2013-10-31 | カテゴリ:未分類
P1010159_convert_20131030084939.jpg
夜は横浜で焼き鳥…。
昔から通っていた「鳥伊勢」。本店は伊勢佐木町ですが、月曜は定休日なので、今日は「桜木町店」です。こちらは本店に比べ、シックでお洒落な感じですね。

P1010160_convert_20131030085120.jpg


「ぼんぼち」「つくね」「皮」「すなぎも」です。以前は、「つくね」には生卵の黄身が付いていたのですが、無くなりましたね。

P1010161_convert_20131030085254.jpg


こちらは「鳥わさ」です。
とても美味しゅう御座いました。

P1010162_convert_20131030085406.jpg



「せせり」と「はつ」。
特に「せせり」は美味しかったです。

P1010163_convert_20131030085523.jpg


これは「手羽先」。

写真はないですが、サービス(無料)の「鳥スープ」も美味しいですね。
また、お替り自由なのもいいですね。


今週末の3連休は、日曜日は天気がイマイチのようですが、概ね良好のようです。
どこに行くかは思案中ですが、なぜか釣れる予感がします。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

スポンサーサイト
2013-10-31 | カテゴリ:未分類
P1010129_convert_20131030083801.jpg
「TOKYO・SKYTREE」…。
開業から約1年半たち、一時のブームと過熱も過ぎ去ったと思いきや、大間違いです。
平日なので、予約もせず来てみたのですが長蛇の列…。

P1010126_convert_20131030083506.jpg


簡単に登れると思っていたのですが撃沈です。14:00前で、17:30-18:00の整理券を配布していました。
で、「東京ソラマチ」も散策してみますが、人、人そして人…。すれ違うにも苦労するほどの人混み。

P1010133_convert_20131030083936.jpg
せっかく、ここまで来たのでお隣の「すみだ水族館」へ。入場料は、「スカイ・ツリー」と一緒の2,000円です。

P1010136_convert_20131030084131.jpg




入って直ぐ、アクアデザインアマノ(ADA)監修の水草水槽が続きます。

P1010138_convert_20131030084258.jpg

“熱帯魚好き”にはたまりませんが、それ以外はありふれた展示が続きます。

P1010142_convert_20131030084552.jpg




また、イルカ・クジラ・アシカ・アザラシなどのショーもありません。恋人同士や大人なら兎も角、子供連れには厳しいですね。

P1010150_convert_20131030084713.jpg
なので、家族連れなら、都内では「しながわ水族館」「サンシャイン水族館」のほうがおススメです。

平日にしては、人が多かったですが、整理券の時間までの時間つぶしをしている人と、私と同様、登頂を諦めた人達がほとんどのような感じでしたね。

しかし、何処へ行っても「中国語」がアッチコッチから聞こえてきます。
カフェで休憩中の出来事…。
通りに向いている席に座っていると、店の前のテラス席の机と椅子を勝手に移動させ、弁当を食べ始める団体さん…そう、中国の人達です。慌てて店員さんが外へ…。
噂には聞いていましたが、「中国パーワー」、恐るべし…です。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-10-30 | カテゴリ:未分類
P1010112_convert_20131030082057.jpg
目覚めに、スタバのコーヒー…。
今では島根でも飲めますが、今年の3/27に松江駅にオープンした1件のみ…。
初日の売上げが全国一位になり、全国ニュースにもなったほど。

P1010113_convert_20131030082203.jpg


8年ぶりに「スミレ(純連)」新横浜ラーメン博物館(以下、ラー博)に帰ってきたと聞き、お昼に行ってみました。
今は、似たようなアミューズメント施設が乱立しているので閑散としていると思いましたが、平日の開館直後なのに結構な人出です。

P1010118_convert_20131030082933.jpg
9件出店していますが、まずは「すみれ」に向います。店の場所は前と同じですね。
「ラー博」のオープン当初、2時間近く並んで食べたことを思い出します。
今日は、待ち時間なく入れましたが、その直後に列が出来てましたね。

P1010116_convert_20131030082359.jpg

「すみれ」と言えばコレ。
そう「味噌ラーメン」ですね。
濃厚なスープとラード、懐かしい味ですね。
ラードの幕に覆われ、なかなか冷めません。いつまでも熱いので、口の中、火傷です。

P1010117_convert_20131030082807.jpg

で、こっちは「塩ラーメン」。
正直なところ、初めて食べたときは有名な「味噌ラーメン」より衝撃を受けました。
今でこそ「塩ラーメン」はポピュラーなものとなっていますが、当時、「塩ラーメン」を始めて食し、感動すら覚えたことを思い出します。

P1010120_convert_20131030083101.jpg
せっかくなので、2軒目へ突撃です。
迷いましたが「麺の坊砦(トリデ)」
5分ほど待って店内へ。トンコツの匂いがプンプンします。
トンコツが苦手な人にはキツイですね。

