2014-02-28 | カテゴリ:未分類
今日、島根県民会館大ホールで行われた、斉藤和義のコンサート「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2013-2014」に参加してきました。



唄って、ギター、ピアノを弾いて、そしてドラムまで演奏してしまう、カッコイイ「和義」と下ネタ連発のおやじトークの「斉藤」さん…。

あまり書くとネタバレになるので、これ以上書きません。




P1020152_convert_20140228230331.jpg
ただ、約16年前、ラジオから流れてきて気に入ってしまった『歌うたいのバラッド』…。
当時、まだ無名だった“斉藤和義”を知るキッカケとなった歌です。

今日、生で聴けて、ただ感動の一言です。



P1020156_convert_20140228230855.jpg
帰りに、気になっていた近くのラーメン屋さん「大翔」に寄って晩飯です。
写真は「チャーシューめん」です。

鳥取大山の新鮮な鶏がらを長葱、玉葱等の香味野菜と炊き出し、7種類の天然魚介だし醤油と合わせた自慢のスープ…だそうです。


P1020157_convert_20140228231030.jpg
また、「とんてき」もおススメとのことなので、頼んでみました。写真は150g、一人前?です。
鹿児島産の白豚肩ロース肉を使用。厚切りカットをニンニクと自家製の甘辛いソースで焼き上げている…そうです。

で、味の方はノーコメントです。悪しからず…。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

スポンサーサイト
2014-02-27 | カテゴリ:釣行後記
別冊関西のつり『投げ釣り倶楽部 ’14〈春~夏〉』…。
特集「大ギス、スタイル別の必勝ガイド」というタイトルに魅かれて、思わず購入してしまいました。また、カレイ&ホウボウ&カワハギの料理講座の記事も魅力的…です。
少し見てみたい人は、こちら「立ち読み」をクリック。

投げ釣り倶楽部

明日は、島根県民会館で行われる「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2013-2014」に行ってきます。
島根県民は大人しいので、盛り上がるか心配です…。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-26 | カテゴリ:釣行後記
「あぶさん」は、“水島新司”原作の野球漫画に登場する、酒豪の強打者“景浦安武”のことですが、釣りキチの間で「あぶさん」と言えば、「ABU(アブ)」のことです…ね。ちょっと、強引かもしれませんが…。

「ABU(アブ)」社といえば、知る人ぞ知る“スウェーデンの釣具メーカー”ですが、1979年にアメリカの「Garcia(ガルシア)」社を買収し、1984年には正式に「ABU Garcia(アブ・ガルシア)」と社名変更します。其の後、1995年にアメリカの釣具メーカー「PURE FISHING」がM&Aによりオーナーとなり、現在に至っています。
詳しい歴史は「アブ・ガルシアの歴史」をクリック。

日本で「ABU」と言えば、まず「エビスフィッシング」の名を思い浮かべる人が多いハズです。1960年代から日本での正規輸入代理店をしており、通信販売で「ABU」を購入したことを思い出します。ただ、1988年までは「エビスフィッシング」が引き続き代理店を続けていましたが、業績の低迷により代理権を譲り渡すことで会社の立て直しを図ります。しかし、この譲渡が決定打となって、「エビスフィッシング」はその歴史の幕を閉じてしまいます。
私は知らなかったのですが、其の後に代理権を引き継いだのは「オリムピック(後のマミヤ・オーピー)」でした。が、2000年に「マミヤ・オーピー」が釣り具事業から撤退したため、其の後は「PURE FISHING(ピュア・フィッシング)」の日本法人である「PURE FISHING JAPAN(ピュア・フィッシング・ジャパン)」が国内販売を扱っています。

で、久しぶりに「ABU」のリールを引っ張りだしてみました。
写真はもっとも好きな「Ambassadeur(アンバサダー)5500C」です。もちろん「エビスフィッシング」による復刻版じゃなくオリジナルですよ。
この“ブルーグレー”のメタリックカラーがお気に入りです。

P1020144_convert_20140226171635.jpg
中学生時代、親父のタックルボックスからくすねては、バスやライギョのルアー釣りに出かけていましたね。

また、人生初の「ベイトキャスティングリール」でしたが、メカニカルブレーキのおかげ?で当時、大したサミング技術もなかったのですが、バッククラッシュも…


P1020147_convert_20140226171845.jpg
そんなになかったと記憶しています。

なお、リール左側に見えるエンブレムは「スウェーデン王室御用達」の印で、1951年からリールをはじめとした製品に付けられており、現在では同社のロゴと同等にシンボルマークとして認知されています。


