2013-12-31 | カテゴリ:釣行後記
今年もあと数時間で終わりですね…。
今年最大ニュースといえば、なんといっても「ブログ」を始めたことですかね。
5/19に初めてから約7か月チョット、当初は誰も見てくれないと不安でしたが、カウンターは1万8千(多いのか少ないのか分かりませんが…)を超え、時々コメントも頂き、本当に感謝の一言に尽きます。

さて、まずは今年の釣果データから…。
釣行回数は“80回”で“1,837匹”(23.0匹/回)、内20cmオーバーは201匹(10.9%)でした。去年が41回の釣行で1,385匹(33.8匹/回)でしたので、釣行回数は約倍増しましたが、1回の釣行当りでは約10匹の減となりました。
この数字を見ると、ブログのために無理して釣行した感も否めないですね。去年までは雨が少しでも降れば出かけなかったですし、土日の何れかは必ず自転車に乗っていたのですが、“連チャン”で出撃するパターンが増えましたね。
そのお蔭?で、自転車での山登りの機会が減り、年間走行距離は500㎞以上も少なくなりました。

それから、今年の釣行を振り返ると…。
結局、「6本針以上の仕掛けを使わなかった」ですね。“数”より“型とアタリ”重視の釣になりました。去年までは“6本パーフェクト”で喜んでいましたが、今は3本で2回アタリを楽しめた方が良いと思うようになりましたね。
そのせいか、「ライトタックルに嵌り」近場での“チョイ投げ”の回数が増えました。結果、『SPIN POWER』の出番がめっきり減り、また「県西部への遠征も減った」ような感じがします。
あと、「今年はフグが少なかった」という印象があります…まぁ、どうでもいいですが。

それでは、今年は拙い文章を読んでいただき有難うございました。来年も、暇つぶしで結構ですので見てやってください。
それでは良いお正月を!

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

スポンサーサイト
2013-12-30 | カテゴリ:キス釣行記
今年最後の釣行に出かけました。「竿収め」です。
予報では晴れで夕方から雨とのことですが、夜明け前から“ポツポツ”と雨が降っています。また、西風が8~9mとのことですが、天気図を見る限り、午前中は大丈夫そうな感じ・・・。途中、かめやで砂虫を30g仕入れ、去年の竿収めと同じ「杢井の岸壁」に向います。市内も道中も残雪が多く、見渡す限り一面、“白銀の世界”です。

P1010669_convert_20131230212645.jpg
7:30過ぎに到着。
誰もいないだろうと思っていたのですが、ここだけは結構、釣人がいます。ただし、ほとんどが「ルアーマン」ですね。たぶん「フッコ」だと思いますが、入れ食いみたいです。

P1010672_convert_20131230212807.jpg


私が準備している間も、数本上がります。
のんびりと朝食を済ませ、雪を掻き分けて少し離れた端の方から投げます。

P1010674_convert_20131230212941.jpg


第1投から5色で良いアタリがあります。
「22cm」といきなり20cmオーバー。

P1010675_convert_20131230213356.jpg



2投目も同じポイントで「20cm」。
爆釣の予感…気持ち良く年を越せそう・・・
と思いきや、そう上手くはいかないものです。
その後、移動しながら3匹を追加したところで、キスでなく携帯が“ブルブルッ”…。
「帰還命令」です。

P1010689_convert_20131230214021.jpg
用事を済ませ、「美保関」に戻るには時間がかかるので、近場の「恵曇港」に向います。
松江の市街地から10kmチョットなのですが、雪がまったくありません…不思議です。
道路も乾いてますね。

P1010682_convert_20131230213522.jpg


12:30に到着。誰もいません…。ま、“年の瀬”の“こんな天気”に釣りをしている方が珍しいのですが…。取敢えず、西風が強くなってきましたので「沖防」から投げてみます。

P1010684_convert_20131230213639.jpg

1投目から良いアタリ!回収すると…コイツら。こっちは「セイゴ」が湧いているようです。しかも、20cm前後と小っちゃいですね。

P1010686_convert_20131230213741.jpg



で、「本命」ですが、小さな「セイゴ」がエサを取りますが釣れます。たまに20cmオーバーも掛りますが「15-18cm」が主体ですね。

頑張れば、まだ釣れたかもしれませんが、予報どおり西風が強くなってきたところで、今年最後の納竿です。もう少し、天候が良かったらと思いますが、この時期のこと、贅沢は言えませんね。数もそこそこ釣れたし、「セイゴ」もそこそこ楽しめたので良い正月が迎えられそうです。

P1010690_convert_20131230214133.jpg
本日の釣果です。
本命「12-22cm」18匹の内、16匹キープです。内、20cmオーバー4匹はでした。

