2013-07-25 | カテゴリ:釣り場紹介
“自転車”で県道47号を通ると必ず寄る場所が、この『小波海岸』です。
何故寄るのかは後ほど…。

“島根県のキス釣場”を紹介するなら、真っ先にこの場所を紹介すべきかもしれません。「1974.7.21」…この『小波海岸』で釣れた「36.2cm」は、16年前まで20数年間、“日本一”(全日本サーフキャスティング連盟登録)に君臨していました。ほとんどの日本記録が“対馬”と“五島列島”で更新される中で、ひときわ異彩を放つ記録です。
因みに現在の記録も、「2004.7.22」に“長崎県(たぶん“対馬”か“五島列島”のどちらかだと思います)”で釣れた「37.2cm」のようです。

『小波海岸』は「野波港」と「瀬崎港」との間に位置しており、「多古鼻岬」の付け根にあたります。
P1000567_convert_20130725202431.jpg県道47号を走っていると山側に「野波保育所」が見えてきます。そこの「マリンパーク多古鼻」へ向かう県道182号との三叉路を北側に向かって、最初の集落にある約200mの小さな砂浜です。

P1000569_convert_20130725202607.jpg




当初、訪れた時よりサーフの砂がなくなっており、南側の1/3ぐらいしか砂浜は無いですね。

P1000570_convert_20130725202818.jpg

南側に小さな港がありますが、水深もありません。

初めて行かれた方は、「こんな所で日本記録が!?」と皆さんビックリされると思います。なので、私も初めて訪れた時、「尺ギスが釣れるのは“宝くじ”に当たるようなものだ」と思いました。おそらく10年以上も網にも掛からず、また釣人の“あらゆる誘惑”にも引っ掛からず、臆病に生きたであろう“老魚”が、こんな“水深もない小さな砂浜”に潜んでいるとは誰も思わないし、また大物狙いなら常識的に考えて誰も投げようとは思わない場所です。正に“宝くじに当たる確率に等しい”とその時は思いました。
スポンサーサイト
2013-07-04 | カテゴリ:釣り場紹介
久しぶりに釣場の紹介です。
今回は大田市温泉津町の『湯里海岸』です。人生で初の一束越えもココでしたし、29.5㎝の自己記録もココなので、西部に遠征するときは必ず訪れる場所です。
P1000196_convert_20130704204850.jpg3年前に「黒松海岸」、「福光海岸」に行ったときに全く釣れなくて、なんとなく『空から見た山陰の海釣り』をみて、良さそうだったので行ってみたのが最初でした。たまたまかもしれませんが、その時に良く釣れたのがキッカケで通うようになりました。また、外れ無く釣れるのもありますが、水深もあり、小ぢんまりとした砂浜でポイントが限定されて、釣人もあまりいないので私好みの場所です。

2013-05-24 | カテゴリ:釣り場紹介
ブログを始めて、本日で6日連続の記事更新です。
「えっ!昨日は?」とツッコミが聞こえてきそうですが、昨日、サイクリングから帰ると「明日までお願いします。」とのメール・・・。で結局、何だかんだで日付が変わり、投稿時間は深夜の2時半でした。
自分的には、毎日投稿している感覚なので許して下さい。
また、話がそれて申し訳ありませんが、本日も釣場の紹介をしたいと思います。
場所は『古浦海岸』です。
昨年は41回の釣行の内、27回行っており、実質にホームグランドです。昨年の記録を確認すると5月は、20日、26日、27日の3日釣行して、52、93、52匹でしたので、今年は水温が低くサーフは遅れているとはいえ、6月頭には釣れ出すと思います。
2013-05-24 | カテゴリ:釣り場紹介
タイトルと関係ない話をしますが、暫くお付き合い下さい。
今日は予定が早く終わり、夕方からフリーとなりました。こんな時は、“生粋の釣りキチ”なら、夕まずめ狙いで“キス釣り”に出撃するところですが、午前中からフリーにならない限りしません。理由は疲れるからです。帰ってから道具を洗って、釣った魚を捌いてなんて考えたら・・・ダメですね。基本、釣りは土日祭日の休日のみで、平日の空いた時間は体力作りを兼ね、サイクリングに出かけています。
そこで、本日はサイクリングの途中、恵曇港に寄ってポイント毎に写真を撮ってきましたので紹介します。
なお、随時、こんな感じで釣場の紹介をするつもりですが、有名な場所や私自身で見つけたポイントのみで、人から教えて頂いた場所は、その人から了解を貰えないかぎり紹介しないつもりですので、ご了解ください。