P1010125_convert_20131030083248.jpg


さすがに2杯目なので「ミニラーメン」を注文。麺の硬さも選べるので、おススメの「カタメ」で注文です。
店主は、博多「一風堂」の一番弟子なので、ザ・「博多ラーメン」って感じですね。


今日は2軒しか回れなかったですが、「ミニラーメン」でスープまで飲み干さなかったら4軒は行けそうですね。ただ、「ミニラーメン」で550~600円の価格設定…もう少し安くなればと思います。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-10-29 | カテゴリ:未分類
P1010104_convert_20131029194419.jpg10/27、日曜日、快晴。
絶好の釣日和ですが、出雲縁結び空港(出雲空港)より、12:25発「JAL1666便」にて羽田へ向かいます。

空港を離陸して、一旦、日本海に出てから南下するのですが、丁度、「恵曇港」上空で旋回するので、眼下に“昨日投げていた恵曇港”を見ることが出来ます…何か不思議な感じですね。

P1010105_convert_20131029194714.jpg
今日は、行くだけなので「関内」のホテルにチェックインして、ぶらりと「中華街」を散策しますが、日曜とは言え物凄い人ごみです。
藤沢市に住んでいたころ、ここには良く来ましたが、連休並みの人出ですね。

P1010106_convert_20131029194929.jpg


久しぶりなので、足を延ばして「元町」の人気店「ウチキパン」に来ました。
17:00前に到着したのですが、なんと、棚にパン一個もありません。営業時間は19:00なので約2時間前に売り切れです。

P1010111_convert_20131029195903.jpg
で、しょうがないので中華街へ戻り「菜香新館」で夕食です。今までは「萬珍樓點心舗」で飲茶か四川料理の「景徳鎮」に行くパターンが多かったのですが、今日は「広東料理」です。

P1010107_convert_20131029195143.jpg



これは、前菜の「明爈焼味盆(おすすめ前菜三種盛り合わせ)」小クラゲ入りです。

P1010108_convert_20131029195300.jpg


これも前菜の「甘香化焼肉(皮つき豚バラ肉の塩あぶり焼き)」 ですが、これは美味しかったです。“皮付き豚バラ肉”の皮のサクサクパリパリの食感とジューシーな肉の旨みが一度に楽しめる一品です。(ホームページより)

P1010109_convert_20131029195453.jpg
あと“点心”も美味しかったですね。
なかでも「威化明蝦巻元祖(えびのウエハース巻揚げ)」「広東煎餃子(広東風焼きぎょうざ)」がおススメです。

久しぶりの都会…。
“人ゴミ”と“お酒”に酔ってしまいました。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-10-26 | カテゴリ:キス釣行記
約3日間雨が降り続き、どこも状況は濁っているハズ。
また、今日は「北風が9~10m」吹くとのこと。
普段なら自宅待機ですが、明日は釣行出来ないので、ボウズ覚悟で強行出撃しました。
「かめや」でエサを調達。どこに行っても“ニゴリ”があるはずなので、今日は“青イソメ”を購入です。
北風ならばと「千酌」に来ますが、思った以上の風です。
暫く車の中でやり過ごしていたのですが、車が揺れるほどの強風…なので撤退です。

P1010084_convert_20131026164326.jpg
そこで、「大芦」に来てみました。7時半前に到着したのですが、土曜日だとゆうのに誰もいません。平日でも、1、2人いる場所なのに…。
P1010073_convert_20131026163431.jpg




風が強いですが、誰もいない防波堤を風よけにして、岸壁から湾内側(南側)向け投げてみることにしました。
追い風にのり、5号でも4色が出て行きます。

で、素針なく釣れます。チャリコ、テカミ、カワハギ…の外道たちが。
風下にラインが真っ直ぐとなるため、アタリは取りやすいですが、このままではエサが無くなるだけなので、思い切って強風の中に出て行くことに…。

P1010074_convert_20131026163559.jpg
この場所は、キスが釣れる可能性は高くなりますが、痛烈な横風になります。しかも、根掛りゾーン(筏と船舶の係留ロープ)が多く、さらに手前に船舶が停泊しているため、捕り込みが非常に難しく、リスクは大きくなります。

P1010079_convert_20131026163819.jpg


第1投、横風で十数メートル流されます。強風でアタリが取辛いですが、コツコツと小さなアタリがあり、しばらくサビいていると“ガツン”と痛烈なアタリ。船舶やロープを慎重に避けながら回収すると「25cm」とテカミ。

P1010093_convert_20131026164738.jpg
その後もアタリがありますが、横風がキツク、ラインを張った状態に出来ないので、なかなか乗りませんね。で、時たまピンギスが掛ります。

流石にこのサイズだと、この強風の中でもアタリを合わせられます。
本日、2匹目の「25cm」でした。

まだ釣れたのでしょうが、竿が真面に持てなくなってきたので、撤収し「恵曇」に向うことにしました。
ここでは、「14-25cm」5匹でした。
P1010095_convert_20131026164843.jpg
「恵曇」に11時過ぎに到着しますが、広大な港に2人しか見当たりません。
沖防の枝堤に来てみますが、北風だと山影になるせいか思ったほど風は強くなく、潮も茶色に濁っていると思ったのですが、上潮のせいか思いの外、ニゴリはありません。