P1010694_convert_20131230214238.jpg




「本命」以外の釣果です。
「セイゴ」12匹の内、針を飲み込んだを5匹をキープ。あと、「マハゼ」を2匹と「チャリコ」を1匹キープです。


本日の釣果   12-22cm 18匹(内16匹キープ、20㎝以上4匹)、4.50匹/h
        今年度累計1,837
本日のタックル ロッド:CASTI'ZM 25-385
(美保関)   リール:TS35+PE0.8
        仕掛け:手製半遊動天秤+発砲オモリ25号
         手製3本針仕掛けに必殺篭定スペシャル7号装着
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
(恵曇)    リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル7号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-29 | カテゴリ:未分類
P1010662_convert_20131229111339.jpg
昨日は、山陰地方は強い“冬型の気圧配置”となり、平野部でも本格的な積雪となりました。
松江市内でも「21cm」を観測、かなりの交通機関に影響が出たようですね。

P1010659_convert_20131229111231.jpg



今朝は氷点下となり、路面がアイスバーン状態で“田んぼ”や“水路”にダイブしている車をあっちこっちで見かけました・・・。

ということで、今週末は釣行なしです。

そこで、昨日は「暴れん坊猫」が破った障子を“プラスチック障子紙”に張替え、家の中も大掃除。今日は雪の降る中、窓拭きと水槽の掃除と家事に専念します。
年末に何もせず、釣三昧だと家に入れてもらえなくなりそうなので、明日、「竿納め釣行」に出撃するための“布石”…そう「撒き餌」ですよ。

P1000562_convert_20131229112716.jpg
ところで、家中の障子を破りまくった“張本人”ならぬ“張本猫”…。7/22に来た時には、こんなに小さかったのに…。

P1010665_convert_20131229110006.jpg




5か月経って、こんなに大きくなってしまいました。現在、「去勢手術」後のリハビリ中で、抜糸まで「エリマキ猫」状態…。

P1010668_convert_20131229110128.jpg

「デッカクなっちゃいました!」







ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-26 | カテゴリ:釣行後記
年末年始の休みが近づき、これから帰省される方も多いと思います。
私も転勤族時代、この時期には島根に帰っていましたが、帰省中は“釣り三昧”で家の事は何もせず食事時だけ帰っていたら、家族から「寄生虫」に引っ掛けて「帰省虫」と呼ばれていましたことを思い出します…。

「寄生虫」といえば、先週釣れた「真ハゼ」の腹からこんなのが出てきました。
先々週から20匹以上、捌いているのですが、ハゼの産卵時期は1月頃から始まるようなので全て抱卵していましたが、ただ“1匹だけ”白い物が出てきたので“白子”かな、と思いきや“きし麺”のように帯状に広がります。



海魚の寄生虫としては、“アニサキス”や“シュードテラノーバ”を直ぐイメージしますが、大きさと形状からすると淡水魚独特の物のようです。
「ハゼ類」に寄生するものとして「有棘顎口虫(ゆうきょくがくこうちゅう)」「異形吸虫(扁形動物門吸虫綱二生亜綱ブラギオルキス目異形吸虫科)」がいるようですが、色と形状(扁形)からすると、謎の物体の正体は“後者”のようですね。
“前者”の「有棘顎口虫」は、ルアーでの「ライギョ釣り」に嵌っていた時期があったので、“カムルチー(ライギョ)”に寄生するという知識はあり、実物も見たことがありましたが、「異形吸虫」は今回が初見です。

ちなみに“ライギョ”…。一度だけ捌いて“刺身”で食べたことがありますが、韓国で“ヒラメの刺身”といって“ライギョ”を日本人に出しているという都市伝説?があるほど、見た目も味もほぼ変わりません。「寄生虫」は、薄くそぎ切りしながら、ピンセットで摘み出すという地道な作業をすれば問題はありませんよ。
ただし、気分的なものが残りますが…。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-23 | カテゴリ:キス釣行記
昨日のエサの消化試合です…。『美保関』は昨日同様、午前中は下げ潮がきつそうなので、昨日に引き続き『恵曇』に向かいます。
8時半前に到着。気温は“2℃”と低いですが、風も弱く日が差しているので数字ほど寒く感じません。この時期の山陰にしては珍しく穏やかな天気ですね。
連休の最終日…絶好の釣日和なのに釣人は少ないですね。また、恒例のレジャーボートの“出港ラッシュ”もありません。

P1010635_convert_20131223162021.jpg
東風なので、取敢えず「中防」から投げてみます。11:36の干潮まで軽い下げ潮なので、河口側より湾内の方が良さそうです。

