2018-07-16 | カテゴリ:キス釣行記

猛暑なのと、サイズの期待出来ない時期なので、出撃する気は無かったものの

キスの南蛮漬けが食べたい…との要望があり、出撃。

で、南蛮けサイズ…と、その前にサイズ狙いで「なべや別館下」に、6:50到着。



既に気温は27℃で、水温も24.6℃と今年最高。

当日は中潮で、丁度、緩い東流(下げ)の時間帯で、マズマズの潮回りでしたが

1投目からアタリはあるものの、期待したサイズには程遠く、天ぷらサイズ止まり。



たまに良いアタリがあるも、キュウセンばかりで

途中、掛かったピンギスにヒラメか喰らい付き、そこそこやり取りが楽しめたものの、30cmチョットのおチビちゃんなので

リリース。



その後

ワンド内から本流サイドへ移動しつつ投げ歩いてみると、徐々にサイズアップするものの19cm止まり…なので、1時間ほどで撤退。

ココでは「12-19cm」7匹全てキープ。



次は

「玉井斎場前」へと移動しますが、連続でピンギスが釣れたので、「ダイヤモンドプリンセス」の入港と入れ替わりで、10分で撤退です。

ココでは「12-14cm」2匹全てキープ。



最後は

本命の?南蛮漬けサイズを求め「日向浦」へ移動。

で、狙い通り?南蛮漬けサイズが入れ食いです。遠くに投げてもあまりサイズが変わらなので、タックルをディースマーツへチェンジすると



このサイズでも、そこそこアタリが楽しめます。

気温は35℃でしたが、余り暑さは感じず、餌が無くなるまで粘るつもりでしたが、指先が攣ったので納竿。

ココでは「12-19cm」38匹全てキープ。



当日の釣果です。

本命「12ー19cm」47匹全てキープ。20cmオーバーは0匹でした。

他魚はアジ2匹キープ、ヒラメ1匹、キュウセン4匹、メゴチ5匹、イソベラ1匹、フグ1匹リリース。


当日の釣果   47匹(内47匹キープ、20㎝以上0匹)、11.75匹/h
        今年累計775匹(20㎝以上206匹)
当日のタックル ロッド:CASTI'ZM 23-365・W → Dsmarts 903M    
        リール:TOURNAMENT SURF 35 + PE1.0 → Dsmarts 2506PE
        仕掛け:フロートシンカー15号 → 10号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
スポンサーサイト
2018-07-10 | カテゴリ:釣行後記
『釣りごろつられごろ』は「テレビ新広島(TSS)」制作の釣り番組…
次週は、船からのキス釣りで、舞台は「広島県江田島市能美島周辺」となります。


テレビ新広島では、6/30に放送済みでロケは6/11。

山陰地方では「山陰中央テレビ(TSK)」にて、約2週間遅れの放送なので、放送日時は、7/15(日)の6:15~6:30となります。



「待望のシーズンイン!女性釣り師が狙うキス」と題し、釣人に4人の女性が参加、キスの強烈なアタリを楽しみながら、次々とキスを釣り上げるとのこと。

山陰地方以外の地域での放送は、以下のとおりです。



ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2018-07-09 | カテゴリ:キス釣行記
記録的な豪雨にて、不幸にも被災された方々にお見舞いを申し上げます。