P1010096_convert_20131026170623.jpg

第1投、風下の「南防」に向けて投げ込みます。4色からサビクと、2色付近で良いアタリがあり、回収するとコイツ。
30cm弱の良型のメゴチ…と思いきや、よく見ると小型の、そう“オスのマゴチ”でした。

P1010097_convert_20131026171013.jpg

引き続き、古浦側の澪筋に投げますが、本命が釣れません。そこで若干逆風になりますが、恵曇港の内側に投げると天ぷらサイズの連。
その後も、ポツポツと釣れます。

このポイントなら、こっちのほうが良いと思い「中防」に移動します。

“入食い”とは行かないものの、17-19cmがポツリポツリと釣れます。
また、アタリは結構あるのですが、なかなか乗らないですね。
14時過ぎ、エサが無くなったのと雨がポツポツと落ちてきたので納竿です。
ここでは「14-19cm」17匹でした。

今日は、“佐陀川河口側”より“恵曇港の湾内”のほうが“本命ポイント”のようでした。流石に連日の降雨で塩分濃度が低くなっているせいか、湾内の奥に逃げていたようです。
明日は、今日より状況が良いハズなので、釣果が期待できそうですね。
クドイようですが、私は出撃しません…よ。
2013-10-24 | カテゴリ:釣行後記
別冊関西のつり「投げ釣り倶楽部‘13〈秋~冬〉」を探し求めて、約2か月。

P1010072_convert_20131024095245.jpg
書店に行っては「趣味コーナー」へ足を運び、また釣具店に行っては「書籍コーナー」へ足を伸ばしてみますが、置いてないですね。
結局、“Amazom”でネット注文、昨日、手元に届きました。
送料無料で翌日配達。これでは地方の書店が潰れるのも、必然のような気がします。


目次をみると「秋ギス、落ちギスで爆釣モード体験!」と気になる見出し。
ページを捲ってみると、
「秋口から初冬はどこかの釣場に中型以上のキスを大釣りできるチャンスが訪れている。…」うん、うん。なるほど。それから…。
「比較的浅場で荒食いする“秋ギス”と越冬前に深みへ溜まった“落ちギス”のパターンだ。…」ん?…“秋ギス”“落ちギス”って、別もんだったんですね。

“秋ギス”といえば、彼岸前後から10月いっぱいぐらいに、産卵後の体力回復と越冬に備えて荒食いをするキスの総称のことで、その内の越冬に備えて荒食いをするキスを“落ちギス”と呼ぶものと理解していたのですが…。
まぁ、どっちでもいいですが、先週の良型が入れ食いだった「恵曇港」の場合は、比較的深い湾内に溜まっていたので、この定義にあてはめると“落ちギス”になるのでしょうか。
で、今週末の状況はとゆうと、昨日から降っている雨が、明日の深夜まで降り続くとのこと。なので、湾内は茶色に濁りきってダメでしょうね。しかも土曜は北風が強くなりそうなので、日曜日のほうが、僅かながら可能性があるかもしれません。
濁りさえ取れれば、この雨で「宍道湖」からの栄養分も流れ込んでおり、まだ期待できるかもしれませんね。
だた、わたしは日曜から3日間、「横浜」なので出撃出来ませんが…。

最後に、キスの投げ釣りに関する番組情報をひとつ。
『サンテレビ』で放送されている「FISHING LIFE」(がまかつ提供)で、放送時間は10/26(土)23:00~23:30となります。
内容は、【兵庫県南あわじ市を舞台に投げ釣りでキスの連掛けを楽しむ。長めのロッドを使用し、鈎数を多く設定し数多くのキスを狙ってみると「7連・8連・9連」と面白いようにキスがヒット!置き竿釣法では27cm級も姿を現す!手軽に美味しいキスが狙える投げ釣りをご紹介します!】とのことです。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-10-22 | カテゴリ:釣行後記
先週の土曜日の出来事…。
ようやく、良型の釣れるポイントを見つけ投げていたら、両手に竿と肩にクーラーを担いだ“お爺さん”が声をかけてこられました。以降、分かりづらいと思いますが、あえて“出雲弁”での会話を再現しますので、ご了承下さい。

爺「何(なん)が釣れーかねぇ。」
私「キスですけど…。」
爺「釣れーかやぁ、ここでは釣れんでぇ。キスなら、あっちから投げた方が良いでぇ。」と、さり気無く“あっち行け”サイン…。
私「結構、アタリがありますよ。」
爺「ワシはここで、釣(つ)ーけん。」
と言って、私のクーラーの真ん前にクーラーを置き、釣開始の準備をし始めました。
“聞く耳もたず”とは正にこのことですね。
私「・・・。すみませんが、私がここから投げているんですけど…。」
爺「ワシは“アジ狙い”だがぁ。サビキ釣りで真下だけん、あんたわ、ワシに気にせず投げーだわ。」
私「あんたが気にしなくても、俺が気にするっちゅーねん。」と、心の声。