P1020140_convert_20140226171339.jpg
左の写真は、リールフット裏のフットナンバー。頭の2桁が製造年を、次の2桁が製造月を表わしています。

これは「771103」なので、1977年11月製造です。

36年以上経っていますが、写真のとおり傷もなく新品のようなコンディション…。


P1020150_convert_20140226173807.jpg
これは、淡水オンリーで海で使わなかったせいもありますが、「使ったタックルは必ずその日に手入れをする…」という親父の教えがあったからだと思います。

ちなみに、ケースも袋もあります。鑑定団なんか見ていると、箱とかケースあるなしで鑑定額が変わるようですが、現在はどれぐらいの価値があるんですかね。

当時は、“聖徳太子”が5、6人必要だったと記憶していますが…。
、親父が高1の時に亡くなり、形見みたいな物なので売る気は全くありませんが。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ
2014-02-25 | カテゴリ:釣行後記
24日未明、ソチ(Sochi)で開催された“ソチオリンピック”が17日間の熱戦を終え、懸念されたテロもなく、無事に開会式を迎えました。
日本勢の活躍はというと、1998年長野大会の10個に次いで冬季大会史上2番目、国外大会では最多のメダル8個(金1、銀4、銅4)を獲得。金メダルを確実視されていた「女子スキージャンプ」や「女子フィギアスケート」は残念でしたが…

閉会式
逆にノーマーク(私が知らなかっただけですが…)だった「スノーボード女子パラレルフリースタイル」や「女子ハーフパイプ」などで、メダルを獲得。

、成績がどうであれ、毎日のように感動と勇気を与えてくれた選手達に感謝です。



さて、「OLYMPIC」を“オリムピック”と呼んでしまう、そこの貴方…
昔ながらの「釣りキチ」とみました。

“オリムピック”と言えば、日本で最も歴史の古い釣り具メーカーで、以前は「ダイワ精工(1958設立)」と双璧か、それ以上のシェアを誇っていました。
その歴史は、1931年に創立者植野善雄が日本で初めて“釣用リール”を発明、東京市向島区(現在の東京都墨田区)において、「植野オール金属製作所」を創業したところから始まります。1948年には、釣具の製造販売を目的として東京都豊島区に「植野精工(株)」を設立、更に1961には社名を「オリムピック釣具(株)」とし、1983年事業の多角化に伴い社名を「(株)オリムピック」と改名します。

オリムピック
ただ、トビウオの下に五大陸をイメージした五輪マークのロゴは、1977年の判決で商標法での制限規定にあたるとして、商標登録が拒絶されています。

其の後、1987年に釣具生産強化のため(株)オリムピック和歌山を設立。1992年、「マミヤ光機(1940年に創立されたカメラメーカー)」を吸収合併し、本社を埼玉県入間市に置き、社名を「(株)オリムピック」としますが、翌1993年には、カメラ事業の輸出の関係で社名を「マミヤ・オーピー(株)」に改称し、本社も東京都文京区に移転します。が、7年後の2000年には釣具事業より撤退、事実上倒産となります。

なお、現在、釣り具を扱っている「オリムピック」は、「マミヤ・オーピー(株)」より事業継承を受けた別会社です。西日本ではサンテレビの「ビッグフィッシング」のスポンサーとして知られていますが、組織的な繋がりはなく、元「マミヤ・オーピー(株)」の和歌山「すさみ工場」を引き継いで、釣竿やゴルフシャフトなどを製造しています。また、日本では数少ない“ブランク成形”設備を備えるため、他社からロッドブランクの設計・製造も請け負っているみたいですね。
現在は、釣具の総合メーカーとしては「ダイワ」「シマノ」のツー・トップですが、私が釣りを始めた頃は、その他に「がまかつ」「リョービ」「オリムピック」もメジャーな存在でした。

サーフ93
その中でも「オリムピック」は、日本で最初にリールを作っただけでなく、1972年には日本初?のカーボン・ファイバーロッドを製作したトップメーカーでした。

なお、投げ竿では世紀シリーズ「アマゾン」や“投げリール”ではサーフ「93」の名器を輩出します。


しかし、この国内での優位が海外市場への消極さを生み、結果的に海外進出に出遅れる事になります。また、全国の卸売業者に対し他社製品を取り扱わない専売特約制度を強要したのも引き金となり、徐々に他メーカーにそのシェアを奪われていくのです。
90年代の釣りブームではなんとか持ち直していましたが、ブームの去った2000年に“釣具事業から撤退して行く運命”を辿ることになります。

