FC2ブログ
2019-08-10 | カテゴリ:キス釣行記

お盆連休中は忙しいのと、釣場も混雑しそうなので、その前に…と、チョットだけキス釣りに出掛けました。

前回に引き続き、遠投しなくても良い?水深のある大きな港へと向かい

7:00「恵曇港」到着。



で、釣り人は居ないものの、狙いのポイントは漁師さん達が作業されているので

仕方なく、B級ポイントを攻めると、投げる度にアタリがありますが小さいですね。

サーフのようなマイクロピンは掛からないものの



20cmオーバーも掛かりません。ただ、このサイズが丁度良かったのか?追い食いを待っていると、マゴチが連続で喰い付いてきます。

苦労して、何とか水面まで浮かせるも、1.25号のハリスをハリス止めに引っ掛けただけの仕掛け…なので、



50cm級の2匹は、さすがに抜き上げ途中でプッツンしたものの、40cm級の2匹を奇跡的に?キープ。

玉網があれば…と、思ったものの、持参している時には掛からないんですよね…で、マゴチがクーラーに入らないので、痛む前に9:00納竿。



当日の釣果です。

22匹の内「14-18cm」22匹全てキープ。20cmオーバーは0匹でした。

他魚はマゴチ2匹(40cm、42cm)キープ。あと、メゴチ1匹と豆チャリ1匹をリリース。


当日の釣果   22匹(内22匹キープ、20㎝以上0匹)、11.00匹/h
        今年累計786匹(20㎝以上197匹)
当日のタックル ロッド:CASTI'ZM 23-365・W   
        リール:TOURNAMENT SURF 35
        仕掛け:フロートシンカー20号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
スポンサーサイト
2019-08-05 | カテゴリ:キス釣行記
連日の猛暑で、サーフの浅場は30℃前後まで上昇。
波打ち際は、産卵をしない1年生(ピンギス)の海水浴場と化すので
高温を嫌う産卵期のヒネギスの避暑地?を求め、猛暑のなか出撃しました。


で、幸いにも?まだ水深5M以下であれば、産卵期のキスが好む25℃前後で安定しているようなので

遠投しなくても良い?水深と日陰のある、大きな港へと向かいました。

6:30「恵曇港」到着。



一応?ホームグラウンドなのですが、4/7以来の4ヶ月振りの釣行で、最近の情報は全く無かったものの

丁度、下潮の時間帯だったので、佐陀川から冷水が流れ込んでいると読み、河口付近の澪筋沿いをフロートシンカーにて流していると



直ぐに激震があり、25cmとこの時期としてはマズマズのサイズを撃沈。

その後も、天ぷらサイズ主体ながら20cmオーバーも混じり、良い感じでしたが

潮が止まると、外道が掛かるようになったのと、



日差しも強くなり、耐え切れなくなったので、ジェットスキー軍団が出撃してきたタイミングで日陰へ避難。

すると、サイズダウンするもポツポツとキスが釣れましたが、11:30、エサと日陰も無くなり納竿。




当日の釣果です。

30匹の内「15-25cm」27匹キープ。20cmオーバーは5匹(20、21×3、25cm)。

他魚は、チャリコ7匹の内、1匹キープ。アオハタ2匹、ヒラメの赤ちゃん2匹とメゴチ6匹をリリース。


当日の釣果   30匹(内27匹キープ、20㎝以上5匹)、6.00匹/h
        今年累計764匹(20㎝以上197匹)
当日のタックル ロッド:CASTI'ZM 23-365・W   
        リール:TOURNAMENT SURF 35
        仕掛け:フロートシンカー20号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2019-08-03 | カテゴリ:釣行後記
今年の山陰地方の初夏は、梅雨寒が続いていましたが
7/25の梅雨明けと同時に真夏日となり、ようやく?夏らしい暑さとなりました。
しかしながら、暖まり難い海水は急激に上昇することは無いので、
今年の美保湾沖の海水温は26℃と、昨年より4℃以上も低いのです。




また、隠岐西方・福井県沖(水深8M)、湯梨浜・宮津(水深12M)の海水温も
25℃前後と、まだ7月上旬並みなのです。これに対し

真鶴・三方(表層)、浜田(水深2M)の3地点は、気温の上昇に影響を受けて
海水温も急上昇していることが解ります。




と言うことで、水温の高くなる浅場については、
例年通り?夏のピンギス祭り…となるワケですが、水温の低い今年は

少し遠投すれば、まだ良型が混じる可能性が大きい感じがします。

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2019-07-29 | カテゴリ:キス釣行記

食べない魚は釣らない…と言うことで、前回の釣果が無くなるまで釣行しないのが、小生のキス釣りのルール。

で、ようやく消費したので、2週間振りにキス釣りに出掛けました。

7:00「森山」到着。



例年、この時期の海水温は30℃前後まで上昇し、ピンギス主体の釣りにシフトするハズなのですが

今年は水温の上昇が鈍く低いので、まだ近場でもサイズが狙えると読み、ディースマーツにて3色以内を攻めてみることにしました。



すると、読み通り?2色付近で良いアタリが連発。

で、ビックリするようなサイズは掛からないものの、ピンギスも14cmの1匹(リリース)のみで

18cm前後のヒネギスが、入食い状態でした。



と言うことで?アッという間にキープが「30」を超えてしまったので、9:00過ぎに気温が「30」を超えてしまう前に?納竿デス。

例年、ピンギスを釣りたくないので、8月はシーズンオフなのですが、この感じなら暫くサイズが狙えそうです。



当日の釣果です。

34匹の内「16-20cm」33匹をキープ。20cmオーバーは20cmの1匹だけで、総重量は1,430gでした。

他魚は、アジ1匹をキープ。マゴチ1匹、ヒイラギ1匹、フグ1匹をリリース。


当日の釣果   34匹(内33匹キープ、20㎝以上1匹)、16.50匹/h
        今年累計734匹(20㎝以上192匹)
当日のタックル ロッド:Dsmarts 903M   
        リール:Dsmarts 2506PE
        仕掛け:アームシンカー10号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2019-07-16 | カテゴリ:キス釣行記

海の日、何とか午前中だけ時間が空いたので、境水道までキス釣りに出掛けました。

6:30「森山」到着。

雨によるニゴリを考慮し、前回までの中海サイドの本流を避け、水道内のワンドを攻めるも、これが失敗。



ニゴリは無いものの、流れが弱いせいなのか、アタリは散発敵で、サイズも16cm前後しか掛かりません。

少し移動すると、入れ食いのポイントを見つけますが、サイズアップしないので

1時間半で撤退。



結局、いつもの?中海サイドの本流まで移動。

当日は中潮でしたが、緩い東流(下潮)で、思ったほどニゴリはありません。

で、相変わらず魚影は濃く、18cm前後のキスが素針なく釣れ続け



20cmオーバーも、ポツポツと掛かるものの、25cmを超えるような大きなキスは釣れません。

ほば入れ食い状態でしたが、キープが30匹(帰って数えたら、42匹でしたが…)を超えたところで、10:50に納竿です。



当日の釣果です。

「13-23cm」46匹のうち、15cm以上の42匹キープ。20cmオーバーは4匹(21、22、23、24cm)で、総重量は1,274g。

他魚はヒイラギ5匹をリリースでした。


当日の釣果   46匹(内42匹キープ、20㎝以上4匹)、12.00匹/h
        今年累計700匹(20㎝以上191匹)
当日のタックル ロッド:CASTI'ZM 23-365・W   
        リール:TOURNAMENT SURF 35
        仕掛け:フロートシンカー15号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