その後、爺さんの頭越しに投げるわけもいかず、しょうがないので少しずれて投げました。で、爺さんはとゆうと…、残念ながら釣れてないですね。
私がキスを2匹釣上げる間に、やっと、6、7本針に小アジ1匹掛かるペース。
サビキ釣りなのに…。
そこで、爺さんが来る前に釣れた“良型のアジ”をあげると、
爺「これはええアジだわ。だんだん、だんだん(ありがとうの意)。」
そこから、正に「呉越同舟」です。
爺「ここは良く来(く)ーかや。」
私「たまに来ますよ。アジなら大芦のほうが、こっちより良く釣れていますよ。」
などなど、お互い会話をしながらの釣行となりました。

エサが無くなり、納竿の準備をしていると、隣でポツリ、
爺「潮の流れが速(はや)て、コマセが流れてしまって釣れへんわ。」
私「だったら、湾の内側ほうが釣れるんじゃないですか。」
すると、爺さん、竿だけ持って内側へ…1投目で3匹ぐらいかかっています。慌てて椅子とクーラーを持って移動されます。
爺「もう帰(かえ)ーかや。ワシは、こっちのほうが釣れるから移動すーわ。」
私「ええ、お先です。頑張ってください。」
と言って帰途についたものの、
「何でわざわざ私の前に来たのだろう…釣れないのに…しかも最後に移動って…。」
と、しみじみ思うのでした。

P1000812_convert_20131022183916.jpg
最近、こうゆう光景を良く見かけます。
釣れなかったからって、そのままで帰らないで下さいね。
みんなの釣場ですから。





ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-10-20 | カテゴリ:キス釣行記
今日は、注文していた「熱帯魚」が届く日。しかも、ほとんどの予報が雨だったので、水槽の水替えをして、大リーグ中継をみたりして、のんびりと家で過ごすつもりでした。が、朝起きて「雨雲レーダー」を確認すると、朝方パラパラと降る感じで本降りになりそうもありません。「熱帯魚」が14-16時到着予定なので、2-3時間なら投げれると思い、急遽、出撃しました。
途中、「かめや」で砂虫を20g買って、11:30過ぎに「恵曇港」に到着。
予報が悪かったせいか、日曜日にしては釣人が少ないですね。ただし、「沖防」だけは人気なので賑わっています。
干潮が9:34、満潮が16:11なので上潮で丁度いい感じです。

P1010042_convert_20131020202639.jpg
昨日ほどではありませんが、東風が吹いています。この風なら、わざわざ混んでいる「沖防」より、昨日のポイントを狙うには誰も居ない「中防」のほうが追い風にもなるので、こちらに釣座を構えることにしました。

P1010047_convert_20131020202827.jpg


一投目から釣れます。
どこに投げても「アタリ」があり、足元でも釣れます。完全に「落ちギス」ですね。
でも、型がイマイチなので「古浦」側に少しづつ移動します。

P1010053_convert_20131020202951.jpg
「佐陀川」の河口側の“澪筋”に投げると20cmオーバーが掛ります。
昨日は「恵曇港」の湾内のほうが、良型が釣れたのですが、今日の良型ポイントはこっちのようです。

P1010054_convert_20131020203120.jpg


同じポイントで、今日イチの「23cm」です。

しばらくして、良いアタリ。
追い食いを期待して、ゆっくりサビいていると急に重くなり、ドラグが唸ります。
なんとか足元に寄せると、なんと40cmぐらいのヒラメ。
タモが無いので引き上げる途中で、"ポッチャン”…。残念ながら、ボロボロのキスと供に海底に沈んでいきました。

P1010055_convert_20131020203231.jpg
今日は、足元でも釣れましたが、型が小さくなります。3-4色(80m付近)投げれれば、「18cm以上」の良型ばかり、コンスタントに良いアタリをくれます。

P1010063_convert_20131020203507.jpg



帰りの時間を考慮すると、13:30が“納竿のリミット”でしたが、エサも余っており、まだまだ釣れたので30分延長、結局14:00まで投げました。
2時間半の釣行で、10-23cmが31匹でした。
2本針で時速12匹チョット…。ほとんど入れ食い状態でしたね。
ただ、台風通過後の来週、どうなるかは分かりませんが…。

帰宅すると、丁度、「熱帯魚」が遠路遥々、熊本から到着。ギリギリセーフでした。
なお、写真は、調整中の様子です。
2013-10-19 | カテゴリ:キス釣行記
台風が直撃したら、しばらく釣にならなくなると思い出撃しました。
今日は事前の予報より天気が良いですが、南東の風が強くなりそうです。東寄りの風なら、「恵曇」か「古浦」が良いのですが、10:00くらいまで下げ潮のようなので昼前に行く事にして、取敢えず時間つぶしに「大芦」に向います。