P1010639_convert_20131223162227.jpg




1投目から“本命”が釣れ・・・
その後も素針なく、何かしら釣れ…

P1010640_convert_20131223162433.jpg

たまに連でも釣れ、小一時間でツ抜け…
この時期には珍しく、“ブルブルッ”とアタリも楽しめ…

P1010644_convert_20131223162611.jpg



「16-18cm」のマズマズのサイズが揃い…
「20cm」も釣れます…が、これ1匹のみ。
型、数ともまるで「夏場」のような釣果…
餌もなくなり、カウンターが「40」を超えたところで納竿・・・

この時期は“数”より“型”狙いなのに…
10匹ぐらいでいいので、25cmぐらいのが数本欲しい…
“贅沢な悩み”です・・・。

P1010646_convert_20131223162714.jpg
本日の釣果です。
本命「10-20cm」40匹の内、35匹をキープです。内、20cmオーバーは1匹でした。
その他、「ハゼ」を13匹キープです。

P1010649_convert_20131223162847.jpg



今日は、下げ潮のせいか「ハゼ」が良く掛りました。『宍道湖』は“汽水湖”なので、そこから流出する『佐陀川』も当然“汽水”なので、他の河川よりは影響は少ないと思いますが、多少は塩分濃度の影響があるみたいです。


本日の釣果   10-20cm 40匹(内35匹キープ、20㎝以上1匹)、8.28匹/h
        今年度累計1,819
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
        リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル7号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-22 | カテゴリ:キス釣行記
天気はあまり良くないようですが、明日、釣行出来ないかもしれないので出撃です。北風なので、風裏の『美保関』に向います。
7時過ぎに、先週に引き続き「杢井」に到着。満潮4:12、干潮11:09なので“下げ潮”ですね。潮汐からすると“午後から夕まずめ”のほうが時合なのですが、それまで待てないので取敢えず投げてみることに・・・。

P1010621_convert_20131222171225.jpg
場所を変えて3投しますが、見事に“素バリ”です。先週はキスは掛らなくても“テカミ”は必ず釣れたのですが、その“テカミ”すら釣れないので、早々見切りを付け移動します。
途中、「男鹿」で投げてみますが、水道側に近づくほど流れが早く、釣になりません。
1投だけして、撤退です。


この時期、北風で釣れるとしたら『恵曇』ぐらいかな、と思い「潮汐表」を確認すると干潮が11:09のようなので3時間ほど時間つぶしです。
途中、買物をして一旦家に帰り、“竿仕舞い”した「Dsmarts」と「アームシンカー」を積み直して『恵曇』に向います。
P1010622_convert_20131222171335.jpg
11:30前に「恵曇港」に到着。北風がやや強く、予測通り“軽い上げ潮”ですね。
北風なので「沖防」から投げてみます。
1投目、本日初のアタリがありますが「ハゼ」…。
P1010625_convert_20131222171449.jpg



でも、「ハゼ」が釣れれば「キス」も釣れると思い、少しずらして投げると良いアタリがあり、いきなり連で掛ります。

P1010629_convert_20131222171556.jpg

その後も“ポツポツ”と掛りますが、型はイマイチですね。20cmオーバーはなく、「19cm」止まりです。
北風が思いのほか寒く、“移動しようかな”と思い、ふと周りをみると来た時に4,5人いた釣人(ルアーマン)が誰もなくなっています…。

P1010630_convert_20131222171733.jpg
少しでも北風を避けるため「中防」に移動です。混雑しているにも嫌ですが、広い港に誰もいないのも寂しいですね。

P1010632_convert_20131222171850.jpg




相変わらず、型はイマイチですが移動しながら釣れます。まだ、釣れたのですが、一人だけ釣っているのが虚しくなったのと寒くなってきたので、カウンターが「30」になったところで納竿です。

P1010634_convert_20131222171959.jpg
「恵曇」の釣果です。
本命「12-19cm」30匹の内、28匹と「ハゼ」を7匹キープです。内、20cmオーバーは無しでした。
「ハゼ」は天ぷらにするとキスより好評なので、出来るだけキープするようにしています。



本日の釣果   12-19cm 30匹(内28匹キープ、20㎝以上0匹)、7.20匹/h
        今年度累計1,779
本日のタックル ロッド:CASTI'ZM 25-385
(美保関)   リール:TS35+PE0.8
        仕掛け:手製半遊動天秤+発砲オモリ25号
         手製3本針仕掛けに必殺篭定スペシャル7号装着
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
(恵曇)    リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル7号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-21 | カテゴリ:釣行後記
P1010615_convert_20131221091440.jpg
今日から3連休ですが、雨や霰(あられ)が降ったりやんだり…。
昨日は松江市内でも5cmの積雪があり、「波浪警報」も発令され、台風なみの風が吹き荒れて海も大時化でした。

