2018-07-03 | カテゴリ:自転車
現在、開催中の「2018 FIFAワールドカップ ロシア」
残念ながら、日本代表は決勝トーナメント1回戦のベルギー戦で痛恨の逆転負けを喫し、ベスト16で敗退。これで、スポーツのビックイベントもひと段落…
と、思われている人も多いハズですが、その「FIFAワールドカップ」や「夏季オリンピック」と並び、世界3大スポーツの一つに称される「ツール・ド・フランス」(以下、ツール)が、今週末の7/7(土)から開幕する。

ツールは、主にフランスを舞台に行われる世界最高峰の自転車レース。
第105回大会となる今年は、サッカーW杯との兼ね合いで例年より開幕が1週間遅く、大西洋に浮かぶノワールムティエ・アン・リル島からスタートを切る。
7/7~29までの23日間、全21ステージ、全行程約3,329m、夏のフランスを舞台に最後はお馴染みの「パリ・シャンゼリゼ通り」を目指す。見どころは、チーム力が問われる「チームトライアル(第3ステージ)」と、パンクや落車のリスクの大きい「石畳セクション(第9ステージ)」が3年振りに復活。



注目選手は、ツール4連覇のかかるクリストファー・フルーム(英/チームスカイ)
フルームは、昨年のツール制覇後の「ブエルタ・ア・エスパーニャ」、そして今年5月の「ジロ・デ・イタリア」でも総合優勝しており、史上最多タイの4連続グランツール制覇という大記録もかかる。

しかしながら、昨年のブエルタでのレース中のドーピング検査にて、基準値の2倍ものサルブタモール(気管支拡張剤)が検出されたことにより、ツールを主催するASO(アモリ・スポル・オルガニザシオン)は、フルームの出場を認めない判断をチームスカイに通知している。フルームは、小児期から喘息の治療のためにサルブタモールを使用しており、サルブタモールもWADA(世界アンチドーピング機構)の禁止薬物には指定されていないため、ドーピング違反とは認められず出場停止処分も受けておらず、その後のジロ・デ・イタリアに出場し優勝もしている。
ことから、チームスカイ側はCNOSF(フランス国立オリンピックスポーツ委員会の仲裁委員会)に提訴していたが、昨夜、UCI(国際自転車競技連合)とWADAは、専門家を交えて協議した結果、違反が疑われる尿サンプルは基準に抵触しないと判断し、フルームに対するドーピング問題に関する手続きが終結したと公式サイトにて発表。
これにより、フルームが史上最多タイに並ぶ5度目のツール制覇と4回連続グランツール優勝に挑むスタートラインに並ぶ可能性が出てきた。



放送は、今年も「J SPORTS」で全21ステージ生中継。
また、NHK-BS1では「Daily ツール・ド・フランス 2018」にて、全ステージの激闘を25分間に「ぎゅっ」とまとめて、連日放送(録画)するとのこと。

ツール2017

「Daily ツール・ド・フランス 2018」は…
7/9(月) 0:50-1:15より放送スタート。その後は、毎日深夜に放送されますが、時間は区々のようですので、その都度確認のこと。


残念ながら、今年は日本人の出場はありませんが、自転車に乗らない方でもソコソコ楽しめるハズなので、騙されたと思って観て下さい。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
スポンサーサイト
2017-06-30 | カテゴリ:自転車
明日から「’17 ツール・ド・フランス」(以下、ツール)が開幕。
ツールは世界最高峰の自転車レースで、サッカーW杯と夏季オリンピックと並び、世界3大スポーツのひとつに称される。

第104回大会となる今年は、30年ぶりにドイツのデュッセルドルフで開幕。
7/1~23までの23日間、全21ステージ、全行程約3,516km、夏のフランスを舞台に、最後はおなじみの「パリ・シャンゼリゼ通り」を目指す。







今年も「J SPORTS」で全ステージ生中継しますが、開局20周年スペシャルと言うことで、第1ステージ(7/1)、第2ステージ(7/2)を無料放送。

前回は、NHK-BS1で「ウィークリーハイライト」を放送していましたが…
今年は「Daily ツール・ド・フランス」にて、全ステージの激闘を25分間に「ぎゅっ」とまとめて、連日放送するとのこと。