P1000998_convert_20131019174349.jpg
途中、「かめや」でエサを調達して6:30前に到着。取敢えず、目の前の“船揚げ所”から投げてみると、近くでアタリがあり15-17cmが釣れます。

P1010002_convert_20131019174935.jpg



ヒラメの赤ちゃん…。
もちろんリリースです。

サーフからも投げて見ますが、先週のように“波口”でゾロゾロとはいかないですね。
3投して1匹しか釣れませんでした。
再度、“船揚げ所”に戻っても、サイズアップは期待出来ないと踏み、早々移動する事に。ここでは、「15-17cm」が6匹でした。

「恵曇」に向かうには、まだ早いので「千酌」に移動です。
この場所は、どちらかと言えば東向きの風に弱いですね。

P1010004_convert_20131019175253.jpg
案の定、向かい風で潮も濁っています。
おじいさんが釣られていたので、状況を聞くと「釣れるよ」と返事。見ると“バケツ”には無造作に良型のキスがプカプカ…。
早速、少し離れて投げてみます。

P1010012_convert_20131019175405.jpg


やはり、「大芦」より良い型が釣れます。
今日イチの「21cm」です。

P1010021_convert_20131019175526.jpg



「16-18cm」がアベレージで釣れます。
たまに「20cm」。

P1010030_convert_20131019175912.jpg


「20cm」とお友達…。

向い風が強くなり釣り難くなったのと、そろそろ「恵曇」が時合になりそうなので移動です。
ここでは、「15-21cm」が15匹でした。

P1010032_convert_20131019180140.jpg
途中、買い物と遅い朝ご飯の買い出しを済ませ、「恵曇港」に11:30前に到着。
思いの外、釣人がいませんね。
沖防の枝堤に来ると、一人先客が居られます。珍しくキス釣り師…のようです。

P1010035_convert_20131019180306.jpg


声をかけ、少し離れた位置から投げます。
一投目から本命が掛ります。
その後も15-18cmメインですが、20cmクラスも混じり、コンスタントに釣れます。
14:30にエサが無くなり納竿です。
ここでは、「10-21cm」が28匹でした。
2013-10-14 | カテゴリ:未分類
3連休の最終日、風も無く良い天気でした。
釣行するには、一番の好条件となりましたが、そう、今日は「体育の日」。
なので、今日は自転車とスポーツ観戦です。

P1000992_convert_20131014204429.jpg
今日の「古浦海岸」です。
ベタ凪で潮も澄んでいて、いかにも釣れそうな感じです。今日、投げた人は釣れたのでしょうか?気になります…。

P1000993_convert_20131014204555.jpg



「恵曇港」はファミリー連れや太公望でイッパイですね。

P1000997_convert_20131014204854.jpg


午後からは、家族とバレーボールV・プレミアリーグ男子招待試合「境ブレイザーズvsJTサンダーズ」の試合観戦です。

P1000995_convert_20131014204747.jpg


「恵曇港」から約1kmにある会場の「鹿島総合体育館(ニューウェーブ)」で合流。
いかにも“原発の交付金”や“中電の寄付金”で建てましたとゆう感じの立派な建物ですね。

P1000988_convert_20131014203940.jpg

プレミアリーグの試合を生で観戦するのは初めてでしたが、やっぱり迫力がありますね。
試合は接戦となり、結局、フルセットで「JTサンダーズ」が勝利しました。

帰途、親戚の家に寄り道をし、昨日釣れたキスを届けて帰宅…です。

シツコイようですが、今日は「体育の日」。
なので、“休竿日”なのでした。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-10-13 | カテゴリ:キス釣行記
前日釣れた場所に行って、同じポイントに投げても釣れるとは限りません。
当たり前のことながら、キスだって生きている訳だし、エサが無くなれば居心地の良い場所を求め移動するのです。
また、1日の間でも変化するのに、日が変われば尚更なのである…。

本日は、昨日のウネリが残っていると思い、影響のない場所を“西から東”へ向かうことにしました。まずは、昨日に引き続き、「大芦」です。
P1000964_convert_20131013153656.jpg
日の出直前の6:00時に到着。多少ウネリの影響はありますが、穏やかですね。
西端から投げてみますが、フエフキがエサを取ってしまいます。思い切って、港側から50mぐらい離れて投げてみます。

P1000965_convert_20131013154219.jpg


この時期は、移動しての第1投はオモリが見えるまでサビクようにしていますが、波打ち際から3mぐらいでアタリ、15-18cmのサイズが連で掛ります。
針を3本に替えると同じ場所で、17-18cmの3連…。これって「落ちギス」?