また、同じ2000年には「リョービ」も釣具部門を上州屋へ営業譲渡し、「ダイワ」と「シマノ」の二極化に拍車が掛っていくのです…。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-23 | カテゴリ:キス釣行記
本日も晴天ナリ…。絶好の釣日和ですね。
直ぐにでも出撃したいところですが、昨日壊れた水槽のヒーターの修理が先決です。
熱帯魚をほったらかしにして出かけられません…。
既に十匹以上見殺しにしてますからね。

P1020123_convert_20140223162205.jpg
水温以上の設定にすると通電ランプが点灯するので、サーモスタットは正常です。

やはりヒーター部分壊れたようですね。

早速、交換用ヒーターを買いに行き取り替えます。




P1020118_convert_20140223162058.jpg
ついでに、水替えと水草の植替えも…。

設定温度27℃にすると…

2時間ほどで設定どおり27℃に…修理完了です。

お魚さん達もやっと落ちついた様子で、これで安心して出かけられます。


P1020109_convert_20140223161618.jpg
13時、「恵曇港」に到着、良い天気ですね。

東風なので「南防」の先端から投げ始めますが、昨日以上に釣になりません。漁船、レジャーボートの往来が激しくサビクことも出来ません…。

、“釣日和”なので仕方ないですね。


P1020110_convert_20140223161849.jpg
で、「沖防」に移動してアッチコッチ投げてみます。
船を気にする必要は無いですが、コッチの方が水深が浅いので釣れる可能性は薄くなります。

今日は、釣果は無いようですが、天気が良いのでこの時期にしては釣人が多いですね。時に家族連れ多かったです。


P1020116_convert_20140223161950.jpg
途中、モソモソとしたアタリで回収すると…

コイツ…メゴチ。今日、唯一の生物反応でした。

昨日も今日も短時間釣行でしたが、一応、2日連続ボウズ…この数週間で一気に水温も低下しているようなので、暫く休漁…ですね。


本日の釣果   0匹(内0匹キープ、20㎝以上0匹)、-匹/h
        今年度累計173
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
    リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-22 | カテゴリ:キス釣行記
昨日、少し雨が降りましたが、今週の山陰地方は、穏やかな天候が続いています。
今日も風も弱く、絶好の釣日和なので出撃しました。
去年は2/10、11と2日続けて坊主で暫く休漁したので、この時期までキス釣りをするのは始めですね。

8時にいつもの「恵曇港」に到着。
晴れていますが、放射冷却のせいで気温は0℃…。弱い東風が吹いています。
湾内は昨日の雨の影響か泥色に濁っていますが、外洋は底が見えるぐらい澄んでいます。丁度、堤防の先端で混じりあっている感じです。

P1020092_convert_20140222144626.jpg
なので「南防」の先端から投げてみます…が、アタリがありません。

潮位を確認すると満潮が7:05なので下げ潮、また小潮ですが湾内のニゴリが外洋に向けて勢いよく流れており、今までの経験から釣れる時合ではなさそうです。また、思いの外、船の出入りも激しく釣りにならないので…

40分ほどで撤退し、干潮が10:28なので、上潮になる11:00頃まで待つことに…。
普段なら買い物でもして時間を潰すのですが、「虫の知らせ」ならぬ「魚の知らせ」なのか、何処にも寄らず一旦家に帰ります…。

P1020107_convert_20140222145507.jpg
で、玄関の水槽を何気なく覗くと、「ハチェット」と「コリドラス」以外は瀕死状態。

直ぐに原因が分からなかったのですが、死んだ魚を取ろうと水槽に手を入れると異常に冷たい…。水温計を確認すると、なんと13℃…。キスなら大丈夫でしょうが、熱帯魚には致命的な水温です。