さて、島根半島は幸いにも前線の北側となり、災害等は無かったものの、大雨が降り続き河川や海は真っ茶色

と、悪条件だったのですが、ピンギスが数釣れるよりはマシとの思いで「境水道」へキス釣りに出掛けました。




本流よりワンドの方が濁りが少ないと読み、7:00「なべや別館下」に到着。

1投目でピンギスが掛り(リリース)、次もピンなら移動するつもりでしたが

サイズアップしたので、小雨の中、続行することに。



で、根掛り覚悟で手前の藻際を攻めると、竿をひったくるアタリがあり

最初は、良型のキュウセンかと思ったのですが、引き具合からキスと確信。藻に捕まらぬように慎重に引き上げると、20cmと26cmのダブルでした。



その後も、アタリは少ないものの良型混じりでポツポツと釣れていましたが

雨雲レーダーを確認すると本降りになりそうだったので、その前に9:30に撤収。

ココでは「12-26cm」17匹の内、14匹キープ。



で、そのまま納竿するつもりでしたが、帰途に雨が上がったので、餌の放流がてら日本海側の「恵曇港」へ

思ったほど濁りは無かったのですが、珍しく湾内に数隻の釣舟がおり、投げるポイントがありません。




地元ケーブルテレビの釣り番組の影響のようですが、ロケ日と状況が違うのに…と思いつつ、空いたポイントに投げてみるもチャリコを釣っては野良猫への繰り返しで、餌が無くなり11:30に納竿。

ココで「14-16cm」3匹を追加でした。



当日の釣果です。

本命「12ー26cm」20匹の内、針掛りの良いピン3匹をリリース。20cmオーバーは5匹(20、21、22、23、26cm)でした。

他魚はチャリコ7匹を猫へ、キュウセン1匹リリース。


当日の釣果   20匹(内17匹キープ、20㎝以上5匹)、5.17匹/h
        今年累計728匹(20㎝以上206匹)
当日のタックル ロッド:CASTI'ZM 23-365・W   
        リール:TOURNAMENT SURF 35 + PE1.0
        仕掛け:フロートシンカー15号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2018-06-29 | カテゴリ:キス釣考察

例年、GW明け頃より

主戦場を「境水道」から「日本海」へと、徐々にシフトしていくのですが

25cmオーバーのような大物が釣れる可能性を考えると、自然と「境水道」へ足が向いてしまいます…で、



そんな「境水道」で釣れた、お腹パンパンの大ギスを捌いて見てみると

大きな卵は勿論なのですが、未消化の小さなカニ(画像では判り難いですが…)が何匹も出て来るのです。

また、針を外す時に



小生のシャツに嘔吐し
吐瀉物(エビ)で汚されることもありました。


、以前にも書いた事ですが、堆積物中に棲息する内生動物(ゴカイ類)に比べ、表生動物(エビ等の甲殻類)の方が捕食されやすい生息域に居ることからすると



当たり前の光景なのかもしれません。そこで…

食べ慣れている?オキアミを試してみたところ、チョイ投げなので投的時に針から外れる事は無いものの、サビき中に外れる事が多く、藻などの障害物の多いポイントでは不向きのようです。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2018-06-25 | カテゴリ:キス釣行記

夏らしく?ピンギス主体の釣りになりましたが、リリースサイズの数釣りをしても面倒臭いだけなので、サイズを求め「境水道」へ向かい

6:30「男鹿」に到着。

で、ゴロタ場のデンジャラスポイントを攻めると



狙い通り?激震がアリ、良型キスが掛かります…が、

浅瀬に群生している藻に捕まり、抜くことが出来ません。
で、1本針にし、またフロートシンカーの力も借りて


何とか20cmクラスまでならキープ出来るものの



それ以上は藻屑?となるので、仕方なく撤退。

その後、「森山」、そして日本海側の「大芦海岸」、「恵曇港」とランガン

各々30分ほど投げてみたものの、ピンしか掛からないので、11:00納竿。



当日の釣果です。

本命「11ー21cm」32匹の内、針掛りの良いピン6匹をリリース。20cmオーバーは3匹(20、21×2)。

他魚はメゴチ2匹、キュウセン5匹、フグ4匹をリリースでした。


当日の釣果   32匹(内26匹キープ、20㎝以上3匹)、11.29匹/h
        今年累計708匹(20㎝以上201匹)
当日のタックル ロッド:Dsmarts 903M or SURF LANDER 305FX   
        リール:Dsmarts 2506PE or SURF LANDER CI4+17
        仕掛け:フロートシンカー10号 or 20号 or 23号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着1本 or 2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