P1010619_convert_20131221091746.jpg


ただ、明日から風は弱まり、また西風から北風に変わるようなので、場所を選べば投げられそうですね。

私は、雪が降ろうが、氷点下になろうが、風が弱くなれば出撃しますよ。

海の中まで雪が積もるわけではないですからね。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-18 | カテゴリ:釣行後記
今月の初めの出来事…。
港の湾内で釣りをしていると、堤防を“2人乗り”の「自転車軍団」が灯台に向かうのが見えます。古い堤防なので、継ぎ目がズレたり隙間が開いたりしているのを知っているので、「海に転落しなければいいが」と思いながら眺めていましたが、なんとか先端まで辿り着き、釣りを始めたようなので安心して“自分の釣り”に専念します…。
が、小一時間すると「ギャーギャー」と騒ぐ声が聞こえてきます。
その声の先に目を向けると、先ほどの「自転車軍団」が灯台に登って騒いでいる姿が見えます…。当然、施錠がしてあり「立入禁止」です。

P1010569_convert_20131208165046.jpg

釣れないから?・・・暇だから?・・・彼らはいったい何をしにやってきたのでしょうか?
「釣りのマナー」がどうこう言う前に、「住居(建造物)侵入罪」という、歴(れっき)とした『犯罪』です。

その後、港内を車で移動していると、先ほどの「自転車軍団」と擦れ違います。見た感じ、高校生のようですね。相変わらず“2人乗り”をしているはもちろんなのですが、その様相に驚きます。まず、運転者…片手にロッドを持ち、しかもルアーはつけたまま「ブラブラ」とさせています。当然、片手運転なのでフラついています。あと、荷台の同乗者…こちらも片手にルアーをつけっぱなしのロッドに、もう片手には玉網を持って手離し状態…。歩道を走っているので、小さな子供と擦れ違い様、ルアーの針が当たりそうなのですが、当の本人達は、その危険性に全く気付いてないようです。

自分もそうでしたが、父親と一緒に釣りに行きながら、「釣りの技術」はもちろん、それ以外の「釣りのマナー」とか「人としての振る舞い」などを教わり、一人前の“品格ある釣人”に成長するのだと思います。最近はブームに乗っかり、そのような過程を経ない「未熟な釣人」が多いように感じられますね。

さて、この出来事より約2ヶ月前の事…。
とある小さな港の堤防の先端で投げていると、エギンガーと思われる若者が1名、近づいてきます。
「すみませんが、隣で少し遊ばせてもらっていいですか?」のかけ声…。
挨拶なしで好き勝手にやられるケースが多いのですが、このように挨拶されるのも珍しいですね。また「遊ぶ」という言葉に“ドキッ”とさせられました。
「遊ぶ」…そう、釣りは“楽しむ”ものなのですよね。

結局、彼は1匹も釣れなかったのですが、帰り際にも「どうも有難うございました。」と深々と頭を下げて帰って行きました。
釣行中も少し会話を交わしたのですが、その言動や所作に「釣人の品格」が感じられます…。彼の父親も、絶対に「品格のある釣人」なのだと、勝手に思うのでした…。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-15 | カテゴリ:キス釣行記
朝起きると思ったより風がなく、気温も低くないですね。
なので、出撃予定ではなかったのですが我慢出来ず、出かけることにしました。
“弱い”とはいえ、昨日までよりは“弱い”というだけで西風がまだ強いので、「風裏」と「型」を求めて『美保関』に向かいます。途中、「かめや」で砂虫を20g購入。そろそろ「境水道」から深みに落ちていると思ったのと、雨が時々降るとの予報だったので“車で横付け出来る場所”を求めて「杢井(もくい)の護岸壁」まで来ました。
10:00過ぎに到着。干潮7:23、満潮14:44なので、とっくに上潮のハズですが、見た目、潮は動いていません。明らかに“キス狙い”の先客が投げられているので、少し離れて「車を風よけ」にして釣座を構えます。

P1010598_convert_20131215210320.jpg
約2か月ぶりの「投げ竿」による第1投…思ったより真っ直ぐ飛んで行きます。“発砲オモリ25号”を装着して6色からサビクと5色でアタリがあります。上潮のハズですが、思ったほどオモリも流されませんね。