ですが、同じ場所で直ぐ釣れなくなります。少し移動するとまた波口で釣れるパターンの繰り返し。群れが移動しているようです。
結局、東端まで移動。数は釣れましたが、型がイマイチなので「楡木港の岸壁」に移動して投げてみますが、フエフキしか釣れません。場所替えです。
ここでは、12-19cmが23匹でした。
昨日は、3色がポイントでしたが、1日経って波打際でした

P1000966_convert_20131013155127.jpg
東進し、「佐波」にきてみました。
エギングでは有名ですが、キスを狙って投げてみようと思う人は、たぶんいないと思うような場所です。
以前、自転車で“ロケハン”済みなので、投げてみたかったのですが、今日はひどいニゴリです。諦めて、さらに東進します。

P1000973_convert_20131013160502.jpg
久しぶりに「菅浦」に行くつもりでしたが、途中、「千酌」で投げてみることにしました。
まったく釣れなかった昨日とまったく同じロケーションですね。
潮も澄んで鏡のように穏やかです。

P1000967_convert_20131013155820.jpg


いつものポイントに投げ込むと、着底と同時にアタリ。昨日の今日なので“チャリコ”かなと思いましたが、上がってきたのは本命。しかも18cmの連。

P1000971_convert_20131013160117.jpg

その後も、ほぼ素バリなく釣れます。
20cmが最高でしたが、16-20cmで型ぞろいでした。

P1000974_convert_20131013161121.jpg



外道に久しぶりに“アイゴ”が掛りました。
小さかったので、フエフキと間違えそうになったのですが、セーフです。
以前、えらい目にあわされていますので、慎重に扱って帰って頂きました。

11時過ぎにエサが無くなり納竿です。昨日の残りのエサを使ったのですが、買ったエサが悪かったのか、のこり1時間は、ほぼ死んでいる状況での釣果なので、満足です。
ここでは12-20cmが24匹でした。

“昨日釣れなかったから、今日も釣れないとは限らない”…そんな釣行でした。
2013-10-12 | カテゴリ:キス釣行記
連休初日。天気は良いようですが、西の風が7、8m吹くようです。
島根半島の日本海側のサーフは、西風に弱い場所がほとんど。“サーフ”で投げれるとしたら、「大芦」「千酌」「菅浦」ぐらい。“波止”なら「笠浦」「七類」「法田」…。
なので、取敢えず「千酌」に向い、ダメだったら「大芦」に行くことにしました。

P1000960_convert_20131012154329.jpg
因みに、今日の「古浦海岸」の様子。
先日の台風24号接近時より荒れています。
明日も“北西の風”みたいなので、ダメみたいですね。

P1000944_convert_20131012150401.jpg



今日は、のんびりと遅い出撃で、8:00に「千酌」に到着。風はありますが、完全に風裏なので、波もなく鏡のように潮も澄んでいます。
いつものポイントに投げてみますが、外道しか掛りません。ポイントを変えて、サーフの浅瀬に投げると本命のアタリ。
その後も、ポツポツと釣れますが、型がイマイチです。

P1000946_convert_20131012150652.jpg
で、“サーフ”に移動してみますが、リリースサイズばかり。
しかも、だんだん小さくなって行くような…。

P1000947_convert_20131012150928.jpg




東に移動して、公園の高台から投げてみますが…。

P1000949_convert_20131012151116.jpg

さらに縮小…8cm。
7号を飲み込んだ最小記録です。
釣果がイマイチなので、「大芦」に移動です。
ここでは、1時間半弱で「8-14cm」が10匹でした。

P1000953_convert_20131012151919.jpg

10時前、「大芦」到着。小具側は荒れていますが、楡木側は穏やかですね。とゆうか、この場所は“北東の風”以外は滅多に荒れることはありません。
いつものスタートする場所に、珍しく先客が居られます。サイドスローで“チョイ投げ”されていたので、テッキリ“ルアーマン”と思っていましたが…。

P1000954_convert_20131012154145.jpg
なので、少し離れたサーフより投げてみました。一投目から、15-18cmメインで1匹づつ掛ります。たまに連で掛りますが、群れは小さいようです。さらに型を求め、東へ少しづつ移動しますが19cm止まりでした。
12時を過ぎた頃から、さすがにウネリが高くなり、ニゴリだしたので12:30に納竿です。


ここでは、2時間半で「14-19cm」が20匹でした。

納竿前、先ほどの“ルアーマン”と思っていた方が、わざわざ声をかけて来てくださいました。話をさせて頂くと、チョイ投げでキスを釣られていたのこと。20cmオーバーの良型を数本あげられたようです。
で、話を進めると、なんと私のブログを見られているとのこと…。
ブログを始めて約半年。知り合い以外で、ブログの読者に会うのは初です。
色々な“釣場情報”有難うございました。またどこかでお会いしましょう。
2013-10-11 | カテゴリ:釣行後記
山陰地方での「釣ロマンを求めて」が、10/8深夜放送分をもって最終回となりました。歴代のキャスター陣が集まって、今までの27年を振り返るみたいな「最終回スペシャル」的な内容と思いきや、普段と変わらぬ内容の放送。まるで、急に打ち切りになったドラマのようでした。
それに対し、10/5に「The Fishing」が「30thメモリアル 総集編スペシャル!!」を放送していたのと対照的でしたね。

