?に測れます。

ただ、寸法は4.5cm×2.5cmとコンパクトですが、水深30cmまでしか対応出来ないので、あくまでも表層の水温の確認しか出来ません。
間違っても、オモリに付けてそのまま投げ込まない様に…。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-08 | カテゴリ:道具・仕掛
現在の主戦は、数年前に“展示処分品”を破格な値段で手に入れた「DAIWA SURF SU 800X」です。それ以前は、古い「DAIWA SNOWLINE GX-6V」を使っていましたが、処分したのでクーラーは今のところ、これ1つです。
正直なところ、クーラーボックスにあまり拘りはありません。そこそこ保冷力があれば十分だし、クーラーに入らなくなったら釣りを止めればいいので、8Lで丁度いいです。動きやすさ重視です。

なので、4月に「COOL LINE α SU/S1000X SURF」、5月に「COOL LINE SU/S800X SURF」と新製品がリリースされますが、食指が動きません。
今のクーラーは、多少、カスタマイズ(シンカーホルダーの追加、サイドボックスを“正規品”から“CP SIDE BOX/M”に変更、夏用に内蓋改造)していますが、特段不便は感じていない(強いて言えば、投入口の開閉ぐらい…かな)ので、壊れるまで使うつもりです。

で、今日は「束の間の休息」を利用してメンテナンスです。

P1020133.jpg
クーラーの底の“足”の部分に、“砂の侵入防止”と“堤防でのクッション”のために貼り付けてた「床キズ防止材」の補修です。

0.9インチ(約2.5cm)の大きさがピッタリで、「DAISO」に行けば100円(当たり前ですが…)で売っています。


P1020130.jpg

昨年末から堤防ばっかりだったので、かなり擦り減っていました。

特にシンカーホルダーがあるせいか、前面側の2カ所が酷かったので、撤去して貼り替えです。




P1020135.jpg

写真のとおり、新品を張り直して補修完了です。

たかが100均…、されど100均…侮るなかれ、結構な粘着力です。
滅多なことでは、剥げませんよ。




ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-07 | カテゴリ:未分類
P1020166_convert_20140307144558.jpg
今週から冬に逆戻り…というか、先週までが冬らしくない陽気が続いていたので、やっと、“山陰の冬”らしくなった感があります。

昨日と今日と2日連続で、朝起きると辺り一面、雪景色でした。




P1020173_convert_20140307144814.jpg
一年中、キスを追っかけて島根半島を“東奔西走”していますが、2月から3月にかけての約1ヶ月半は“オフシーズン”、そう「束の間の休息」です。

昨シーズンの開幕戦が、3/17。海水温と睨めっこしながらですが、今シーズンの開幕は3/21-23の連休あたりになりそう…ですね。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-05 | カテゴリ:道具・仕掛
プロ野球は、3/28の開幕に向けてオープン戦真っ盛り。
各球団も、優勝目指して“ドラフト”や“トレード”で補強した戦力を試合で試しているようですが、期待通りの活躍する人もいれば、中にはそうでない人もいるようで…。
、秋にはどのような結果になっているか楽しみですね。

P1020163.jpg
で、私も開幕に向け、戦力補強です。
今年のドラフト1位、「D-smarts 903M」
「Amazon」に1本だけあったので、契約金? 17,612 円で入手しました。

ポジションは、10号まで対応可能なので、4色以内のサーフを考えています。


P1000076.jpg
昨シーズンのドラフト1位の『TOURNAMENT SURF45』…。
高額な契約金の割には、登板数が少なかったような…。更に、「D-smarts」の新戦力入団により、ますます登板機会が減りそうな感じです。

今シーズン末にはトレード要員になりそう…。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-02 | カテゴリ:キス釣考察
今年に入り日本海の沿岸各地で、深海に棲む「ダイオウイカ」が相次いで捕獲され、海岸でも多くの死骸が漂着ているとのこと。また、島根県冲では“地震の前兆”とも言われる深海魚「リュウグウノツカイ」や別名“地震魚”と呼ばれている「サケガシラ」が漁網で生け捕りにされたり、中学生が浅瀬で釣り上げたりするなど「天変地異の前触れでは…海底で地殻変動でも起きているのでは…」と心配する声もあるようです。
専門家は「地震との関係は迷信。仮に深海で何かが起きたために岸辺に上がってくるとしたら、もっと大量に見つかるはず」と指摘していますが…。

ダイオウイカ 網代新港
そもそも「ダイオウイカ」は、深海でも“暖かい海”の「500~1000メートル」の深さを生息域としており、その適水温は意外にも高く「6~10℃」だそうです。
しかし、日本海には水深300メートル以深に「日本海固有水」と呼ばれる「0~1℃」程度の冷たい水の層があるため、他の海域より浅い水深200メートル付近までその生息域を広げているようです。
ちなみに、1月に鳥取県冲で捕獲された個体は、水深240メートルで“底引き網”にかかったとのこと。