P1020104_convert_20140222145301.jpg
何時からか「ヒーター」が故障していたようです。

急いで予備のヒーターを入れ、水槽の水をヤカンで沸かすこと繰り返したりして、救命措置をしますが、結局「ラミーノーズ」が全滅…。

ワイルド種で6年ぐらい長生きしていたのですが…


P1020095_convert_20140222144942.jpg
残念です。

で、なんだかんだで救命作業が長引き、釣行は中止…。

死んでしまった熱帯魚は10匹を超えましたが、本日のキスの釣果は「ZE~RO~」です。




P1020096_convert_20140222145051.jpg
その他の釣果?です。

落ちていた仕掛と切れた道糸を拾って帰りました…。

今日は何も釣れず、“撃沈”でしたが、釣れていたら釣行を続けていたハズなので、熱帯魚は“全滅”でしたね。
そう考えれば釣れなくて良かった鴨…。


本日の釣果   0匹(内0匹キープ、20㎝以上0匹)、-匹/h
        今年度累計173
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
    リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-19 | カテゴリ:釣行後記
出雲地方や中海沿岸では沙魚(ハゼ)のことを「牛頭(ゴズ)」と呼びます。
ちなみに「牛頭(ゴズ)」とは、頭は牛、身体は人の形をした地獄の鬼のこと…。
何故そう呼ぶのか?…その由来は定かではありませんが、物心ついた時から「ハゼ」ではなく「ゴズ」と呼んでいましたね。

ただ、オロチ退治で知られる出雲の神、「スサノオノミコト(素戔嗚尊)」「牛頭(ゴズ)天王」とも呼ばれており、その「スサノオノミコト」が開いたと言われる出雲の国で「ハゼ」を「牛頭(ゴズ)」と呼んでいるという事実…。
まさか「スサノオノミコト(=牛頭天王)」が退治した八岐大蛇(ヤマタノオロチ)が、斐伊川から宍道湖に流れて「ハゼ」になり、それで「ゴズ」と呼ばれるようになったとか…色々な想像を掻き立てられますね。

無題7
まぁ、ただ単にその姿が牛の頭に似ているからその名が付いたのかもしれませんが…。

その「ゴズ」ですが、宍道湖や中海では手軽に数が釣れることから、秋の行楽シーズンには家族連れでゴズ釣りを楽しむ姿が湖畔のあちらこちらで見られ、1時間ほどでバケツ一杯釣れるのも珍しくありません。

無題5

実は、松江のような県庁所在地の中心部で、これだけ「沙魚」が釣れるところは全国的にも珍しく、ほとんどないようです。

そのせいか、宍道湖・中海近辺では、昔から「ゴズ」を焼いて干して、雑煮や吸い物のダシに使う習慣が根付いています。




無題6
また「ゴズ」の甘露煮や昆布巻きは、この地方の伝統的なおせちの定番料理にもなっています。

このことから「古事記」や「日本書紀」の神話の時代までとは言いませんが、出雲地方や中海沿岸では、古くから「牛頭(ゴズ)」と呼ばれ、親しまれている魚と言えます。



ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-16 | カテゴリ:キス釣行記
朝起きると、予報通り良い天気です。風もなく、気温は既に8℃まで上昇…。
なので、リハビリ?ついでに“キス釣り”に出かけました。
干潮が9時過ぎなので、のんびりと10時過ぎに「恵曇港」に到着。軽い北風が吹いていますが、日が射しているのでさほど気になりません。

P1020062_convert_20140216173049.jpg
で、前回と同じく「冲防」の先端からスタート。濁りを考慮して「青虫」にしたのですが、思いの外ニゴリが無く、結果的には「砂虫」の方が良かったかもしれません。

しかも、細目を注文したのに極太…。30g購入したのですが、指で数えられるほどしかいません…。


P1020063_convert_20140216173155.jpg
病み上がりなのと、さすがに今までのように釣れないと思い、置き竿にします。

先週のポイントに投げ入れ、糸ふけをとって竿立てにロッドを置いた途端にアタリ…。

1年生ですが、まだ本命が掛ります。その後、直ぐに同サイズを追加しますが、渋い時間帯がしばらく続きます。

P1020065_convert_20140216173256.jpg
アタリがあるのになかなか乗りません…。

決して早合せをせず、アタリがあれば少し送り込むようにしているのですが…

フラストレーションが溜まりますね。

ただ、掛ると連で掛ります。


P1020070_convert_20140216173423.jpg
1年生と2年生のカップルですが、どちらとも針を飲み込んでいます。

しかも、不思議ですが釣れ出すと連掛けが続き、針を飲み込むほど活性が良かったのですが…

再び、釣れなくなる…



P1020075_convert_20140216173640.jpg

と、言うより…

アタリがあるのに乗らなくなり、再び我慢の時間帯が続きます。

でも、久しぶりに針掛りすると連掛け…




P1020074_convert_20140216173521.jpg

今度は、口の皮一枚…

と、活性が良いのか悪いのか分かりません。








P1020083_convert_20140216173740.jpg
ただ、感じとしては…

比較的細い青虫を付けると、針を飲み込んでくれる気がします。

また型も良くなり、「20cmオーバー」までとはいきませんが、今日イチの「19cm」です。



P1020085_convert_20140216173837.jpg

続けて、太めの「19cm」です。これぐらいのサイズが揃うと良いですね。

しかし満潮になり、潮が止まった途端にアタリもバッタリ無くなったところで…

納竿です。



P1020089_convert_20140216173940.jpg
本日の釣果です。
本命「12-19cm」13匹の内、13匹全てキープです。
20cmオーバーありませんでした。