『山陰中央テレビ』では、次週から同枠(毎週火曜深夜1:35-2:05)で「フィッシング倶楽部」(テレビ埼玉製作、がまかつ提供)を放送するとのこと。内容は、タレントさんメインで初心者向けのような感じです。

あと、“キスの投げ釣り”に関する番組情報を一つ。
同じ『山陰中央テレビ』で放送されている「釣りごろつられごろ」(テレビ新広島製作)です。放送時間は10/13(日)6:15~6:30で、内容は「初心者でも爆釣可能!連掛けで釣る日本海の落ちギス~島根県浜田市~」
『テレビ新広島』では9/28の放送で、ロケ日は1ヶ月前の9/10のようなので、「釣り情報」としての価値はあまり無いかもしれません。

無題2

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ


2013-10-09 | カテゴリ:釣行後記
台風24号が山陰沖の日本海を通過しました。
直撃では無かったせいか、思ったより風も強くなく、海もこれくらいの荒れ具合なら、“冬の日本海”では毎日の光景のような感じ…。
この一荒れが、秋の釣果にどう影響するかって?

それは、投げてみなきゃ分からない。




ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ
2013-10-06 | カテゴリ:キス釣行記
最近、キスは“いつでも釣れる”と慢心していました。
そこで、本日の釣行は“ツ抜け”するまで家に帰れないルールで臨むことにしました。名付けて“キス10匹釣れるまで「帰れま10」”ですよ。
、どこかの番組のパクリですが…。しかも、エサは昨日の残りだけで勝負です。

昨日は予想以上に、夕方から未明まで雨が降っていました。なので、サーフは濁っていると思い、久しぶりに「境水道」に向かうことにしました。
5時過ぎに出発。途中、車中からみる「境水道」は、強い東風で珍しく少し波立っています。大潮で丁度、下げ潮。なので、昨夜の雨の“流れ込み”の濁りがが外洋に向けて流れているせいで、潮も濁っています。

P1000902_convert_20131006155125.jpg
濁りを避け、東進。「美保関の男鹿」まで来ました。
投げてみますが、“チャリコ”、“チャリコ”、“フグ”そして“チャリコ”のペース。

P1000903_convert_20131006162119.jpg



東に移動しながら、投げていると本命のアタリです。姿が見たくて早々に回収作業にかかりますが、途中からやけに重たくなり、残り1色で軽くなります。
バラしたのかと思ったら、18cmの良型。

なんと2週間ぶり…でも傷だらけで、しかも尾が切れかけています。
どうやら犯人はアオリイカのようです。せっかくの待望のキスなのにボロボロ…。
すぐ、8cmのマイクロピンがスレで掛りますが、このペースだと家に帰れなくなりそうなので、場所替えです。
ここでは、1時間チョットで8、18cmの2匹でした。

P1000908_convert_20131006162501.jpg
日本海側に移動して、「美保関の千酌」に来ました。ここから、「野波」「加賀」「大芦」「恵曇」「古浦」と“ツ抜け”するまで西進するつもり…でした。
8:30に到着。東の風が強く波立っており、潮も濁っていています。

P1000907_convert_20131006162311.jpg

釣れる気配はなかったのですが、サーフをみると離岸流が出来ています。
いつぞやと同じ状況…。
取敢えず投げてみると、一投目で良いアタリがあり、18cmとマズマズのサイズ。

P1000913_convert_20131006163027.jpg

その後、素針なく同じポイントで釣れます。
2本針に連掛けもあり、あっさりと“ツ抜け”。
これで家に帰れます。

P1000914_convert_20131006164119.jpg



途中から“20cmオーバー”のフィーバー状態に。
まず、今日イチの「23cm」。

P1000925_convert_20131006164607.jpg



引き続き、「21cm」とお友達。


P1000926_convert_20131006164731.jpg



スリムな「22cm」で3連続。


P1000931_convert_20131006164840.jpg


途中、チャリコ2匹を挟んで、「20cm」とおまけ。

P1000932_convert_20131006165037.jpg



最後は「21㎝」でした。

エサが無くなり、11時前に納竿、目標達成なので帰還です。
途中でエサが少なくなり、飲み込んだエサをそのまま使った割には、良く釣れたと思います。

ここでは、2時間半弱で「14-23cm」が32匹でした。


2013-10-05 | カテゴリ:キス釣行記
今日は、所要で鳥取市までに行くことになりました。
朝起きて“天気予報”を確認すると、午後から天気が悪くなりそうですが、午前中は大丈夫そうな感じ…。でも、「雨雲レーダー」をみると、山陽から雨雲が北上してきて、その先端は松江市内に既に掛かっており、今にも降ってきそうです。
鳥取県中部は10時頃からパラパラと落ちてきそうです。
なので、早めに出発して“行き掛けがてら”、寄り道をして投げてみることにしました。