P1010599_convert_20131215210434.jpg


3投目、空振りかなと思いながらサビいていたら、3色で「ガツン」とアタリ。取り込みの際、針が外れますが擁壁の上で跳ねてこちら側へ…「23cm」でした。

P1010600_convert_20131215210638.jpg

その後も素針なく釣れますが、2本針に「キス」と「テカミ」のパターンが続くので、3針に変えると「キス」が連で掛ります。でも、相変わらず「テカミ」もオマケで付いてきます。

P1010604_convert_20131215210934.jpg


近くでも釣れますが、遠投の方が型が良いですね。5-6色で良いアタリがあります。
「23cm」でした。

P1010607_convert_20131215211123.jpg


マズマズのサイズの連です。
久しぶりに“発砲オモリ”を使ったのですが、良い仕事しますね。強風の中、6色先からアタリを伝えてくれます。

P1010609_convert_20131215211242.jpg

簡単に“ツ抜け”し、しかも半分が20cmオーバーと順調でしたが、昼を過ぎるとバッタリとアタリが無くなります。1時間ぐらい粘ったのですが、先客の釣人もアタリが無くなったとのことなので、移動することに。

P1010610_convert_20131215211409.jpg

約600m離れた「風ヶ浦」に来ました。
今日イチの「25cm」もあり、第1投から3連続で2連と釣れますが、雨が強くなり納竿。

P1010614_convert_20131215211650.jpg



本日の釣果です。
「12-25cm」20匹、全てキープ(内22-25cmが6匹)。外道で「テカミ」多数・・・本命が掛らなくても100%掛りました。


今日は“ツ抜け”出来たら良いと思っていたので満足です。
また、型も良いサイズがそこそこ釣れ、思いの外、楽しめました。
「杢井の護岸壁」は約800mあり、初めてだと何処から投げていいのか分からないかもしれませんが、「海を見る」前に後ろを振り返って「山を見る」と良いと思いますよ。「男鹿(おしし)の護岸壁」もそうですが、埋め立てて護岸を築造しているので、おおよそ海底の形状が予測出来ます。ただし、根掛りゾーンがありますので仕掛は多目に用意された方が良いと思います。

本日の釣果   12-25cm 20匹(内20匹キープ、20㎝以上6匹)、5.71匹/h
        今年度累計1,749
本日のタックル ロッド:CASTI'ZM 25-385
        リール:TS35+PE0.8
        仕掛け:手製半遊動天秤+発砲オモリ25号
         手製2本針→3本針仕掛けに必殺篭定スペシャル7号装着


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-13 | カテゴリ:釣行後記
無題3
今週は、ずーっと「西高東低の冬型」の気圧配置が続き、強烈な西風が吹き荒れ日本海は大荒れです。そろそろ島根半島の日本海側は終わりですかね…。

P1010591_convert_20131213164707.jpg



ただ単に“雪が降っている”だけなら着込めば良いので苦になりませんが、風が強いのは苦手ですね。体感温度が下がるし、投げ難くもなり、また仕掛けのトラブルも多くなり、何と言っても「アタリが取り辛い」のがダメですね。

風が弱ければ、氷点下でも私は出撃しますが、「天気図」を見る限り“大荒れ”のようです・・・今週末の出撃は無理みたいですね。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-10 | カテゴリ:釣行後記
先週のこと…。
いつものように防波堤から投げていると、レジャーボートが出港するので、通り過ぎるまで待っていると目の前で停止します。
“新手の嫌がらせか”と思いきや、船内から「アジ、釣れてる?」の声…。
「アジじゃないんで、分からないけど」と返すと…。
「何釣っているの?アオリ?」と、お決まりの会話が続きます…。

この時期、誰もいない漁港で1人投げていると、物珍しいのか、このような「職務質問」ならぬ「魚種質問」を良く受けます。
私が「キスを狙っている」と返すと、判で押したように「こんな時期に釣れるの?」とか「こんな場所で釣れるの?」と返ってきます。
とまあ、ここまでなら許容範囲なのですが、さすがに「こんな時期に、キスなんて釣って面白いの?」とか「キスなんて子供が釣る魚だろ?」とまで言われるとカチンときますね。しかも、“大きな網”を持参した人に言われると尚更ですね。
要は、キスは“ファミリー対象魚”でシーズン中に釣れば“100匹釣れる魚”を、わざわざこんな寒い時期に釣っている“奇特な人物”と言いたいようです。また、大物狙い以外、釣りではないとでも言いたい口ぶりです。

シーズンによって釣れる魚種があり、その時期毎に釣る対象魚種を変えるのが当たり前?大物釣りが全て?それだけが釣なのでしょうか?私も昔はルアー釣しかせず、餌釣りを小馬鹿にしていた時期もあったので、あまり強くは言えませんが、人それぞれだと思います。