あまり期待していなかったのですが、そこそこの釣果で、また天候にも恵まれて十分楽しめました。



ただ、釣れた匹数以上にアタリがあったのに掛けれなかったのが残念です。
「砂虫」だったらもっと違う結果になったかもしれませんね。

本日の釣果   13匹(内13匹キープ、20㎝以上0匹)、2.36匹/h
        今年度累計173
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
    リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-15 | カテゴリ:釣行後記
先週、体調不良を押して釣行した結果、何十年ぶりに風邪で寝込みました。
結局、翌日から4日間寝込むことに…なんとか、昨日から動けるようになりましたが、大変な目にあいました。
私が言うのも何ですが、体調が悪い場合は無理をせず撤退する勇気も必要かと…。
去年は、今頃から3月中旬まで1か月ほど休漁しましたが、そろそろ今年もそんな時期なのでしょうか?風邪をひいたのも、虫の知らせかもしれませんね。

しばらく休漁したほうが良いと思った要因は、“釣れなくなった”こともその一つですが、工事中で「美保関の男鹿(おしし)」に入れなくなったこともあります。

辟。鬘契convert_20140215154319

P1020043_convert_20140209150240.jpg
男鹿の「護岸壁」…。
去年は3月後半から5月中旬まで、ほとんどこの場所で投げており、型、数ともそこそこの釣果がありました。

また、駐車スペースがないので、人が少なく穴場的ポイントだったのですが…この時期に釣れるメインポイントを失ってしましました。


P1020039_convert_20140209145721.jpg
工事は、現道を真直ぐに改築する内容のようで、工期は来月の末になっていますが、まずウソですね。

補正で予算がついたので、今年度に前倒し…しかし、道路工事で「債務工事」はあり得ないので、取敢えず2、3か月の工期で発注…そして繰越して工期延期…って感じですかね。

、最終的には3か月ぐらい工期延期するでしょうね。
また、“工事期間中だけ”我慢すれば良いように思われそうですが、状況はそう簡単でもないようです。

P1020041_convert_20140209145947.jpg
左の写真ですが、現道と護岸に段差があるため、重力式擁壁を築造中です。

道路線形を考えると路肩はほとんどないと思われるので、この擁壁上にガードレールを設置すると思われます。

となると、擁壁の土間コン部分(軽トラが停まっている部分)しか投げるスペースが無

くなり、工事前も雑草だらけで投げ難かったのですが、工事後は更に“投げ竿”を振るのは難しくなりそう…と言うより、ほとんど不可能になりそうです。
それなら“ライトタックル”で攻めれば…となりそうですが、ここは「境水道の出入口」、10号以下のオモリなんて相手になりません。なので、岸壁中央付近にある階段部分しか思いっきり投げられる場所はなくなりそうです。

さて、明日は風もなく良い天気になりそうです…。
だからと言って“釣れる”とは限りませんが出撃してみようと思います。
明日の釣果如何によっては、しばらく冬眠することになるかもしれません…。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-09 | カテゴリ:キス釣行記
朝、目が覚めると気温は5℃と高いですが、雨が降っています。
気象レーダーを確認すると、雨雲も小さく直ぐに抜けそうな感じ…予報も15時頃まで“くもり”なので“強行出撃”です。今日は北風が強く吹きそうなので、風裏となる「美保関」方面に向います。島根サイドだと追風になるので投げ易いですしね。

途中、「かめや」でエサを補給。水温低下とニゴリを考慮して、今日は「青虫」を購入です。「境水道」が右手に見えるようになりましたが、天候のいせいか、それとも最近釣果が悪いせいか、日曜日なのに釣人が少ないですね。宇井で2人、玉井斎場前に1人ぐらい…ルアーマンも見かけません。
で、結局「境水道」はニゴリが激しい(コーヒー色…)ので、美保関の「杢井」まで来ました。7時半過ぎに到着しますが、約600mの岸壁に誰一人いません…。何処からでも投げ放題ですが、逆に不安になりますね。
また、ここもニゴリがあり釣れる感じはありません…。

