FC2ブログ
2019-02-15 | カテゴリ:キス釣行記
バレンタインデーと言えば「バレンタイン・キッス」…?
と、言うことではありませんが、たまたま時間が空いたのでキス釣りに出撃です。
当日は、小潮が3日続いた後の「長潮」で、シーズン中の水道内なら、潮の動きが無く
また濁りも入り易いので、あまり良い潮回りではないのですが

この時期なら、この潮回りがベストだと小生は思っています。


日中は、ダラダラと緩い流れで水温も安定し、しかも西流(上潮)なので水温も高く、その流れに乗って、キスが水道内に入り込む…と読み、

爆釣を予測したものの、皮算用に終わりました。



11:50「境水道」到着。

狙いのポイントには、素潜りでナマコ漁をしているので、第2ポイントへ入ります。

投げてみると…丁度、上げ止まりで、1時間ほど沈黙が続いた後、漸く潮が東(下潮)に動き出します。



で、そのタイミングで、ナマコ漁の船が移動したので、ポイントも移動。

すると、1投目からアタリがあり、その後も投げる度にキスが掛かり、20cmオーバーも混じります。

予測通り、爆釣…?



と思いきや、直ぐ下げ止まりとなり、アタリも遠退きサイズも小さくなったところで、タイムアップ

15:00、納竿デス。

、潮が動いていれば確実に釣れたので、殆ど動きの無かった午後よりかは



緩い上潮で安定していた、午前中が時合でしたネ。

当日の釣果です。

本命「12ー24cm」13匹をキープ。20cmオーバーは20、21.、24cmの3匹で、
他魚はナマコ1匹キープとイイダコ1匹をリリース。


当日の釣果   13匹(内13匹キープ、20㎝以上3匹)、4.11匹/h
        今年累計106匹(20㎝以上34匹)
当日のタックル ロッド:CASTI'ZM 23-365・W   
        リール:TOURNAMENT SURF 35
        仕掛け:フロートシンカー15 → 20号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
スポンサーサイト
2019-02-12 | カテゴリ:キス釣行記

連休は忙しく、出撃が出来なかったので、少しだけキス釣りに出掛けました。

7:40「境水道」到着。

当日は小潮で、満潮6:58…なので、丁度、上げ止まりの時間帯で、フロートシンカーが全く動きません。



で、30分ほど我慢の時間が続いたものの、潮が東へ下げ始めた途端、ポツポツとアタリも出始め

ビックリするようなサイズはありませんが、天ぷらサイズが連続で掛かります。

そこへ



「つれたか」さんが来られ、しばし釣り談義。で、

その後の予測では、午前中はこのまま緩い東流が続き、時合も続くハズでしたが

10時前になると、予測以上に流速が速くなり、アタリも遠退きます。



しばらく我慢して投げ続けてみたものの、状況が変わりそうも無いのと

そこそこ釣れ楽しめたので、10:30に納竿。

相変わらず時合は短く、潮流の上げ下げと共に移動する?キスたちが



目の前を通過する時だけ、釣れる感じがします。

当日の釣果です。

本命「16ー22cm」15匹をキープ。20cmオーバーは20、21.、22cmの3匹で、
他魚はフグ1匹でした。



当日の釣果   15匹(内15匹キープ、20㎝以上3匹)、5.29匹/h
        今年累計93匹(20㎝以上31匹)
当日のタックル ロッド:CASTI'ZM 23-365・W   
        リール:TOURNAMENT SURF 35
        仕掛け:フロートシンカー15 → 20 → 23号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2019-02-10 | カテゴリ:キス釣考察
今年は、山陰の冬らしさが全く感じられない。
例年なら、月に2、3回程度の積雪があるものの、今年は1cmの積雪を記録した1日(1/26)のみ。昨年の2/8時点では、松江市内でも49cmの積雪があったのだが、今年は積雪どころかポカポカ陽気が続いている。しかも、この時期は台風並みの北西の風が吹くのだが、大荒れの日本海の姿を見ることも少ない。



なので、例年のように海水が掻き回されることも無く、また雪解け毎に水温が低下することも無いので、山陰地方の日本海は高い水温をキープし続けている。
現在、美保湾沖は14℃と例年の4月下旬並みの高水温で推移。
だからと言って、4月下旬並みにキスが釣れているかというと、そうでもない。
むしろ、例年の1、2月より数・サイズとも劣っている感じ
…なのである。