「蓼(タデ)食う虫も好き好き」ならぬ「“キスだけ釣る”のも好き好き」ですよ。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-08 | カテゴリ:キス釣行記
昨日のエサが残りわずかなので、「かめや」で砂虫20g追加します。ついでに、8号のアームシンカーのストックが無かったので、買い足すつもりでしたがまさかの品切れ…。私ぐらいしか買う人間がいないと高を括っていたのですが、まさかの出来事。仕方なく10号で代用します。

P1010556_convert_20131208164336.jpg
途中、コンビニで食糧を調達し、昨日に引き続き「恵曇港」に向います。
日の出前の7時に到着。南東の風がやや強く、軽い下げ潮です。

P1010560_convert_20131208164510.jpg



一投目から本命が釣れますが、ピンと放流サイズ2匹と、型がイマイチなので移動します。

P1010562_convert_20131208164744.jpg


で、「沖防」にやって来ました。
今日も「カニ籠」の仕掛けもなく、思いっきり投げれますね。「佐陀川」の河口側の澪筋で、コンスタントに釣れますが、なかなかサイズアップしません。

P1010566_convert_20131208164956.jpg
あと、「佐陀川新景」となった“プレジャーボート”の「休日の出航ラッシュ」のため、投げるタイミングが無くなってきたのと、引潮で佐陀川からの流れ込みがきつくなってきたので、一時撤退です。ここでは20匹の内、「10-18cm」を17匹キープです。

P1010570_convert_20131208165418.jpg

上潮となる午後まで、時間があるので試しに「大芦」と「加賀」でチョット投げてみましたが、釣れたのは1匹のみでした。

P1010575_convert_20131208165841.jpg



魚を捌いたり、用事を済ませたりして、13時半過ぎに「恵曇港」の「中防」再度、到着。
1投目から連で掛ります。

P1010576_convert_20131208170006.jpg

ポイントはマチマチですが、ほぼ素バリなく釣れます。また、午前中よりサイズアップし「20cm」オーバーも掛ります。

P1010579_convert_20131208170117.jpg



向い風になりますが、コッチから投げた方がまだ良さそうだったので、「沖防」に移動です。

P1010580_convert_20131208170220.jpg


狙い通り、素バリなく「18-20cm」の良型が釣れます。

P1010582_convert_20131208170339.jpg



ここのキスは他に比べ、元気が良いですね。
型はそこそこでもアタリが楽しめます。

P1010586_convert_20131208170514.jpg


まだまだ、釣れましたが、レジャーボートの“帰宅ラッシュ”と漁船の“出港ラッシュ”が重なり、投げれなくなり納竿です。

P1010571_convert_20131208165540.jpg


午前中の釣果です。
本命「10-18cm」21匹の内、17匹キープです。内、20cmオーバーは3匹でした。
あと、ハゼを4匹キープ。

P1010588_convert_20131208170759.jpg

午後の釣果です。
本命「10-22cm」19匹の内、17匹とハゼを2匹キープです。内、20cmオーバーは3匹でした。
「恵曇港」は早朝より“夕まずめ”の方が型が良いように感じます。また、上潮のほうが釣果が良いですね。


本日の釣果   10-22cm 40匹(内34匹キープ、20㎝以上3匹)、7.06匹/h
        今年度累計1,729
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
        リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー5、8、10号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル7号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-07 | カテゴリ:キス釣行記
今日の予報は雨だったので、出撃予定では無かったのですが、気象レーダーで確認すると大丈夫のようです。けど、風が強くなるとのこと。
用事を済ませ、途中、「かめや」で砂虫20g買い「大芦」に10時に到着。
沖防では2、3人が外向きに竿を出されていますが、湾内には釣人はいません。

P1010502_convert_20131207175050.jpg
去年、この時期に結構釣れていたので来てましたが、その時のポイントが5色・・・。ライトタックルで狙うにはチョット遠いですね。
ただ、風が強いので、なんとか4色と手前まで投げることが出来ます。

P1010505_convert_20131207175238.jpg


糸ふけを取っていると「ガツン」とアタリ。
1投目から、いきなり「24cm」です。
去年の「爆釣」の再来かと思いきや、風が強くて同じポイントに投げれません。たまに掛るも型が良くないですね。

P1010513_convert_20131207175452.jpg
で、風が追い風になる、サーフに移動です。
水温が思いのほか高いのと、去年の12月も釣れたので投げてみました。

P1010512_convert_20131207175340.jpg




思った通り、近くに群れているいたいで3色でアタリがあります。
型はイマイチですが、連続で釣れます。

その内、竿を立てているのも難しいほど、風が強くなったのと、他も確認したかったので場所替えです。

P1010514_convert_20131207175703.jpg
で、「恵曇港」です。相変わらず強風が吹いていますが、ポイントに追い風になるよう「沖防」にきました。広大な湾内ですが、サビキをされている4、5人の他は誰もいませんね。

