2017-02-07 | カテゴリ:

我が家の猫が、3匹体制になって3ヶ月が過ぎた。

大(トラ、♂)、中(オセロ、♂)、小(ナナ、♀)のデコボコトリオなのだが…

2匹だけの時は、一日中寝てばかりだったのが、1匹増えて暴れるようになった。



、家の中は散らかって大変だが、メタボ気味の上の2匹には、良い運動です。

斯く言う小生も、運動不足…

で、明日は暇になったので、天気が良ければ、釣り竿片手にクーラーを担いで、キスを求め歩き回るつもりです。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

スポンサーサイト
2017-01-26 | カテゴリ:
P1150608.jpg
昨年の12/7に保護した、野良猫(チャトラ、メス)の避妊手術をした。

1泊2日、全身麻酔にて卵巣と子宮を摘出、手術代(事前検査込)は24,300円也。

生後4ヶ月なので、少し早いかな…と思いながらも



初診時に、手術の予約しておいたのだが、何故か12月中頃から発情し始め、結局、手術当日まで約1ヶ月半以上、発情したままであった。

手術して判ったことだが、この異常発情の原因は、卵巣に出来た「のう胞」だと、獣医に言われた。



いわゆる、『卵胞のう腫』という病気らしく、今回は、結果的に卵巣を摘出して良かったのだが

生殖能力を、人間サイドの勝手な考えで奪うことに対する道義的な問題はある。

自然に任せれば良い…



子供を産もうが…餓死しようが…病死しようが…車に轢かれて死のうが…野良猫の勝手…という意見もある。

ただ、それで自然淘汰されるのであれば、何も問題は無いのだが、年間7万匹近い野良猫が殺処分されている現実を、はたして“自然”と呼べるだろうか?


平成27年度、行政により引き取られる約9万匹の猫の内、84%が所有者不明=野良猫であり、その内の76%が幼齢(子猫)である。

このことから、不妊手術を受けていない野良猫の子猫の多くが、「害獣」として行政に持ち込まれているのが分る。

と言うことは、無益な殺生をしないためにも、せめて保護した野良猫だけでも、避妊手術すべきだと思うしかないのである。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2016-12-10 | カテゴリ:

彼女が、“幸運”と思っているのか判りませんが、7日に保護したので、勝手ながら…

“ラッキーセブン”…ということで、「ナナ」と命名。

1週間程度は、ゲージ内で隔離生活を強いるつもりでしたが、意外と大人しく…



また、直ぐに排泄も覚えたので、そろそろお外へ。

と、その前に…
先住の2匹のために、動物病院にて健康チェック。

まず、血液検査にて、猫白血病ウイルス(FeLV)猫エイズウイルス(FIV)の…



陰性を確認し、一安心。

その後、3種ワクチン(猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫汎白血球減少症)を注射。

帰り際に、受付で避妊手術の予約をして、家路についたのですが…



車中では、鳴くことも無く、キャリーバックの中で、スヤスヤと居眠り。

他の2匹は、ギャーギャーと大騒ぎだったのに…そう言えば、ワクチンの注射時も喚くことも無く微動だにせず…

大物になりそうです。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2016-12-08 | カテゴリ:

吾輩は野良猫である。
キジトラ、メス、生まれて約3カ月、名前はまだ無い。

どこで生れたか頓と見当がつかぬが、腹を空かせニヤーニヤー泣いて居たところ、エサをくれるオッサンに捕まり…

囚われの身となった。



捕まる前夜、食事に夢中になっていると…

不意に、首の後に液体を塗られた。どうやら、吾輩に寄生しているノミ、マダニなどを駆除する薬だそうだ。

そのお陰なのか、若干、痒みが治まった気がする。



狭いながらも、寝床にはヒーターが付いているらしく、暖かく快適である

でも、何処に小水をして良いものか判らず、不覚にもオネショをしてしまった。

身体と寝床を綺麗にしてくれたオッサンに対し…



申し訳なく思い、反省。

その日の夜は、下に置いてある桶の中でしたところ…

朝、起てきたオッサンが、何故か大喜びして、頭を撫でて褒めてくれた。

次の朝…



ウンチをしたところ、さらにオッサンが大喜びして、エライ、エライとべた褒め。

吾輩は、ただ「ウンチ」をしただけなのに…

人間の気持ちは、野良猫には理解出来ないのである。



ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2016-12-07 | カテゴリ:

隣人が、野良猫に餌付けを始めて約1ヶ月、1匹の子猫を産んだ。その後、直ぐに…
その隣人は居なくなり、暫くして母猫も居なくなり、子猫だけが残された。

引っ越しが分っていながら、餌付けをした隣人の無責任さに腹立ちを感じつつも…



雨の中、エサ場だった場所で鳴いている子猫をみて、我が家で飼うことに決めた

それから、玄関でエサを与えていたら、そのうち、朝晩の決まった時間にやって来て、食後も家の中で寛いでから帰るようになった。

やがて…


家の中でエサを食べるようになり、身体を触っても逃げなくなったので…

ゲージを購入。

先住の2匹がいるので、しばらくは隔離生活を強いることとなりますが、うまく排泄してくれるか心配です。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