ツール2017

放送日時は以下のとおり
 「Daily ツール・ド・フランス」 7/3(月) 0:50(日曜深夜)放送スタート
  その後は毎日深夜に放送されますが、時間は区々ですのでその都度確認のこと。
 「ツール・ド・フランス2017 総集編」 7/30(日)13:00~


自転車に乗らない方でもソコソコ楽しめるハズなので…
騙されたと思って観て下さい。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2016-07-09 | カテゴリ:自転車

1週間前の7/2(土)

サイクルロードレースの最高峰ツール・ド・フランス(以下、ツール)が開幕したその日、アームストロングの栄光と転落の軌跡を映画化した『疑惑のチャンピオン』が日本公開となった。

アームストロング

といっても、ジャズのサッチモでも、月面に足跡を残したニール船長でもなく…

史上最強のサイクリストと言われた「ランス・アームストロング」のこと。で、その内容はというと…

と、その前に…


ランス・アームストロングとは…?

1992年にプロに転向。翌年、全米チャンピオンとなりツール初出場するも、途中リタイア…。挫折を味わうも、同年の世界選手権のロードレースで優勝。21歳の若さで「マイヨ・アルカンシエル」のジャージを手にし、一躍世間から注目を浴びる。
しかしながら、1996年、25歳の時に精巣ガンに冒され、既に肺と脳にも転移しており、生存確率は50%との告知を受ける。過酷な化学療法と、脳の一部を切除する大手術によりガンを克服、その後のリハビリとトレーニングを耐え抜き、その僅か3年後、1999年のツールで奇跡の初優勝を果たす


その後、2005年まで前人未踏の7連覇を達成。これを花道にいったん現役を引退したが、4年間のブランクを経て2009年に現役復帰

その年のツールは総合3位と健闘するも、翌年の2010年は、優勝したコンタドールから39分20秒遅れの23位と惨敗。2011年1月のレースを最後に再び引退した

競技場の外ではガン患者を支援する慈善活動に取り組み、また重度のガンを克服してのセンセーショナルな復活劇も相俟って、スポーツ界を代表するスーパースターとなる。

しかし…

2012年、活躍の舞台をロードレースからトライアスロンへ移し、圧倒的なバイク能力で優勝を重ねていたランスだが、同年8月に全米アンチドーピング機関(USADA)から「永久追放」宣告を受け、1998年8月1日以降の記録を全て抹消される

復活劇の舞台から奈落へ…

闘病後、あまりにも飛躍的に強くなったため、アームストロングには常に"ドーピング疑惑"がつきまとっていた。2001年には、グレッグ・レモンがランスのツール3連覇をドーピングによるものと批判し、論争となる。グレッグ・レモンといえば…


1983年にアメリカ人初の世界選手権優勝、1986年ツールでは、ヨーロッパ以外の出身として初の総合優勝

その翌年には、狩猟中に散弾銃の弾を受け生死の淵をさまようも、2年後にレース復帰。37個の散弾片を体に残したまま、1989年の世界選手権とツールを制覇

翌年のツールも制し、連覇を達成。その後、体内に残された散弾の鉛が原因と考えられるミトコンドリア性筋肉疾患により引退するが、この事故が無ければ、ドーピングなしで7連覇も成し得た(小生の個人的意見だが…)サイクリスト界のレジェンド。

奇しくも、アメリカ人で世界選手権ロードとツールの覇者、そして生命の危機からの奇跡の復帰といった、同じバックグラウンドを有する英雄が、ツールで活躍を続ける現役最強王者を批判したことは、全世界に衝撃を与えた。その後も、レモンはアームストロングやドーピングへの批判を続けた為、様々な報復や困難に遭うことになる。

2010年、アームストロングは、元チームメイトだったフロイド・ランディス(2006年ツール覇者、のちにドーピング違反によりタイトル剥奪)らの告発により窮地に陥るも、それらの証言が司法取引による減刑狙いの可能性があると反論。また、アームストロングは、競技期間中に500回以上もドーピング検査を受けたが、一度も陽性反応が出ていないという事実を盾に、無実を主張するのだが…



本作は、その驚くべき執念で疑惑を追及した英国のサンデー・タイムズ紙記者、デイヴィッド・ウォルシュのノンフィクションを映画化。果たして、アームストロングが手にした7枚の黄色いジャージ、マイヨ・ジョーヌ…本当は何色だったのか?