P1020037_convert_20140209145108.jpg
しかも、到着時には止んでいた雨が、準備をし出した途端に降り出してきたので、仕方なく車で雨宿りです。

することがないので、篭定釣具の爆釣天秤スリム(シンカー着脱可能タイプ)を初めて使うので、記念撮影…。

10分ほどで…


P1020038_convert_20140209145331.jpg
雨が弱くなったので、投げてみますが生命反応なし…。

さらに3投したところで、また雨が強くなってきます。折角ここまで来たので、粘るつもりでしたが、喉と関節に痛みを感じます…

そう、風邪の症状ですね。



P1020046_convert_20140209150450.jpg
雨に濡れて、拗らせてたら大変なので早々に撤退…のハズでしたが、西の方に向うにつれて天候が良くなります。

そこで、体調不良をおして「恵曇港」へ向かいます。で、湾内は茶色に濁っているので、「南防」の先端から外洋に投げてみますが、アタリすらありません。


P1020047_convert_20140209150601.jpg

そこで、対岸の「JF冷凍冷蔵庫前」に移動です。

風もなく日も差してきて、絶好の釣日和となりましたが肝心のアタリがありません…

しかも、外道の気配もありませんね。



P1020048_convert_20140209150731.jpg

仕方なく、前回釣れた「沖防」の先端に移動。

ここでダメなら納竿するつもりでしたが、今日初めてアタリですが…

乗りません。




P1020049_convert_20140209150930.jpg

で、同じポイントに投げ返すと、直ぐアタリがあり、本日の「初キッス」…

で、坊主は回避です。

ようやく釣れ始めたのですが、直後に風が強くなり雨がポツポツと落ちてきます。



P1020057_convert_20140209151116.jpg

連掛けの連チャンもあり、3投で5匹釣れたのですが…

ここから渋くなります。

アタリがあっても、なかなか乗りません。





P1020058_convert_20140209151248.jpg

何とか、もう一匹、追加したところで本降りに…。

気象レーダーを確認すると簡単に止まないようなので…

納竿です。





P1020059_convert_20140209151355.jpg
本日の釣果です。
本命「12-18cm」6匹の内、6匹全てキープです。
20cmオーバーありませんでした。

結果論ですが、無理して出撃しなければ良かったと後悔…です。




本日の釣果   6匹(内6匹キープ、20㎝以上0匹)、1.64匹/h
        今年度累計160
本日のタックル ロッド:CASTI'ZM 25-385
(美保関)   リール:TS35+PE0.8
        仕掛け:手製半遊動天秤+発砲オモリ25号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
(恵曇)    リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-08 | カテゴリ:釣行後記
タイトルと関係ないですが、暫く「ボクシング」の話にお付合い下さい。

昨年の12月3日、世界ボクシング協会(以下WBA)国際ボクシング連盟(以下IBF)スーパーフライ級王座統一戦に臨んだ亀田3兄弟の次兄亀田大毅が、敗戦したにもかかわらずタイトルを保持することが判明、物議を醸していました。
この件で、日本ボクシングコミッション(以下JBC)は昨日、亀田ジムに対し、今年のライセンス更新を認めないと発表しました。
これで亀田ジムに所属する亀田興毅、大毅、和毅が保持するボクサーライセンスも実質的に失効、国内での試合出場は不可能となる見通しで、“事実上の追放処分”となるようです。

さて、この統一戦より約5か月前の9月3日、IBFスーパーフライ級王座決定戦12回戦が行われ、同級3位の亀田大毅は同級4位のロドリゴ・ゲレロ(メキシコ)を3-0の判定で下し、フライ級に続く2階級制覇を達成しました。
これにより、WBAバンタム級王者の兄興毅、8月に世界ボクシング機構(以下WBO)同級王座を獲得した弟の和毅とともに、世界で初めて3兄弟がそろって現役の世界王者となったとのこと…。
日本人として、とても嬉しく、また誇らしい出来事ですが、「IBF」「WBO」って耳慣れない団体名でのチャンピオンって、なんか違和感を覚えます…。