相次ぐ深海魚の捕獲の原因について、専門家は「例年に比べ日本海の水温が低いため、より温かい海面近くに上がってきているのではないか」と分析しているようですが、実際、気象庁によると、例年の1月の日本海なら水深200メートルで「7℃前後」なのに、今年は「4℃前後」まで低下していたようです。
その低い水温層を避けて、さらに表層へ移動したところに強い北西風が吹くと、弱った「ダイオウイカ」は日本沿岸に向けて押し流され、その結果、新潟県から山口県にかけての海岸に漂着するというメカニズム…のようです。
、“仮説の域”を出ませんが…。

さて、ここからが「キス」との関係です。
今年の冬の海水温は、前述のとおり水深200メートル付近では低下していたようですが、表層に限っては例年どおりで極端な変化はありませんでした。

海水温 130201 300
右の図は、衛星から観測した表面水温図で、去年の2/1のものです。

これを見ると、山陰沖は13~14℃で瀬戸内は意外に低く10~11℃ぐらいだと分かります。また、太平洋側では、伊勢湾内は瀬戸内同様10~11℃ぐらいですが、熊野灘付近は17~18℃と高いことが分かりますね。




海水温 140201
左の図は、同じく衛星から観測した表面水温図で、今年の2/1のものです。

見ての通り、表層の海水温は去年とあまり変わりません。逆に島根県西部の浜田辺りは若干、高いことが見て取れます。

では、何故、今年の2月に限って遅くまで釣れ、また数も釣れたのでしょうか?



これはあくまでも私的な考えですが、キスは水温の低下に伴い少しでも暖かい深場に移動していきます。しかし、表層より深場の水温が低ければ移動せず浅場に残るのではないでしょうか。今年がそのケースだったと私は思います。
例年なら、1月末頃から表層の海水温が深場の海水温より低くなり、キスは深場に移動してしまい釣れなくなる。が、今年は表層の海水温は例年通りでしたが、深場の水温が低かったため、表層の水温が深場の水温より低くなるまで居座り続けた…そう考えた方が自然のような気がします。

海水温 140226 300
その証拠に、2月中旬を過ぎてから一気に海水温が下がった途端、全く釣れなくなりました。

右の図は、今年の2/26の表面水温図です。
2/1と比べて3℃も低くなっており、特に境水道を含めた島根半島の東部は10℃、あるいはそれ以下まで下がっているのが分かります。




定点水温 140219
また、左図は2/19の「沿岸定点水温」です。
( )内が1週間前の2/12のデータなので、これを見る限り1週間で一気に約1℃水温が下がっていることが分かります。

2/16にはそこそこ釣れたのですが、その翌週の2/22からバッタリ釣れなくなったのは、このせいかもしれませんね。





で、結論…。
『日本海沿岸で、深海魚が例年より多く捕獲あるいは漂着する年の冬は、キスは遅くまで良く釣れる』…です。
冬場に深海魚が例年より多く捕獲あるいは漂着する…その年の日本海沖の深場の水温が低い…キスが深場に落ちず、浅場に居座る…結果、例年より遅くまで釣れる。

“風が吹けば桶屋が儲かる”的な発想ですが…。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-03-01 | カテゴリ:釣行後記
今日から“3月”ですね。
2月の中旬あたりから、深場でも水温が10℃近くまで下がってしまい、釣れなくなりました。また、境水道辺りの水温も10℃を切っているようなので、当分の間「キス釣り」はお休みです。去年の再開が3/17だったので、今年もそんな感じですかね。

さて、2月の釣果ですが、6回の釣行で46匹、1回の平均は7.7匹でした。
去年の2月が4回の釣行で3匹(0.8匹/回)しか釣れなかったことを考えると、2月としては釣れたほうだと思います。
明日は、快晴で風もなく絶好の“釣日和”のようですが、1日粘っても“1匹釣れるかどうかの状況”なので、家で道具の手入れですね…。

2013 2月釣果
   月  日   潮         釣       ポイント      釣   果
  サイズ  匹数
   2/2 (土)  小潮 松江市美保関 男鹿     -     -    0
美保関 杢井     -     -      0
   2/3 (日)  小潮 松江市美保関 男鹿    4色     18    1
美保関 杢井     -     -    0
恵曇港    4色     17    1
  2/10 (日)  大潮 松江市恵曇港    3色     15    1
  2/11 (月)  大潮 松江市恵曇港     -     -    0
美保関 男鹿     -     -    0
  総 数    3
  平 均  0.8
2014 2月釣果
   月  日   潮         釣       ポイント  釣  果
サイズ匹数
   2/1 (土)  大潮 松江市恵曇港   2-3色  12-19    20
   2/3 (月)  中潮 松江市恵曇港   2-3色  14-18     7
   2/9 (日)  長潮 松江市美保関 杢井      -     -     0
恵曇港   2-3色  12-17     6
  2/16 (日)  大潮 松江市恵曇港   2-3色  12-19    13
  2/22 (土)  小潮 松江市恵曇港     -     -     0
  2/23 (日)  小潮 松江市恵曇港     -     -     0
 総 数    46
 平 均    7.7

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