これは、あくまでも私的な見解ではあるが
冬期のキスは、高水温よりも安定した水温域を好むと小生は思う。
例えば、例年並みの12℃程度であっても、その水温で安定していればキスもその場に居続けるし口も使うのである。ただ、今年のように外洋が高水温の場合、逆に宍道湖との水温差が大きくなり、潮の動きと共に水道内の水温も大きく変化することになるので、水温が高い割にはキスは釣れ続けない…のである。


ならば、高水温で安定している外洋なら釣れるのかというと、また、そうでも無い。

高水温といっても14℃…
この時期にしては高いだけであって、どこから投げてもキスが釣れるほどの活性は無く、また、水温が高いと餌の豊富な水道内へ入るので、




ポイントも絞り難い。

むしろ、低水温のほうが深場に落ちて、あまり移動もしないのでポイントも絞り易く、外道も口を使わなくなるので釣り易いのである。

、冬のキスを狙うなら、
冬らしく?風が吹き雪も降った方が良いのだが

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2019-02-07 | カテゴリ:キス釣行記

週末は忙しく、出撃出来ない可能性が大なので、空き時間に強行出撃しました。

12:10「境水道」到着。

当日は大潮でしたが、干潮が9:28なので、緩い西流(上潮)でフロートシンカーが良い感じで流されます。



で、1投目からアタリがあり、19cmとマズマズのサイズをキープ。

次投は、ピンと17cmのダブル、3投目も22cmで3投で4匹と絶好のスタート

でしたが、急激に流れが速くなり、30分で撤退。



予測では、もう1時間ぐらいは緩いハズだったのですが、読めないですね。

仕方なく、外洋の「杢井」で投げてみますが、1投目でピンギス(リリース)が釣れたものの、その後、メゴチとフグが釣れたので、納竿。




当日の釣果です。

5匹の内「13ー22cm」4匹をキープ。20cmオーバーは22cmの1匹でした。

他魚はフグ1匹とメゴチ1匹で、外洋は水温が高いせいなのか、2月にメゴチが釣れたのは初めてでした。


当日の釣果   5匹(内4匹キープ、20㎝以上1匹)、2.50匹/h
        今年累計78匹(20㎝以上28匹)
当日のタックル ロッド:CASTI'ZM 23-365・W   
        リール:TOURNAMENT SURF 35
        仕掛け:フロートシンカー15 or 20 or 23号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
2019-02-04 | カテゴリ:キス釣行記
午後から雨の予報でしたが、キス釣りに出掛けました。
ただ、出撃前に雨雲レーダを確認すると
午前中からパラパラときそうだったので、レインウエアを積んで出撃です。
で、当日は大潮だったので、釣り易さと数を求めるなら外洋へ向かうべきでしたが
敢えて数よりサイズを求め、短い地合いを狙い「水道内」へ向かいました。



8:10「境水道」到着。

干潮(7:46)を過ぎていましたが、まだ東流(下潮)が速く、フロートシンカーがあっという間流されます。

全く釣れる感じではありませんでしたが、意外にも良いアタリがあります



が、仕掛が舞っているのか?フッキングしません。

で、二流ししたところで、ピタッと流れが止まり、その後なかなか潮が西流(上潮)に変わらず、我慢の時間が続きましたが、潮が動き出した途端、ポツポツとアタリが出始めます。



と、同時に

ポツポツと雨粒も落ち始め、暫くは我慢して釣り続けたものの、次第に

雨、風とも強くなり、我慢出来なくなったので、エサを放流し、納竿。




当日の釣果です。

本命「17ー21cm」6匹を全てキープ。20cmオーバーは20cm×2、21cmの3匹、他魚は0匹でした。

時間があればツ抜けは出来ましたが、サイズは期待した程ではありませんでした。


当日の釣果   6匹(内6匹キープ、20㎝以上3匹)、1.57匹/h
        今年累計73匹(20㎝以上27匹)
当日のタックル ロッド:CASTI'ZM 23-365・W   
        リール:TOURNAMENT SURF 35
        仕掛け:フロートシンカー15 or 20 or 23号
        手製仕掛けに必殺篭定スペシャル8号装着2本針

ブログランキングに参加しています。
ポチット…よろしく。
にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