更に、この快挙?から7か月前の出来事…。
日本ボクシングコミッションは4月1日付で未公認だった「WBO」と「IBF」に加盟します。これで公認済みの「WBA」や「WBC(世界ボクシング評議会)」と合わせ「主要4団体」全て加盟となり、日本のボクシング関係者からは、タイトルの価値低下を懸念する声が噴出します・・。が、実際には「WBO」の設立が1988年なので、世界タイトルの価値は既に25年以上も前から下がっているのです。
つまり、日本が「WBO」と「IBF」を公認しようとしまいと、世界には主要王座が4つあるのだから、「WBA」や「WBC」の“チャンピオンベルト”も世界最強ではなく「クォーター・チャンピオン」の一つであり、あくまでも“1/4の価値”に過ぎないのです。
また、白井義男が日本人として初めて世界フライ級チャンピオンとなった1950年代は、8つ(フライ、バンタム、フェザー、ライト、ウェルター、ミドル、ライトヘビー、ヘビー)しかなかった階級も、ジュニアクラス(現在はスーパーと呼ぶ)の乱立により「ミニマム級」から「ヘビー級」までの17階級と倍以上に増え、更に同一階級にも「スーパー王座」や「暫定王座」を設けたことにより、「世界王者」の価値低下に一層、拍車を掛けることになるのです。
なんと、1950年代当時、わずか「8人」しかいなかった世界チャンピオンが、現在は約80人(17階級×4団体+「スーパー・暫定王座」-「空位・統一王座」)も存在するのです。

このような状況下での「世界で初めて3兄弟がそろって現役の世界王者」とはいったい、どのような価値をもつのか疑問です。また、長兄興毅の「日本人初の3階級制覇」や次男大毅の「2階級制覇」も、当時8人しかチャンピオンがいない時代の「ファイティング原田」の世界フライ級・バンタム級「2階級制覇(現級では3階級に相当)」と比較すること自体、失礼な気がしますね。

少し前置きが長くなりましたが、こかからはキス釣りの話…。
春から秋までは、多点針で1束、2束…と数狙いの釣りでしたが、冷静に考えると、1束釣れるような日には“初心者の女性や子供”でも半束ぐらいは釣れるのです。
2月に入り、キス1匹釣るのが難しい時期に、いかに釣果を上げるのかが真価を問われます。
“1日に200匹”釣れる時期の「キス1匹」と、これから時期の「キス1匹」の価値は、重みが違いますからね。

P1020031_convert_20140208142801.jpg
で、今日の関東地方は十何年ぶりの大雪のようですが、松江市内は雨…。

朝から氷雨です。

明日も天気が悪そうなので、出撃は難しそうですね。





ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-04 | カテゴリ:釣行後記
先週の「一番ソングSHOW(日本テレビ)」でのこと…。

「泣ける恋の歌総選挙」と銘打って、昔のヒット曲を本人登場でスペシャルライブを敢行。久しぶりに“小柳ゆき”がテレビ画面に登場し、「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」を熱唱">「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」を熱唱していました。
そう、小柳ゆき…。当時17歳だったのも驚きですが、その変わらない歌唱力にも驚きです。昨今、“グレイト・アマチュアリズム”なるものが蔓延る歌謡界、大して歌唱力のない歌手がミリオン連発、逆に“小柳ゆき”のような実力歌手が売れずに、表舞台から消えてしまうとは…不思議な世界です。
歌の世界も“アマちゃん”ブームのようですね。しかも、当分、続きそうです・・・。


さて、今日は立春
暦の上ではもう春です…
が、昨日までの春先のような陽気から一転して、松江市内は雪景色となりました。しばらくは“2月らしい”寒さが続きそうです。

で、“2月らしくない”と言えば、このところの、“キスの釣果”・・・。
釣れ過ぎの感があります。

2月と言えば、キスを1匹、1匹ずつ指折り数えても覚えられる釣果、いわゆる「カウンター要らず」の時期なのですが、いまだに各地で“二桁の釣果”が聞かれます。
夏場の高温の影響か、水温がまだ高いようですね。「境水道」では、2月になってもキスが好調で、逆にカレイが不調なのはそのせいかもしれません。

ただ、天候と同じ様に、来週あたりから“2月らしい”寒い釣果になると思います。
そうでなければ、反動で“春先の釣果”に影響するかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-03 | カテゴリ:キス釣行記
昨日は急ぎの作業があり釣行できませんでした。
予報では天気が悪かったのですが、思いのほか良い天気になりましたね。最高気温は18℃まで上がり、昼前から日が差してきました。ただ、釣行に出かけた人に聞くと、南西の風が強く、時折10m近く吹いて大変だったようです。