5時に出発。途中、かめやでエサを調達して、山陰自動車道へ向かう頃にはパラパラと雨が…。「松江道路」、「安来道路(有料区間)」までくると結構な雨が落ちてきました。「米子道路」、「名和・淀江道路」、「東伯・中山道路」と高規格道路を経由して、「県道267号」に廻って、6時半前に「東伯の逢束」に到着。雨は降っていませんが、加勢蛇川河口にきてみると、風の割には波立っており、潮も“コーヒー”のように濁っています。しかも、たくさんの“人間アザラシ”が波間で戯れています。
投げられそうな場所を探して、「北条バイパス」に戻り鳥取方面に向かいます。
が、どこも同じ状況ですね。
P1000899_convert_20131005160448.jpg
「北条川放水路」まで来ると数人投げられています。せっかくなので、吐け口付近で投げてみました。6色からサビキますが、生命反応がありません。雨もポツポツと落ちてきて、時間もあまりないので、4投して撤収。さらに東に向かいます。

P1000900_convert_20131005161851.jpg

青谷・羽合道路に乗らず、9号線を海岸線に沿って東進します。「羽合海岸」にくると4、5人投げられています。様子を伺いますが「ダメです」との返事…。ちょっと離れて投げてみますが、外道すらかかりません。
3投して撤収です。


「宇野」、「宇谷」もボードに乗ったアザラシやペンギンでイッパイなので、スルーします。
サーフを諦め、「泊港」で時間調整です。
思いのほか、良いアタリがあります。投げる度に、20cm弱の“チャリコ”と“カワハギ”が掛ります。特に“カワハギ”の針掛りさせるまでのやり取りが楽しいですね。

30分ぐらいで、雨が結構降り出してきたのと、時間切れで納竿です。結局、1時間チョットの釣行でした。
2013-10-03 | カテゴリ:キス釣考察
「抱卵しているキスの最小は?」の投票に、ご協力有難う御座いました。
取敢えず、9月末で〆切しましたが、今度は“今月から12月末まで”を集計したいと思いますので、引き続きご協力お願いします。

以前もブログで書きましたが、シロギスは『多回産卵魚』で、産卵期間の6月~10月の長期間に渡り何度も産卵し、ピーク時には1万粒もの卵を毎日のように産卵します。 また、“成魚”いわゆる繫殖が可能となるには、諸説ありますが、早いもので1歳、2歳でほぼ成魚になるとのこと。要するに、シロギスは満1歳になれば成魚となり、産卵期には毎日のように産卵し“再生産に寄与”する訳ですから、個体数の減少を防ぐには“0歳魚”(未産卵魚)を捕獲しなければ良い訳です。

そこで、「7-9月のアンケート結果」をみると、「11-13cm」で全体の約75%を占めているとこから推察すると「13cm以上」は“ほぼ成魚”と考えて良いのでないでしょうか。
とゆうことは、以前から提唱している「12cm以下のリリース」をすれば、キスの個体減少防止になることが、確認出来たのではないかと思います。

辟。鬘契convert_20131003092726

「12cm以下のリリース」にご協力をお願いします。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ

2013-10-01 | カテゴリ:釣行後記
今日で10月に入り、街の景色や朝夕の気候も、すっかり秋らしくなりましたね。
月が替わって、ついでに“ツキ”も替わればいいのですが…。

さて、“ボウズ”の連チャンで終えた「9月の釣果」…。“22.1匹/回”と、この数字だけみるとそんなに悲観するような値ではないのですが、9/21の100匹を除外すると“12.1匹/回”となり、1月の“14.2匹/回”、3月の“13.4匹/回”以下となります。
ちなみに、昨年の「9月の釣果」は“35.8匹/回”でした。
また、“ボウズ”も昨年は1度ありませんでしたが、今年は既に5回もあります。5回の内、7/20は体調が悪く直ぐ帰ったので、実質には2月と9月で2回ずつとなります。キスがいないのか、自分の工夫が足らないのか分かりませんが、この「9月の釣果」は近年にない不調でした。

           2012          2013
  月   総 数   平 均   総 数   平 均
   1     -          -71 14.2
   2     -      - 3 0.8
   3     -     -67 13.4
   4     -     -65 10.8
   5       225    56.3 189 27.0
   6     269    44.8 261 32.6
   7     193    32.2 124 24.8
   8     151    75.5 171 28.5
   9     215    35.8 221 22.1
  10       84    14.0   
  11     114    19.0   
  12     134    26.8   
   計  1,385    33.8 1,172 20.6

ただし、胸に手を当ててよくよく考えると、最近の“釣行する心構え”がなっていなかったような…。「別に釣れなくてもいい」とか「釣れ過ぎたら捌くのが面倒くさい」とか、etc…。
そういった後ろ向きな気持ちが、キスに伝わったのかもしれません。
最後は、“技術論”ではなく“精神論”になってしまいました…。

今週末、予報はあまり芳しくありませんが、島根半島でリベンジするか、それとも遠征するか…思案中です。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ キス釣りへ