P1010515_convert_20131207175849.jpg



今日は「カニ籠」も無く、自由に狙ったポイントに投げ込むことが出来ます。すると第1投から、着水と同時にアタリがあります。

P1010520_convert_20131207180103.jpg

その後も、素バリなく、連続で釣れ、30分チョイで10匹ペースで釣れますが、型がイマイチですね。

P1010542_convert_20131207180212.jpg



北風がさらに強くなり、そろそろ納竿しようと思い始めた途端、20cmオーバーが連続で釣れます。まず、「24cm」です。

P1010547_convert_20131207180329.jpg

次に「21cm」。
今日は湾内より、「佐陀川」に向けての「澪筋」の方が型が良いですね。

P1010550_convert_20131207180447.jpg



そして、最後は「22cm」でした。

餌はまだ残っていましたが、アタリが分からないほどの強風になってきたので納竿です。

P1010552_convert_20131207180552.jpg
「大芦」の釣果です。
本命「15-24cm」11匹(1匹カモメに進呈)全てキープ。内、20cmオーバーは1匹でした。
P1010555_convert_20131207185001.jpg




「恵曇」の釣果です。
本命「12-24cm」23匹の内、21匹(うち1匹カモメに進呈)をキープです。内、20cmオーバーは3匹でした。

今日、釣行して釣れなかったら、そろそろ「境水道」に出撃しようと考えていたのですが、これだけ釣れれば、まだ「チョイ投げ」を楽しめるかもしれんせんね。

本日の釣果   12-24cm 34匹(内32匹キープ、20㎝以上4匹)、7.85匹/h
        今年度累計1,689
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
        リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー8、10号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル7号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-12-04 | カテゴリ:キス釣考察
そもそも、何故、ゴカイの頭をチョン切るのでしょうか?
また、そのメリットとは、一体、何なのでしょうか?

まず、その一番の理由として「頭は硬いので食いが落ちる」ことがあげられます。
小生も「食いが悪い時は頭を取った方が良い」と、諸先輩方からアドバイスを頂きますし、そのように書かれている「入門本」もあります。
その他に「針を刺しやすく、チモトまで“コキ上げ”しやすい」とか、また「頭を切って体から出る液体が食い気を誘う」などがあります。
デメリットは「生きが悪くなりやすい」とか「エサ持ちが悪い」ですかね。

でも、本当にキスは「ゴカイの頭」が硬いと感じているのでしょうか。

小生は、餌には“ほぼ100%”「石ゴカイ(ジャリメ、砂虫)」を使用しますが、基本的には頭は切りません。正直なところ、私自身、“頭の有無”が食付きに影響すると実感したことがないのです。
最近は、チョイ投げをしているので、2本針に頭部、尾部に分けて餌付けし、釣行日によって「下針に頭部、上針に尾部」と「下針に尾部、上針に頭部」とに変えて投げてみましたが、「下針:上針:連」の掛る割合は「6:3:1」とほぼ変わりませんでした。また、投げる都度に頭部と尾部の上下を入れ替えたりもしてみましたが、下針に良く掛かるくらいの感じで、頭の有無による差異はあまり感じませんでした。
当然、アタリがあるのに掛からないケースがありますが、そこは海の中の事、どっちにアタックしているのかは判りようがありません。

以前、キスを飼っていたとき、普段は「冷凍赤ムシやアミ」を与えるのですが、たまに生きた「石ゴカイ」を切らずに与えると、ほぼ頭のほうから吸い付いていました。
ちなみに「シロギスが石ゴカイを捕食するシーン」の映像がありましたので参考まで。

捕食者が獲物の頭部を狙うというのは、自然界では至極自然な事のようです。よって、「頭が硬い」から「食いが悪くなる」というより、捕食しようと頭を目掛ける…
その結果、「ハリスに弾かれる」と考えたほうが自然のような気がします。
そこに、「体液が食い気を誘い、良く釣れる」という副次的要素も合わさって「頭が無い(切った)方が食いが良い」…つまり、「頭があると食いが落ちる」となり、最終的に「頭は硬いので食いが落ちる」となったのではないか…
と、小生は思うのです。

仮に小生がキスなら、頭が硬いと思う前に、ゴカイの脇腹から突き出た「針先」のほうに違和感を覚えると思いますが…まぁ、頭を切らなければ、もう一本、餌付け出来るので、正直なところ「勿体ない」というのが本音ですかね。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ


2013-12-01 | カテゴリ:キス釣行記
P1010471_convert_20131201144920.jpg「加賀港」に昨日より1時間早く到着。
日の出の1時間半前なので真っ暗です。
先週、昨日と釣ってみて、朝一で良い型がバタバタと釣れますが、「日が昇るにつれ外道が多くなる」とゆう単純な理由で、日の出前から竿を出してみました。
ですが、小一時間、外道のアタリすらありません。普段なら4投してアタリが無ければ即移動しますが、当たり前ながら何処に行っても真っ
暗なので、この場所で夜明けまで粘ることにします。釣行前に確認していなかったのですが、丁度、下げ潮の潮止まり・・・なので、普段しない置き竿をしてみます。

P1010474_convert_20131201145130.jpg
5分ぐらい経ち、うっすらと明るくなり始めた途端、置き竿にアタリ。回収するとまずまずのサイズの「チャリコ」です。
しばらくして、パラパラと雨が落ちてきますが、車中で10分ほど退避すると止みます。

P1010479_convert_20131201145247.jpg


潮が動き出してきて、サカナの活性が良くなったのか、本命は釣れませんが「チャリコ」が次々にかかります。

P1010481_convert_20131201145414.jpg


「これで釣れなかったら移動」のつもりで投げると、待望の本命。「22cm」でした。
同じポイントに投げると、連続で2匹釣れ“時合”かと思いきやその後は「メゴチ」の嵐。

P1010482_convert_20131201145523.jpg

再び「これで釣れなかったら移動」のつもりで投げると、また本命。「21cm」です。なかなか、移動のきっかけを掴めず、ダラダラと「メゴチ」と「エソ」を追加するだけの時間が過ぎていきます。
結局、「17-22cm」を4匹と「チャリコ」5匹、「メゴチ」「エソ」を沢山釣って移動。

P1010485_convert_20131201145637.jpg
「恵曇港」の中防にやって来ました。
昨日のカニ籠は、回収されずそのままのようです。また、南西の風が強く横風で、南端から投げてみますが5mぐらい流されます。

P1010487_convert_20131201145748.jpg



そこへ、大きな「クレーン船」が湾内に登場。目の前にやって来たので、暫く投げれそうもないので、この間を利用して「南防」へ移動です。結局、ここでは1投しただけでした。

P1010488_convert_20131201150351.jpg
「南防」です。ご夫婦連れが、めずらしくキス釣りをされていたので、少し離れて釣座を設けます。移動している間に「クレーン船」も湾の奥に移動し視界良好。
追い風にのって4色の糸が出て行きます。

P1010494_convert_20131201150630.jpg


一投目から本命が掛りますが、「メゴチ」、「ヒイラギ」のエサ取りの猛攻に遭います。とくに「ヒイラギ」は着水して直ぐ、食い付いてきます。

P1010495_convert_20131201150926.jpg

小鳥もエサを狙って、まとわりついてきます。移動しても付いてきて逃げません。捨てたエサを啄んでいるようですが、うっかり餌箱の蓋を閉め忘れるとちゃっかり摘み食いされます。

P1010497_convert_20131201151041.jpg


その内、仕掛のエサまで狙ってくる始末。
「海」もエサ取り、「陸」もエサ取り…とゆうより、この場合「エサ鳥(とり)」と呼ぶべきか?・・・。こんなんで、昨日の30gの砂虫の残りが、あっと言う間に無くなり、納竿です。

P1010499_convert_20131201151329.jpg
「加賀」の釣果です。
本命「17-22cm」4匹全てキープ。内、20cmオーバーは2匹でした。 あと、チャリコを5匹キープです。外道で「メゴチ」と「エソ」合わせて10匹ぐらい。

P1010501_convert_20131201151551.jpg


「恵曇」の釣果です。
本命「10-20cm」17匹の内、15匹をキープです。内、20cmオーバーは2匹でした。
外道に「ゼイゴ」1匹、「メゴチ」「ヒイラギ」合わせて20匹ぐらい釣れました。


昨日、ポイントが遠目たったので、今日は“10号”の「アームシンカー」を使いましたが、竿とのバランスの関係か、“8号”とあまり飛距離は変わらない感じがします。
、少ないエサで「エサ鳥」に盗み食いされながらも、外道を含め50匹以上釣れたので良しとします。

本日の釣果   10-22cm 21匹(内19匹キープ、20㎝以上4匹)、4.20匹/h
        今年度累計1,655
本日のタックル ロッド:Dsmarts 833ML
        リール:Dsmarts 2003PE+PE0.4
        仕掛け:Dsmarts アームシンカー10号
         手製2本針仕掛けに必殺篭定スペシャル7号装着

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