で、今日は時間が空き、また餌も余っているので、天気が良ければ出かけるつもりでしたが、朝起きると雨が降っています。そこで、“気象レーダー”を確認すると、日中は上がるようなので、ダメもとで強行出撃です。
残務を片付け、のんびりと重役出勤…のハズでしたが雨が止みませんね。降雨量に反映しないような“霧雨”が降り続いています。
結局、何だかんだで「恵曇港」に15時過ぎに到着。
日没まで2時間半ぐらい投げれそうです…。

P1010978_convert_20140203192049.jpg
雨はなんとか止んでいますね。
北風なので、取敢えず「JF冷凍冷蔵庫」横から投げることにします。満潮は16:49なので軽い上潮ですね。
今日はニゴリが無く、釣れそうな雰囲気…。

P1010980_convert_20140203192230.jpg


ですが、1時間粘って1匹のみ。アタリは頻繁にあるのですがなかなか乗りませんね…。
で、「沖防」に移動です。

P1010986_convert_20140203192643.jpg


「沖防の枝堤」でも30分で、本命1匹とハゼ2匹のみ・・。なので、水深のある「沖防」の先端に移動します。

P1010985_convert_20140203192530.jpg


「一文字堤」の手前のピンポイントのみ「アタリ」があります。
その後も、同じポイントに投げると、型はイマイチですが連続で掛ります。

P1010989_convert_20140203192742.jpg

“30分で5匹”と順調に釣れだしたのですが、17時過ぎに大粒の雨が落ち始め、結局、エサを消化出来ずに納竿となりました。

P1010991_convert_20140203210258.jpg



本日の釣果です。
本命「14-18cm」7匹全てキープです。今回も「20cmオーバー」はありませんでした。あと「ハゼ」を2匹キープ。
外道でフグ2匹とメゴチ2匹リリースです。

アタリがあってもなかなか乗らない…釣れるポイントが狭い…釣れても長く続かない…。やっと2月らしい、渋い感じになってきました。

本日の釣果   7匹(内7匹キープ、20㎝以上0匹)、3.50匹/h
        今年度累計154
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
        リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2014-02-01 | カテゴリ:キス釣行記
「境水道」は、潮の流れが速いとなかなか釣れません。と言うより、オモリが流されるため釣りになりません。しかも、汐見表の時間どおりとはいかない時や若潮でも潮が速い時が多々あり、行ってみなければ分からない場合が多いですね。
で、今日は大潮…。「境水道」に行くにはリスクが大きいです・・・。
なので、距離も時間も半分以下で行ける「恵曇港」に向かいます。
9時半に到着。予報どおり快晴で、弱い南風が吹いています。気温は4℃と低いですが、日中は15℃まで上がるとのこと・・・。

P1010949_convert_20140201150148.jpg
干潮が9:47なので、ちょうど“下げ止まり”です。このところ、冬の日本海らしくない穏やかな天候が続いていたハズですが、前回同様、ニゴリが酷いですね。
そこで冲堤内を避け、“JF冷凍冷蔵庫”横から投げることにします。

P1010951_convert_20140201150328.jpg

潮が動くまで、期待していなかったのですが、以外にも一投目からアタリ・・・。「19cm」とマズマズの良型が掛ります。

P1010952_convert_20140201150427.jpg



時折、“連”で掛りますが、前回のように“入れ食い”とはいきませんね。
上潮に変わり状況は良くなると思いましたが、逆にアタリが遠退きます…。

P1010958_convert_20140201174805.jpg
暫くすると、釣人が2人やってきて、隣で投げ始めます…。
なので、無駄な争いを避け移動です。
上潮に変わっているので、「沖堤」から湾内を攻めることにします。

P1010957_convert_20140201174705.jpg


南防寄りの「澪筋」のピンポイントのみアタリがあります。だだ、なかなか乗らないですね…。そのうち、南西の風が強くなり、時折、突風も吹くようになってきたので、一時撤退です。
P1010961_convert_20140201174939.jpg

1時間半ほどして風が収まったので、再開。
再開後、3匹追加し、カウンターが“20”になったところで納竿です。

P1010968_convert_20140201175408.jpg



本日の釣果です。
本命「12-19cm」20匹の内、17匹キープです。今回は「20cmオーバー」はありませんでした。あと「ハゼ」を2匹キープ。メゴチ3匹は全てリリースです。

さすがに、前回のような訳にはいかなかったですが、去年の2月は“ひと月”で3匹しか釣れなかったことを考えれば良い釣果…ですかね。

本日の釣果   20匹(内17匹キープ、20㎝以上0匹)、3.64匹/h
        今年度累計147
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
        リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー5、8号
        手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