残念ながら…
山陰地方では未公開なので、小生は観ることは出来ない。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2016-07-01 | カテゴリ:自転車
明日から「’16 ツール・ド・フランス」(以下、ツール)が開幕…。

ツールは世界最高峰の自転車レースで、サッカーW杯と夏季オリンピックと並び、世界3大スポーツのひとつに称される。
第103回大会となる今年のツールは、世界遺産の「モン・サン・ミシェル」からスタート。7/2~24までの23日間、全21ステージ、全行程3,535km、夏のフランスを舞台に、最後はおなじみの「パリ・シャンゼリゼ通り」を目指す。






今年も「J SPORTS」で全ステージ生中継

前回まで、NHK-BS1の「まいにちツール・ド・フランス」という番組にて、全ステージダイジェスト放送していましたが、今年の予定はないようです。ただ、その代わりに「ウィークリーツール(仮題)」にて、ウィークリーハイライトを放送。

ツール2016

放送日時は以下のとおり
 ’15 ツール・ド・フランス:7/2(土) 1:00~2:49 NHK-BS1(再放送)
 ウィークリーツール #1:7/9(土) 15:00~15:50 NHK-BS1
 ウィークリーツール #2:7/16(土) 15:00~15:50 NHK-BS1
 ウィークリーツール #3:7/23(土) 15:00~15:50 NHK-BS1
 ウィークリーツール #4:7/27(水) 21:00~21:50 NHK-BS1


自転車に乗らない方でもソコソコ楽しめるハズなので…
騙されたと思って観て下さい。


ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ

2015-07-03 | カテゴリ:自転車
ツール・ド・フランス(以下、ツール)は世界最高峰の自転車レース。
サッカーW杯と夏季オリンピックと並び、世界3大スポーツのひとつに称される。
第102回大会となる今年のツールは、オランダのユトレヒトからスタート。7/4~26までの23日間、全21ステージ、全行程約3,360km、夏のフランスを舞台に最後はパリ・シャンゼリゼ通りを目指す。





2015年ツールの総合優勝候補は3人…。

その筆頭は、2007年、2009年、2010年(剥奪)と3度総合優勝の「アルベルト・コンタドール(スペイン/サクソ」。5月のジロ・デ・イタリア(以下、ジロ)を制し、17年ぶりのツールとの連続制覇「ダブルツール」の快挙を目指す。ジロでは1週目に落車し、左肩を脱臼したにもかかわらず、ジロ2度目の総合優勝を達成。逆境を乗り越え、まさに不死鳥ぶりを見せつけた。
対抗は、2年ぶりツール制覇を狙う「クリス・フルーム(イギリス/スカイ)」。昨年のツールは負傷リタイアで連覇を逃したが、山岳もタイムトライアルも強いオールランダー。アシスト陣も充実しており、アクシデントさえなければ独走もあり得る。
最後は、昨年の総合優勝の「ヴィンチェンツォ・ニーバリ(イタリア/アスタナ)」。連覇に挑むニーバリだが、昨年は途中でフルームとコンタドールの2人が負傷リタイアしたために直接対決は見られなかったが、今年はそのライバル達と真っ向勝負し、昨年の優勝がフロックでなかったことを証明したい。

TOUR 2015

今年も「J SPORTS」で全ステージ生中継。また、「NHKBS1」でも全ステージダイジェスト放送(まいにちツール・ド・フランス)するので、有料放送に加入してなくても視聴可能。放送日時は、7/5(日)~27(月)/17:00~17:25で、自転車に乗らない方でもソコソコ楽しめるハズなので、騙されたと思って観て下さい。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